■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

【観ないで】大手マスコミが、市民を不安や恐怖・パニックに陥れる「悪質洗脳キャンペーン」を激化!”コロナ詐欺”の次は”ウクライナ戦争”で人々の脳を破壊!

【観ないで】大手マスコミが、市民を不安や恐怖・パニックに陥れる「悪質洗脳キャンペーン」を激化!”コロナ詐欺”の次は”ウクライナ戦争”で人々の脳を破壊!
Pocket

どんなにゅーす?

・ウクライナ戦争が続く中、大手マスコミが戦争に関するショッキングな映像や情報を繰り返し報道。グローバル資本勢力が主導し、市民をますます恐怖とパニックに陥れるための”洗脳破壊工作”を激化させている。

チェルノブイリ原発で「ロシア軍が電力を切断」 電力会社が発表

ロシア軍の侵攻が続くウクライナの北部にあるチェルノブイリ原発で、ロシア軍が9日、外部からの電力供給を切断した。ウクライナ国営電力会社ウクルエネルゴが発表した。施設全体に電力が全く供給されない状態になっているという。

同原発には使用済み核燃料の貯蔵施設がある。ウクルエネルゴは、燃料が冷却できなくなれば放射性物質が放出される恐れがあるとしている。これに対し、国際原子力機関(IAEA)は9日、電力供給なしでも熱を冷ますだけの十分な冷却水があるとの見解を示し、原発の安全性に「重大な影響はない」と指摘した。日本の原子力規制委員会の更田(ふけた)豊志委員長は9日の定例会合で、同原発の使用済み核燃料について「(稼働を停止した)2000年から長期間たっており冷却は進んでいる」と述べている。

~省略~

【毎日新聞 2022.3.9.】

出典:NHK NEWS WEB

ウクライナ侵攻の報道やSNSの情報によって精神的な影響も…精神科医「過剰に接しないように」

~省略~

イタリア出身の精神科医、パントー・フランチェスコ氏は「こうした分野の研究はこれまでも行われていて、例えば2001年のアメリカの同時多発テロ事件の際のテレビ視聴者を対象にしたものがある。やはり長時間にわたって暴力的な映像を見てしまうことで悲観的な気分になったり、不安障害が生じやすくなったりするし、PTSDになるケースもある」と話す。  「私たちの脳は映像が現実の場面なのかどうかの区別がつかないし、映像が無かったとしても声を聴くことで予想ができる。特に記者たちを対象にした研究の中でも、戦場を取材している記者への精神的な影響が大きいというデータが出ている。テキストだけでもやはり影響があるので、例えばTwitterにはキーワードをミュートする機能があるので、過剰に接しないよう、一時的に使ってみるということもいいと思う」。

【Yahoo!ニュース(ABEMA NEWS) 2022.3.1.】

(ただでさえコロナ危機で疲弊の中)連日の衝撃的な映像と扇情的な報道でメンタルをやられる国民が続出!→市民の脳を破壊し無力化(完全使い捨て奴隷化)させようとしているグローバル支配層!

私も心配していましたが、やはりそうでしたか…。
(人にもよるかと思いますが)特に感受性が豊かで他者の痛みや苦しみを共感できる優しく純粋な心の持ち主ほど、この連日のウクライナ戦争のショッキングな報道には精神を痛く削られてしまうでしょう。

ボクも元々そんなに体が丈夫ではない上に、コロナ後遺症などで自身の健康に不安を持っていた中で、まさにウクライナ戦争が勃発したのと同じくらいの時期に本格的に体調を崩してしまったけど…どうやら、ボクと同じような人が続出しているみたいだね。

ボクがみていて非常に違和感を持ったのは、(上のチェルノブイリ原発に関するニュースもそうだけど)例えば3.11の大震災などと比べても、大手マスコミが、異様なまでに人々を不安や恐怖に陥れようとするような扇情的な報道に徹しているように見えることだ。
福一事故においては、実際にはかなり深刻な状態になっていたにもかかわらず、「人々を不安に陥らせないために」との理由で、深刻な事実を隠した抑制的な報道や情報操作が行なわれたけど、今回のウクライナ戦争においては、むしろ、あることないこと何でもかんでも針小棒大に大げさにショッキングな見出しを掲げながら、「人類の悲劇」「世界の終わり」を強調するような報じ方を横並びで行なっている。
(例えば、上のNHKや毎日の報道についても、福一の時と同じような報道姿勢であれば「チェルノブイリ原発の電源喪失との情報も、大きな問題はない模様」などといった見出しで報じるだろう。)

これは、ここ最近全く見られなかったものであり、むしろ、”こっち(マスコミの報道姿勢)”の方がかなりの異常事態としか言いようがない。

そして、異様なまでに連日連夜、扇情的で衝撃的な報道が繰り返されていることによって、人々の心がますます疲弊し、中には心身に変調をきたす人々も出始めているようですね。

ボクたちは、東日本大震災でもあそこまで抑制的な報道を行なっていたマスコミが、なぜここまでショッキングな映像や、実態をより誇張し捻じ曲げた情報を執拗に流しまくっているのかについて考えていかないといけない。
そもそも、(年初にボク自身も同じようなことを予測していた中で)コロナ危機が終わりを迎えようとしているのと同時に、急にこのような戦争が始まったのもかなり不自然だし、とにかくも、グローバリストの連中による悪辣な破壊キャンペーンに振り回されずに、ボクたちは、マスコミが刷り込もうとしてくる粗悪な洗脳情報から距離を置き、正常な思考を破壊されないための自分自身へのケアを行なった方がいいだろう。

私もそう思います。
やはり、コロナ危機とウクライナ戦争は有機的に繋がっている(グローバリストが仕掛けている世界市民の健康や思考を破壊するためのテロ行為)と思いますし、根本的に間違った情報ばかりを流し続けては、不安や恐怖・悲しみや怒りなどのネガティブな感情をことさらに惹起させようとしてくる大手マスコミの粗悪な洗脳シャワーから離れ、こういう時だからこそ、健康かつ穏やかに過ごすための環境を整えていくことが重要ではないでしょうか。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

世界のにゅーすカテゴリの最新記事