■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

【まさに資本家の犬】「消費減税」を頑として否定!本気で庶民を見殺しにしようとしている岸田総理に怒りの声が噴出!Twitterでは「岸田やめろ」がトレンド入り!

【まさに資本家の犬】「消費減税」を頑として否定!本気で庶民を見殺しにしようとしている岸田総理に怒りの声が噴出!Twitterでは「岸田やめろ」がトレンド入り!
Pocket

どんなにゅーす?

・参院選が公示された中、コロナ禍やウクライナ戦争を通じて深刻な貧困と物価高に苦しむ一般国民の間で、岸田総理に対して怒りの声が大きく上がっている。

野党側から共同で「時限的な消費減税法案」が提出されたのに対し、岸田総理は消費減税の実施を一貫して否定最低賃金も先進国最低レベルの上に、減税以外の経済支援にも消極的な岸田総理に対し、Twitterでは「岸田やめろ」がトレンド入りしている。

消費税率の引き下げ考えていない=岸田首相

[東京 22日 ロイター] – 岸田文雄首相は22日の参院本会議で、経済対策の一環としての消費税率の引き下げは考えていないと明言した。 倉林明子議員(共産)への答弁。

倉林議員は、コロナ禍による生活の困窮にインフレが追い打ちをかけていると指摘、支援拡充の一環としての消費減税の必要性について質問した。岸田首相は、21日の与党からの申し入れを受けて物価・高騰緊急総合対を4月中に取りまとめ、「コロナ禍の物価高騰で生活に困窮する方への支援を含め具体化を進め、補正予算編成も検討する」などと答えた。一方で、消費減税については検討しないと述べた。

【ロイター 2022.4.22.】

まさに「財務省・資本家の犬」であり「庶民の鬼」!本気で日本国民を真綿で絞め殺そうとしている岸田総理に、国民の怒りの声が爆発!

出典:Twitter(@kishida230)

ここまで急激な円安が進んで、物価もかつてなかったくらいに暴騰している中で、それでもいまだに頑として消費減税を否定しているなんて、いくらなんでも有り得ないわっ!!
まさに、わいわの大石議員が強く批判した通りに、岸田総理は「財務省・資本家の犬」であり「国民にとっての鬼」そのものじゃないのよっ!!

上の愛知県医労連がツイートしているように、日本の最低賃金は先進国の中でダントツ最低レベルの状況の中で、肝心の岸田総理が「2025年度までに平均賃金1000円を目指す(キリッ)」なんてのたまっている始末なのだから、まるでお話にならない。
ここまで日本国民の貧困が極めて深刻な状況に陥っている中で、賃上げや経済支援をやる気もなく、さらには物価高対策もろくに講じず消費減税もかたくなに拒んでいるのであれば、いよいよ1・2年くらいの間に日本国民の間で「飢餓・飢饉」が広がり始めることになるだろうし、本格的なハイパーインフレに発展していけば、食料すら思うように買えなくなってしまった貧困層の間で餓死者も出てくるだろう。

そもそも、庶民を真綿で締め上げるような政策を繰り返してきた岸田政権の支持率が60%近くあること自体が完全におかしいとしか言いようがないんだわっ!!
現に、Yahoo!のネット調査では10万人近くもの国民の90%以上が「岸田政権を評価していない」と答えているし、マスコミの世論調査はもちろんのこと、「自民大勝の情勢」などと報じているマスコミ自体がフェイクニュースを流しているようにしかみえないんだけど!

うむ。こうした報道自体が「自民大勝」の結果を作り出すための悪質なフェイク及び世論誘導(バンドワゴン効果を狙ったもの)であると考えられるし、こうした世論誘導の効果が思ったほど現れず、自民が敗北するような投票結果が出た場合、(最終手段として)票の操作が行なわれる可能性も疑わないといけないだろう。
実際のところ、日本の選挙制度も含めた戦後の民主主義システムは、グローバル支配層によって構築されたものであり、過去においては、CIAが日本の政界に大量の秘密資金を投入していたこともわかっている。
(こうした事実が判明している以上、現在でも同じようなことが行なわれていることを疑わないといけない。)

簡単に言えば、日本の政官マスコミは、ほぼ全てが「米諜報勢力のコントロール下にある」ということだし、日本がこのような状況にあることを認識することが出来れば、選挙システムそのものも「中立で公平な”正しい選挙”が行なわれるに決まっている」との考えそのものが不合理でおかしいことが理解できるのではないかな。

こうした内情や前提を踏まえた上で色々なものを考えると、大手マスコミが自民党政権に対して異様な高支持率を出すのも納得ですし、今の政治状況から社会全体の潮流まで、全てが「グローバル支配層が主導して作り出したもの」であり、マスコミの報道も(この状況を国民に受け入れさせるための)世論誘導と虚構ばかりであることがより鮮明に見えてくるわね。

今の日本全体の疲弊や閉塞ぶりはまさしく「戦後最悪の状況」と言っても過言ではないけど、だからといって「もうダメだ」と諦めてしまったらそれこそ本当に終わってしまうし、ボクたちは視点をプラスの方向に転換させた上で、グローバリストが不正やインチキが出来ないほどに多くの人が投票所に足を運び、物事の本質や実相を見極め、グローバリストによる詐欺や虚構を打破していくことに意識を向けていくことが重要だ。
そうすれば(多くの人々が支配層によるウソに引っ掛からないようになれば)おのずと庶民にとって無益な戦争や混乱は減っていき、これまで人々の脳をおかしくさせ、社会を大きく歪ませてきたグローバリストは淘汰され、今よりもずっとマシでまともな世の中になっていくはずだ。

とにかくも、「庶民にとっての真の鬼」である岸田政権が大勝する結果が作り出されないよう、今回の参院選で多くの国民が圧倒的な「NO!」を突きつけることが何よりも重要だし、一人でも多くの人々がグローバル支配層によって植え付けられた「奴隷洗脳」から脱し、物事の本質や問題の核心を見極め、現在の人間社会の根源的な腐敗を解消させていくだけの能力を持つようになっていくことを願っているよ。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

日本のにゅーすカテゴリの最新記事