■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

【悪質】NHK「河瀬直美が見つめた東京五輪」がフェイクを放送!「お金をもらって反対デモに参加した男性」が登場も、実際には参加しておらず!NHK「捏造の意図はなかった」「関係者、視聴者の皆さまにおわび」

【悪質】NHK「河瀬直美が見つめた東京五輪」がフェイクを放送!「お金をもらって反対デモに参加した男性」が登場も、実際には参加しておらず!NHK「捏造の意図はなかった」「関係者、視聴者の皆さまにおわび」
Pocket

どんなにゅーす?

・2021年12月にNHKBS1で放送された「河瀬直美が見つめた東京五輪」において、「お金をもらって五輪反対デモに参加した男性」が登場したものの、実際にはデモに参加していなかったことが判明した。

・NHKによると、放送後に多くの視聴者から疑問の声が殺到したため、再度取材を行なったところ、男性は「過去に(五輪以外の)複数のデモに参加したことがあり、金銭を受け取ったことがある」「今後、五輪反対デモにも参加しようと考えている」などと話したという。

・この事態を受け、NHKBS1は「映画製作などの関係者のみなさま、そして視聴者のみなさまにおわびいたします」との謝罪の内容を放送。”五輪賛美”を繰り返してきた河瀬氏にも批判の声が集まっている中、「取材と制作はすべてNHKの責任で行っている」としつつ「河瀬さんらに責任はない」などと強調した。

NHK、事実確認せず不適切字幕「金もらって」「五輪反対デモ参加」

~省略~

番組は、BS1スペシャル「河瀬直美が見つめた東京五輪」。今年6月に公開予定の東京五輪の公式記録映画の制作を進める河瀬さんらに密着取材したもので、昨年12月26日に放送された。NHKは「取材と制作はすべてNHKの責任で行っている」として、「河瀬さんらに責任はない」としている。

NHKによると、不適切な字幕があったのは、河瀬さんの依頼で五輪反対を訴える市民らを取材していた別の映画監督に密着したシーン。この監督が話を聞いていた匿名の男性について、番組では「五輪反対デモに参加している」「お金をもらって動員されていると打ち明けた」とテロップで紹介した。

テロップは担当ディレクターが独自に補足取材した内容に基づいて作成したが、実際には、男性が五輪反対デモに参加した事実は確認できていなかったという。

放送後、視聴者から複数の問い合わせが寄せられたため、NHKは今年1月に再び男性に取材。その過程で、男性が撮影当時、「過去に(五輪以外の)複数のデモに参加したことがあり、金銭を受け取ったことがある」「今後、五輪反対デモにも参加しようと考えている」といった趣旨の発言をしていたことが判明。字幕の内容とは異なっていたという。

NHKは捏造(ねつぞう)の意図はなかったと説明した上で、「制作担当者の思い違いや取材不足が原因。担当者間や、取材対象者とのコミュニケーションが足りていなかった」と言及。放送前に関係者間で複数回の試写が行われたが、修正には至らなかったという。

~省略~

【朝日新聞 2022.1.9.】

NHKが「五輪反対デモに参加するのは怪しげなプロ市民」との悪質フェイクを放送!「五輪に反対するのは反日勢力」と喧伝する「真の反日勢力(グローバリスト)」の腐った実態!

出典:NHK

やっぱり、私たちが先日に紹介した、NHK特番における「お金をもらって五輪反対デモに参加した男性」というのは、完全なるフェイクだったみたいねっ!!
NHKは「捏造の意図はなかった」などと主張しているみたいだけど、根底から「五輪反対デモに参加するのはいかがわしいプロ市民」とのデタラメな印象を視聴者に刷り込む目的で番組が作られたのは、火を見るよりも明らかだわっ!

ああ。
簡単にいえば、「安倍・菅政権に反対するのは反日左翼」「五輪に反対するのは反日左翼」などといったフェイクが政府レベルで流布されているプロセスの中で発生したものであり、まさに犯罪レベルの「捏造プロパガンダ放送」という以外にないね。
(そして、この件について「フェイク」とはっきり伝えずに、「不適切な放送」などとわざとぼやっとした表現で報道しているマスコミも問題だ)

NHKは、今回の件を受けて、「今後、チェック機能の強化をはかるとともに、番組制作に携わるディレクターやプロデューサーへの研修を実施する」などとして、どうにか矮小化させて事を収めようとしているみたいだけど、はっきり言ってそんな生易しいレベルの問題ではない
現在のNHK全体の腐りきった体質に根本からメスを入れ、本格的に組織そのものを解体するか、経営陣から全て入れ替えて一から改質改善を図っていくか…といった極めて深刻な事態に置かれているのが現状だろう。

そもそもの一番の問題は、「自民党や政府の意向を忠実に汲んで(ウソを織り交ぜてでも)どうにかして五輪に反対している人たちの悪印象を刷り込もう」との目的で番組が作られていることであって、これは、いくら言い訳しようとも覆すことが出来ない事実だわ!

気になるのは、フェイクのシーンが撮影されたのが「河瀬さんの依頼で五輪反対を訴える市民らを取材していた別の映画監督に密着したシーン」ということだ。
NHK側は「河瀬氏は関係ない」と主張しているけど、河瀬氏もこれまで五輪に反対してきた人々を表立って批判してきただけでなく、番組中でも「招致したのは私たち」 「みんな喜んだはず」「だからあなたも私も問われる」などいった危険な論調を展開していたし、河瀬氏がどこまでこの番組に関与していたのかについても、この先疑問が噴出し調査を求める声があがっていってもおかしくないだろう。

とにかくも、「五輪に反対するのは反日勢力」などと喧伝したり刷り込んでいる奴らこそが「真の反日勢力」であり、国民の財産や健康を嬉々として奪い取っては、これらを電通やIOCなどのグローバル資本勢力に献上している、最悪の売国グローバリストであることは間違いないことだわ!!

そもそも、五輪そのものがグローバリズム(世界政府主義)のシンボルだし、国や民を本当に大切に思っている人であれば、これに強く反対するのはごくごく自然なことだ。
ボクたち国民は、決して安くない受信料を徴収している公共放送ですらも、いよいよ平然とウソを報じるようになってしまった事実に最上級に危機感を持たないといけないし、これまで以上に様々なウソやフェイクが蔓延しつつあるグローバリズムのさらなる深化の現状に対して、全力で怒りと抗議の声を上げていく必要がありそうだ。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

日本のにゅーすカテゴリの最新記事