■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

丸川五輪相が、東京五輪強行開催で「絆を取り戻す」と主張!健康や命よりも「一時の感動」(その背後では「腐ったカネ儲け」)を最優先させる菅政権に怒りの声!

丸川五輪相が、東京五輪強行開催で「絆を取り戻す」と主張!健康や命よりも「一時の感動」(その背後では「腐ったカネ儲け」)を最優先させる菅政権に怒りの声!
Pocket

どんなにゅーす?

・2021年5月11日、丸川珠代五輪相が閣議後の定例会見を行ない、「絆を取り戻すために東京五輪の強行開催が必要」との考えを示した。

丸川大臣は「コロナ禍で分断された人々の間に絆を取り戻す大きな意義がある。(省略)特別な努力をしたそれぞれのアスリートが真剣勝負を繰り広げ、その後に努力を称え合う姿は、必ず人々にお互いを許し合い、喜びを分かち合う思いを取り戻してくれる。この東京大会は世界中の人々が新たな光を見出すきっかけになる」などとコメント。日本国内が医療崩壊の危機にある上に、重症者数が過去最多を更新し続けているなど、国民の健康や命がますます脅威にさらされている中、「喜び」「絆」などを並べ立てて東京五輪の必要性を語る丸川大臣に、日本国民から怒りの声が殺到している。

丸川五輪相 五輪開催の意義は「絆を取り戻す」池江への辞退メッセージ「許されない」

丸川珠代五輪相(50)が11日、閣議後の定例会見を行った。

国内外で東京五輪開催への批判が高まり、中止論も強まる中、五輪開催の意義について問われ「コロナ禍で分断された人々の間に絆を取り戻す大きな意義がある。国籍、人種を問わず、同じフィールドの上で、同じルールで競技を行い、特別な努力をしたそれぞれのアスリートが真剣勝負を繰り広げ、その後に努力を称え合う姿は、必ず人々にお互いを許し合い、喜びを分かち合う思いを取り戻してくれる。この東京大会は世界中の人々が新たな光を見出すきっかけになる」と、強調した。

白血病を克服し、五輪代表に内定した競泳の池江璃花子に、SNSで辞退を求めるメッセージが届いたことなどについては「非常に残念。木村花さんのことを例に出すまでもなく、匿名で個人への言葉の暴力はいかなる理由でも許されない」と、憤った。

【Yahoo!ニュース(デイリー) 2021.5.11.】

菅政権による「デタラメコロナ対策」によって多くの医療関係者が過労死寸前の中、この期に及んで丸川大臣が「”絆”のために東京五輪強行が必要」と究極の”反知性思考”を開陳!

↓これまでも、野党議員に対する嘲笑や品性下劣なヤジなど、国会議員にあるまじき素行不良を繰り返してきた丸川五輪相。

出典:Twitter(@katoikumi)

さすがは、これまでも野党議員を小ばかにして嘲笑するパフォーマンスを披露したり、下劣なヤジを飛ばしてきた丸川大臣だわっ!!
新型コロナの第4波襲来によって、重症者がかつてなかったくらいに増加してきている上に、すでに各地の病院でキャパの限界を超えてしまっていては、多くの医療関係者が過労死寸前に陥っている中で、この期に及んで「”絆”や”喜び”のために東京五輪が必要」というのは、さすがにないわっ!!

「一時の喜びや癒し」を求めるなら、何も東京五輪以外にもたくさんあるはずだし、例えば、ライブやコンサート、演劇などによって、大いなる感動や癒しを得ている人もたくさんいるんだけど…それなのに、どうして、これらは頭ごなしに規制や中止を強いておいて、東京五輪だけを優先的に強行開催しようとしては「絆や感動」を強要しようとしてくるのか?
簡単に言えば、丸川大臣がしきりに騙っている「絆・喜び」というのは、東京五輪を強行開催させるための都合のいい”方便”であり、自分たち(グローバル企業や悪徳政治屋連中)の「腐ったカネ儲けプロジェクト」を何としても強行したい本音や思惑を隠すために、こうした悪質なペテンをまき散らしているということだ。
真っ当な感性を持っている国民からしてみれば、誰しもが「この期に及んで、何をバカなことを言っているのか?」と怒ると思うけど、言い方を変えると、もはや「一時の絆・喜び・感動」くらいしか、東京五輪を強行開催する「建前や口実」が見つからなくなってきているってことだね。

おまけに、丸川大臣は、池江選手に「反対するように声をあげてほしい」と求めた人たちに対して、「許されるものではない」と(自分の悪辣さを棚に上げて)大々的に恫喝してるけど…そもそも、あんたたちがまともなコロナ対策を行なって感染封じ込めに成功してればこんなことにならなかったし、現実としてコロナ対策に完全に失敗してる中で、もっと早くに中止を決断していれば、どのみち池江選手にこうした意見が寄せられることもなかったんだけどっ!!
一体どこまで図々しくって傲慢な連中なのかしら!?

おまけに、なんだか池江選手に「暴力的な”五輪反対派”から、脅迫めいたすさまじい誹謗中傷が殺到した」みたいな話になってきているけど、リテラの記事によると、彼女に寄せられたのはあくまで「意見や要望」であって、(木村花さんのケースのような)誹謗中傷や脅迫めいたメッセージが大量に寄せられた…みたいな事実は確認出来なかったらしいけどね…。
(つまり、こうした話自体が、電通や菅政権による誇張や捏造も含まれた世論工作であることを疑う必要もあるのではということだ。)

・・・確かに、彼女が白血病という大病を克服し、驚くほどの回復力をもって復活を遂げることが出来たのも、「東京五輪に出場しメダルを取る」との目標があったことがとても大きかったのだろうし、こうしたバックグラウンド持つ池江選手に対して「東京五輪を辞退・反対してほしい」と求めるのは、かなり酷できつい要求だと思う。
しかし、例えば、日々自らの命を削ってコロナ患者の処置や看病に当たっている医療関係者からすれば、「多くの選手が五輪反対の声をあげてくれれば…」と願う気持ちが湧き上がってくるのは当然だし、こうした甚大なストレスやもどかしさを抱えては、強い危機感を抱いている人々の思いも痛いほどによくわかるんだよね。

とにかくも、こうした国民同士の深刻な利害の対立や軋轢を生みだしている元凶は、菅政権とその上に控えるグローバル資本勢力であり、彼ら1%の支配層が仕掛けている、こうした「民衆同士の分断や対立」を乗り越え、国民同士が理解し手を取り合い、その上で、彼らによる「日本破壊のアジェンダ」をどうにかして止める必要がある。

ほんとにそうだわ…。
連中によるあらゆる悪質なペテンやフェイクに騙されることなく、「自分たちの健康と命を守るための行動」を起こすことが何よりも重要ですし、「私たちをここまで疲弊させている、本当の”諸悪の根源”は何なのか?」を今一度よく考えたうえで、「本当に困っている人に寄り添い助ける」意識を忘れないように、そのための合理的な行動を起こしていくことが必要なんじゃないかしら。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

日本のにゅーすカテゴリの最新記事