■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

【腐臭が充満】小池百合子氏の再選を駐日イスラエル大使(小池再選を主導した黒幕)が祝福&親密2ショット写真を投稿!「あなたの継続的なリーダーシップは感動的であり、東京とイスラエルの絆がさらに強化されることを期待」

【腐臭が充満】小池百合子氏の再選を駐日イスラエル大使(小池再選を主導した黒幕)が祝福&親密2ショット写真を投稿!「あなたの継続的なリーダーシップは感動的であり、東京とイスラエルの絆がさらに強化されることを期待」

どんなにゅーす?

・(かつてない不公正な選挙を通じて)小池氏が都知事選の再選を果たした中、駐日イスラエル大使が小池氏の再選を祝福し、(2022年に撮影された)小池氏との親密2ショット写真を投稿した。

イスラエルのギラッド・コーヘン駐日大使は「あなたの継続的なリーダーシップは感動的」と小池氏を大絶賛。さらに「東京とイスラエルの絆がさらに強化されることを期待しています。新任期のご多幸をお祈りします」と語り自らに最も忠実な傀儡政治屋が再選されたことへの”喜び”を表現した。

東京都が声明 ネットで物議の「駐日イスラエル大使&小池都知事」2ショット受け正式説明

~省略~

7日に投開票された任期満了に伴う東京都知事選。史上最多の56人が立候補し、現職の小池氏が270万票以上を獲得し3選を果たした。

小池氏の当選を、駐日イスラエル大使・ギラッド・コーヘン氏がSNSを通じ祝福。小池氏との2ショットを掲載し「小池さん、東京都知事再選おめでとうございます!あなたの継続的なリーダーシップは感動的であり、東京とイスラエルの絆がさらに強化されることを期待しています。新任期のご多幸をお祈りします」と投稿した。

この投稿が、昨今のイスラエル情勢を受けネット上で物議を醸した。都知事選に落選した蓮舫氏も「敗者ですが言わせてください。当選直後にこの外交は私の考えではあり得ません。都民の1人としても、とても残念です」と投稿。

のちに、この写真が2022年に撮影されたものだと発覚し「それならばこそ、きちんと抗議撤回を要請して欲しいです」と呼びかけていた。

~省略~

【スポニチアネックス 2024.7.10.】

蓮舫氏、イスラエル大使の「小池都知事の当選祝福」を批判→ポスト削除 ひろゆきからツッコミも

~省略~

蓮舫氏は10日にXでこのポストに反応し、「敗者ですが言わせてください」と前置きしつつ、「当選直後にこの外交は私の考えではあり得ません」「都民の1人としても、とても残念です」と批判した。

しかしネットユーザーからは、今回の都知事選当選直後ではなく、2022年に撮影された写真だと指摘する声が相次いだ。実際にコーヘン大使の2022年4月26日のXのポストには同じツーショット写真が公開されている。

この指摘を受け、蓮舫氏は「それならばこそ、きちんと抗議撤回を要請して欲しいです」と、さらに批判をつづっていた。

蓮舫氏の一連のポストに、「ひろゆき」こと西村博之氏もXで、「イスラエル大使が小池都知事との2年前の写真をアップして当選祝いのメッセージ。なぜか、当選直後と誤解して怒り出す蓮舫さん。さらに、指摘を受けた後に何故か逆ギレ」と反応した。

なお、蓮舫氏は10日昼頃に一連のポストを削除しているが、削除した理由については説明していない。

~省略~

【Yahoo!ニュース(J-CASTニュース)2024.7.10.】

小池氏の再選を主導した”黒幕”が、小池氏の再選を「最大限の賛辞」を持って祝福!(首都東京を中心に)この国の政官財界が、ますます国境を越えた国際資本勢力(グローバル支配層)による手の中に!

出典:Wikipedia

小池氏の再選を主導した”黒幕”が、小池氏の再選を「最大限の賛辞」を持って祝福しました。
ネット上では、コーヘン駐日大使が投稿した小池氏との親密2ショット写真を「当選後に撮影したもの」と勘違いして批判した蓮舫氏に対して、突っ込みと嘲笑が沸き起こっていますが、最大の問題はそこではないでしょう。

「あなたの継続的なリーダーシップは感動的です」と異様なまでに大絶賛しているけど、つまりは「あなたの我々への継続的な売国行為は感動的です」といってるわけだ。
当サイトでは、小池氏の再選を主導してきたのは、米イスラエルのグローバル支配層(偽ユダヤ資本勢力)であると強く疑ってきたけど、まさにその「黒幕」がわざわざその内情を明かしてきたということだ。

要するに、「小池氏とこの日本のあらゆるものは、我々の手の中にあるのだ」と、民衆に向けて暗に恐ろしいメッセージを発したということだし、改めて、小池氏が海の向こうの支配層の完全な操り人形である実情が露わになったということだ。

恐らく、このイスラエルによる「暗黙のメッセージ」の意味を理解した人はほんの一握りでしょうね。
まさにグローバル支配層の悪趣味と異常性が全開になっていますし、こんなにも米イスラエル(偽ユダヤ)戦争屋と一体の悪徳売国知事が真に都民の繁栄と日本の平和に貢献できるはずがありません

この国においては、あらゆる国家システム(選挙制度までも)が海の向こうの支配層に好き放題に操られ、歪められている実情を知る必要があるし、すべての腐敗の原点は明治維新にあることを理解しなければならない。
今回の都知事選を極限まで歪め、あらゆる不正を行ないながら強引に小池氏の再選を実現させた黒幕こそが、これら世界を破滅と混沌に導いている米イスラエルのグローバル資本勢力(ディープステート)であり、今回のイスラエル大使による「不気味な投稿」は、あえてこうした内幕をばらし、(内情を悟っているごく一部の)民衆を挑発しながら、今後ますます小池氏に売国政治を実行させていく”強い意志”を暗に示したというわけだ。

いってみれば、小池氏は今回の(不正選挙による)再選を通じてますますこれらジャパンハンドラーに借りを作ってしまい、首根っこを強く掴まれてしまったというわけです。
都政と日本の腐敗が極限にまで達してしまう危機がますます強まってきましたし、一人でも多くの日本国民が問題の本質に気が付き、破滅的事態を防ぐための行動を起こしていくべき状況にあるといえるでしょう。

================

この記事が「良かった」「共感した」「参考になった」「役に立った」と思ったら、カンパ(ご支援)いただけますと嬉しいです!

(new)クリエイター支援サイト「Ci-en」を通じた支援(クレジット・銀行振込・電子マネー等多くの支払い方法に対応)

100円~50,000円まで、自由に金額を設定しチップを贈ることが出来ます。(Ci-enを通じた詳しい支援の仕方はこちら

↓「Ci-en」を通じた当サイトへのご支援はこちらから↓



「note」を通じての支援(ゆるねとにゅーすイメージソングの購入…価格500円・税込・クレジットまたはモバイル決済)

楽曲の購入とは別に、クリエイターサポート機能を利用することで、100円~1万円までご支援いただけます。
楽曲を購入せずに、サポートのみ(100円~1万円)を行なうことも可能です。
サポート機能について詳しくはこちら




月額ウェブマガジン「ゆるねとパートナーズ」のご購読(クレジット決済または銀行自動引き落とし)



およそ3日に一度配信(月10回)されるウェブマガジン「ゆるねと通信」や、管理人やキャラクターによる動画配信、不定期配信の会員限定記事などをお届けいたします。
金額は月500円~ご自由にお選びいただけます。
決済方法は、PayPalによるクレジット決済または銀行の自動引き落としです。

詳しくは「ゆるねとパートナーズ」のウェブサイトをご覧くださいませ。

サイトの存続と安定的な運営のために、ご支援をよろしくお願いいたします。

日本のにゅーすカテゴリの最新記事