■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

【良かった】菅総理、「黒い雨訴訟」での上告を断念!原告全員に被爆者健康手帳を交付へ!支持率の深刻な低下&選挙で連敗&衆院選が迫っていることが大きく影響した可能性!

【良かった】菅総理、「黒い雨訴訟」での上告を断念!原告全員に被爆者健康手帳を交付へ!支持率の深刻な低下&選挙で連敗&衆院選が迫っていることが大きく影響した可能性!
Pocket

どんなにゅーす?

・2021年7月26日、広島に原爆が投下された直後に放射性物質を含むいわゆる「黒い雨」を浴びて健康被害を受けたと住民らが訴えた裁判について、2審で広島高裁が原告全員を被爆者認定する判決を出していた中、菅総理が国の上告を断念することを決定。これで2審の判決が確定し、原告全員に被爆者健康手帳が交付されることになった。

「黒い雨」訴訟で上告せず 菅首相が表明

~省略~

広島に原爆が投下された直後に放射性物質を含むいわゆる「黒い雨」を浴びて健康被害を受けたと住民などが訴えた裁判で、2審の広島高等裁判所は、今月14日、原告全員を法律で定める被爆者と認める判決を出しました。
これを受けて、菅総理大臣は、26日午後、総理大臣官邸で、田村厚生労働大臣や上川法務大臣と対応を協議しました。
このあと菅総理大臣は記者団に対し、「判決について、私自身熟慮し、その結果として84名の原告の皆さんについては被爆者援護法に基づいて、その理念に立ち返る中で、救済すべきであると考えた。そういう考え方のもとに、上告については、しないこととした。直ちに、原告の皆さんには被爆者手帳を、交付をさせていただきたい。同じような事情の方々について、救済すべくこれから検討をしたい」と述べました。
一方で、「政府として、受け入れがたい部分もあるので、談話という形で、整理をしていきたい。こうした考え方を田村厚生労働大臣と上川法務大臣に指示し、対応させる。国、広島県、広島市が、しっかり連携をして、早急に救済をすることができるように取り組んでいきたい」と述べました。

~省略~

【NHK NEWS WEB 2021.7.26.】

支持率の低迷&重要選挙の連敗&衆院選間近などの「複数の要因」が重なり、菅総理が泣く泣く「黒い雨訴訟」の上告を断念!

出典:YouTube

これは、本当に久々の朗報です!
広島・長崎への原爆投下(とこれを通じた放射性物質の人体への影響を調べる実験)については、米国だけでなく当時の日本の関与も疑われているうえに、これまで日本政府は被爆者の救済に著しく消極的だった中、これはかなり画期的かつ非常に大きな動きであるといえそうです。

●過去参考記事:【貴重な言葉】詩人のアーサー・ビナードさん「原爆投下は日米合同による詐欺だった」太平洋戦争の裏側やグローバル資本による”戦争ビジネス”を語る!

言うまでもなく、菅政権は、”問答無用”で先の広島高裁の判決を不服として上告する意向を全面に出していたけど、まさに、急転直下の予想外の展開となったね。
言い換えれば、それだけ、菅政権は支持率の低迷に加えて、重要な選挙で負け続けていることに相当に大きなダメージや不安を抱えていたということだし、東京五輪の強行開催を通じた日本選手のメダルラッシュでも思うように支持率が上がっていかない可能性も考慮しつつ、今秋に控える衆院選においても少しでも失点を挽回させたいとの思惑があったことがうかがえる。
しかし、大手マスコミは、東京五輪のメダルラッシュのニュースばかりに明け暮れていることで、このニュースを思いのほか報じていないし、菅総理の狙いがどこまでプラスに作用するかがやや疑わしいともいえそうだ。

いずれにしても、本気で被爆者の日本国民を救済する気があれば、とっくに国側の責任を認めて真摯に補償や支援をしているはずですし、菅総理は、自政権の損得を考慮した上で、「ここで上告を断念した方が失点を挽回するための格好のアピールになる」と考えたことでこのような判断を行なったとみて間違いないでしょう。

いずれにしても、様々な偶然が重なったこととはいえ、被爆者の人々の苦しみや労力が少しでも報われるのなら本当に良かったし、この先も、「国民最優先の(当たり前の)政治」を実現させるためにも、国民自身が日頃から政治権力を厳しくチェック&監視し、「おかしい」と感じたことについてはその都度しっかりと大きな声を上げていくことが何よりも大切なんじゃないかな。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

日本のにゅーすカテゴリの最新記事