■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

【どうなる?】森喜朗元総理、東京地検特特捜部から事情聴取受けるも余裕綽々!?地元の石川県議会を傍聴し子飼いの馳浩知事と会談!

【どうなる?】森喜朗元総理、東京地検特特捜部から事情聴取受けるも余裕綽々!?地元の石川県議会を傍聴し子飼いの馳浩知事と会談!
Pocket

どんなにゅーす?

・東京五輪汚職事件について、東京地検特捜部が、東京五輪組織委会長を務めた森喜朗元総理に対して、参考人として任意で事情聴取を行なっていたことが報じられた。

・森氏が逮捕されるか否かについて注目が集まる中、森氏本人は地元の石川県を訪問し、県議会を傍聴した他、”子飼い”の馳浩知事と会談。様々な声が上がっている。

森喜朗組織委元会長を参考人聴取 東京五輪・パラ贈収賄事件

~省略~

東京オリンピック・パラリンピック組織委員会元理事の高橋治之容疑者(78)は、大会スポンサーだったAOKIホールディングス前会長の青木拡憲被告(83)らから、総額5100万円の賄賂を受け取ったとして、受託収賄の疑いで東京地検特捜部に逮捕・起訴され、出版大手KADOKAWAの元専務らからも、スポンサー契約の選定をめぐって、総額7600万円の賄賂を受け取った疑いで再逮捕されました。

特捜部は事件の参考人として、元総理大臣で組織委員会の会長だった森喜朗氏から9日までに任意で事情を聴いたことが、関係者への取材でわかりました。

特捜部は元理事の容疑の立証には、組織委員会のトップだった森氏からの聴取が欠かせないと判断し、元理事にどのような権限を与えていたかや、スポンサー選定をめぐる、組織委員会の内部の意思決定のプロセスなどについて、確認したものとみられます。

森氏の弁護士はNHKの取材に対し「本件は高橋氏らが逮捕され、刑事事件になっており、捜査に支障をきたすといけないので回答は控えさせていただきます」と話しています。

~省略~

【NHK NEWS WEB 2022.9.9.】

森喜朗元首相を特捜部が電撃聴取! 立件対象はAOKIルートではない!?

~省略~

元電通で組織委元理事の高橋治之容疑者の受託収賄事件に絡んで、今月1日に産経新聞が森氏の関与を報じていた。贈賄罪で起訴されたAOKIホールディングス前会長の青木拡憲被告が森氏に見舞金として、現金200万円を手渡していたというのだ。

ところが、このAOKIルートでの森氏の立件は〝消滅〟したとみられている。

「首相経験者でもある森氏に任意とはいえ、事情聴取まで及んだのは驚きですが、AOKIルートでの立件はなくなったとみていいでしょう。というのも青木前会長らが7日に保釈された。森氏への200万円が賄賂だったとして、立件するならば、口裏合わせや証拠隠滅の疑いがあるためにこの段階での保釈は認めません」(永田町関係者)

一方、他のルートでの捜査は不透明だ。出版大手「KADOKAWA」の元専務らが6日に贈賄容疑で逮捕されているが、森氏は同社がスポンサーに選定される前に高橋容疑者と面会していたことが分かっている。また、講談社がスポンサー候補を辞退した事情に関し、週刊文春は「講談社だけは絶対、相容れない」と森氏が発言したとされる音声を公開している。

~省略~

【東スポWeb 2022.9.10.】

森喜朗元首相は「五輪汚職」から逃げ切りか…堂々地元入り、余裕の表情に“2つの可能性”

~省略~

聴取が行われたのは8月中旬から9月初旬。都内のホテルで約3回にわたった。大会スポンサー選定をめぐって受託収賄容疑で再逮捕された組織委元理事の高橋治之容疑者と共に、贈賄側の出版大手「KADOKAWA」の会長と会食していたことも発覚。贈賄容疑で起訴された紳士服大手「AOKIホールディングス」前会長の青木拡憲被告から「見舞金」として200万円を受け取ったことも判明している。

~省略~

森元首相は9日、地元の石川県に入り、県議会9月定例会本会議を傍聴。元秘書の県議が代表質問で「(森さんは)健康に留意し、発言にもちょっとだけ気を付けて石川と日本のためご尽力ください」と発言すると、満足そうな表情を浮かべていた。終了後は子飼いの馳浩県知事と知事室で談笑。なぜ、こうも余裕なのか。元東京地検特捜部副部長の若狭勝弁護士はこう言う。

「考えられる可能性は2つあります。特捜部の調べを受ける中で、森氏自身が〈逮捕、起訴はない〉と確信し、大胆な行動に出た。あるいは疑惑を払拭するために、あえて表立って動いてみせた可能性です。報道されている限りの情報では、立件される可能性は低いでしょう。AOKI側から受領した200万円は高額とは言えず、賄賂と評価するのは難しい。特捜部からの任意聴取は高橋容疑者の刑事責任の裏付けを取るためのものだった可能性があります」

~省略~

【日刊ゲンダイ 2022.9.10.】

森喜朗氏が地元石川県を訪問し馳知事と会談する「余裕綽々パフォーマンス」!識者からは「立件するのは難しい」との声も…

森喜朗元総理が特捜から事情聴取を受けていたことが判明したものの、あたかもこれに反するかのように、森氏が「余裕綽々」ともいえるような動きを見せています。
識者からは「(AOKIから森氏に渡された)200万円の”見舞金”では立件するのは難しい」との声も出てきていますが、果たしてどうなるでしょうか。

確かにそうともいえるし、ポイントとなるのは、これよりも巨額の賄賂の証拠を特捜が掴んでいるか否か…といったところだろうと思う。
特捜が少し本気を出せば、森氏の重大な不正の証拠を入手することはそこまで難しいことではないと思うけど、やはり最も重要で根源的な問題は、「ジャパンハンドラーが一体どこまで本格的に清和会を壊滅させようとしているのか?」というところだろう。

安倍氏暗殺事件以降、統一教会追及キャンペーンを筆頭に、明らかに、安倍一派(清和会)を大々的に粛清しようとしている「非常に大きな力」が掛けられているのを感じますし、そもそも安倍氏が現在も生きていて、日本の政財界に大きな影響力を発揮し続けていれば、現在のマスコミによる「統一教会追及キャンペーン」も起こっていなかった上に、東京五輪汚職疑獄も事件化していなかったでしょう。

こうした全体の流れを見ると、森喜朗氏をはじめとして清和会の大物政治屋が次々と逮捕されるような展開になっても全くおかしくないんだけど、森氏は森氏で水面下で相当に抵抗しているだろうし、こうした”闇の権力闘争”において”どちら側”が勝利するかによっても、この先の日本の行く末が大きく変わってくるはずだ。

いまだに、安倍氏を暗殺したのが一体”どちら側”なのか(グローバリズム勢力or反グローバリズム勢力)もよく分かっていませんし、統一教会を潰そうとしているのも、(共和党批判やトランプ叩きにまい進している)米民主党のコアなグローバリズム勢力である可能性もありますからね。

この先特捜がどんな動きをみせていくのかについても様々な見立てが出てきているけど、(近年まれにみるほどに)ここまで激しく動いている中、ボク自身は、この先政界(清和会勢力)にも本格的にメスを入れていく可能性を見ているし、とにかくも、特捜がどこまで強力でインパクトが大きい不正の証拠を掴んでいるかにかかっているといえるだろう。

森氏のこの余裕綽々ともいえるような行動が何を意味しているのかは分かりませんが、引き続き予断を許さない展開が続いていきそうですし、特捜の今後の動きについて注視していこうと思います。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

日本のにゅーすカテゴリの最新記事