DV逮捕の経済評論家・三橋貴明氏が釈放!待ち構えていたマスコミ陣に対して「くそくらえ!」と中指を立てる!

Pocket

どんなにゅーす?

・2017年1月8日、妻に対する傷害容疑で逮捕された経済評論家の三橋貴明氏が釈放され、自身のブログでお詫びのコメントを掲載した。

・ブログ記事の中では、本人も暴行の事実について認め、深く反省している様子が見えるものの、この件を派手に報じるマスコミに対する怒りも見せており、詰めかけた報道陣に対して「くそくらえ!」と中指を立てて激しく威嚇したという。

妻かんだか…経済評論家・三橋貴明さん釈放

東京地検は今後も継続して三橋さんの身柄を拘束するため、裁判所に「勾留請求」を行ったが、捜査関係者によると、東京地裁は「逃亡の恐れがない」などとして請求を却下したという。

裁判所が身柄の拘束を認めなかったため、三橋さんは8日午後、釈放された。三橋さんは警視庁の調べに対し容疑を否認していたということで、今後は、在宅のまま捜査が続けられる。

【Yahoo!ニュース(日テレNEWS24) 2018.1.8.】

お詫びと腑に落ちない件について

実は、お恥ずかしい話ですが、1月5日の夜に夫婦喧嘩、しかも激しい夫婦喧嘩をしてしまいました。

最後に、妻がかなりきつい言葉をわたくしにぶつけ、一瞬、カッとなったわたくしは、妻の左ほほを平手打ちしてしまいました。

いかなる事情があろうとも、妻に対する暴力が許されるはずもなく、斬鬼の念に堪えない思いでございます。心か反省すると同時に、後悔の念でいっぱいです。

妻及びご家族、お客様、及びパートナー会社、社員の皆様に、心からお詫び申し上げます。

本当に、申し訳ありませんでした。

わたくしの平手打ちを受け、妻は110番に通報。警察が我が家を訪れ、翌6日早朝にわたくしは逮捕され、高輪署に拘留されることになってしまいました。

~省略~

幸いなことに、寛容なる妻がすぐに被害届を取り下げてくれたため、わたくしは本日、拘留不要ということで釈放されました。

釈放され、高輪署の外に出ると、報道陣の大群に囲まれ、
「三橋さん、○○なんですか!?」
「奥様とは、これからどうされるんですか!?」
等々の「例の質問攻め」に会い、基本的に無視していたのですが、あまりにもしつこいので、最後に、
「マスコミの連中にこれだけ言ってやる! くそくらえ!」
と、中指を立てて追い払いました。
こう言っては何ですか、そんなに目くじら立てて追っかけるようなネタかよ!(でも、マスコミのテレビカメラの前で「くそくらえ」と、できたのは、少し気持ちよかった)

そうすると、アナウンサーが、
「はい、三橋さんがくそくらえ!と叫んで去っていきました」
とか、何とか言っていた。何なんだ、お前らは・・・。

【三橋貴明オフィシャルブログ 2017.1.8.】

三橋氏が釈放されるも、様々な”裏”や”思惑”を疑いたくなるような騒動

↓つい1ヶ月前に、再度の「懐柔目的」で安倍総理から会食接待を受けていた三橋氏。

出典:Twitter(@riko0058)

奥さんに全治1週間のケガを負わせた容疑で逮捕された三橋貴明氏が釈放されたようです。
報道によると、東京地検側は引き続き三橋氏の勾留を継続するよう求めたようですが、奥さんが被害届を取り下げたことなどを受けて、裁判所側が検察の要請を取り下げたことで釈放に相成ったようです。

この一連の騒動は、当サイトでも色々と紹介してきましたが、改めて状況を見てみてもどうも釈然としない一件ですね…。

ボクも、三橋氏がかつては安倍総理と相当に昵懇の関係だったこと、それが最近になって批判する側に回っていたこと、そして、つい1ヶ月前に安倍総理が三橋氏を会食に招いていたことなどを考慮しても、つい色々とその”裏”や”思惑”などを考えてしまう事件だ。

ただ、三橋氏が日頃からカッとなりやすい暴力的な性格で、討論番組などでもしばしばキレるようなシーンがあったことを指摘する声や、前妻がDVをほのめかすような内容をブログに綴っていたことを考えても、彼が常習的に妻などの弱い立場の女性に対してDVを働いていた可能性は高いだろう。

そうだとしますと、再び彼がDVで逮捕される可能性もありますし、日頃から警察が日常的に三橋氏を監視するような流れになっていきそうですね。

こうなると、今後も三橋氏が、安倍政権に対して批判的な論調を継続していくのかどうか?にも注目することになりそうだね。
すでに三橋氏は、警察やそれと深く繋がる安倍政権側に弱みを握られてしまっている状況なので、今後も安倍批判を続ければ、より厳しい社会的制裁を受けていく可能性がある一方で、かつての安倍礼賛姿勢を復活させれば、多少の問題は見逃してもらえる可能性もある。

どちらにしても、三橋氏は最近安倍批判を公然と繰り返してきていた以上、すでにその扱い(安倍政権内でのランク)は山口敬之氏らとは雲泥の差で、マスコミからもバッシングされている上にネット上でも安倍シンパから批判を受けている状況なので、今後彼がどうなっていくのか、その動向をチェックしていこうと思うよ。

見たところ、安倍総理側も「わざわざ会食を企画する」ほどに彼の存在を気にしているのは間違いない様子ですので、三橋氏に何らかの安倍政権側からのパワーがかかっている可能性は高そうです。
私も、この先の彼の動きを気にしておこうと思います。

おススメ記事&広告

 
Pocket