■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

【逃亡】木村花さんへの誹謗中傷に対する賠償訴訟、中傷した被告は出廷せず&反論も無し!花さん母「花に対して行なったことに向き合って欲しい」

【逃亡】木村花さんへの誹謗中傷に対する賠償訴訟、中傷した被告は出廷せず&反論も無し!花さん母「花に対して行なったことに向き合って欲しい」
Pocket

どんなにゅーす?

・2021年3月22日、フジテレビ「テラスハウス」に出演していた木村花さんがネットでの激しい誹謗中傷を苦に自殺した事件について、木村さんの死が報道された後も「地獄に落ちなよ」「あんたの死でみんな幸せになった」などと中傷を続けた長野県茅野市の男性に対し、花さんの母親が起こした約294万円の損害賠償を求めた裁判の第1回口頭弁論が開かれた。

被告の男性は、裁判には出廷せず、反論もなし花さんの母親は、この他の誹謗中傷被害に対しても投稿者を特定して責任の追及を進めていく方針とのことで、「被告は、花に対してしたことに向き合ってほしい。投稿した言葉の責任を取らせることが世の中のためになると思っている」とコメントした。

「テラハ」木村花さん母が提訴、亡くなった後も「地獄に落ちなよ」「何様?」と中傷

フジテレビの番組「テラスハウス」に出演していた女子プロレスラーの木村花さん(当時22歳)が昨年5月、SNS上で誹謗中傷を受けて自殺した問題で、母親の響子さん(43)が、花さんが亡くなった後も匿名で中傷の投稿を行っていた長野県在住の男性に対し、約294万円の損害賠償を求めて東京地裁に提訴したことが分かった。提訴は1月22日付。

~省略~

訴状では、男性は花さんが昨年5月23日に亡くなった後、ツイッターに<あんたの死でみんな幸せになったよ、ありがとう><最後まで迷惑かけて何様?地獄に落ちなよ>などと書き込み、響子さんの心情を著しく傷つけたとしている。

男性は読売新聞の取材に対し、「事実関係は認める」と答えた。

響子さん側は、ほかにも数件の開示請求手続きを進めており、投稿者を特定し次第、順次責任を追及していく考えだという。

この問題を巡っては、花さんをツイッター上で侮辱したとして、警視庁が大阪府の男を東京地検に書類送検している。

【読売新聞 2021.3.22.】

木村花さん誹謗中傷被害裁判、被告人は出廷も反論もしないまま「スピード結審」か?花さん母は、その他の中傷被害に対しても毅然とした対応を行なう方針!

出典:NHK NEWS WEB

ネット上の誹謗中傷を苦に自殺した木村花さんの母親が起こした損害賠償訴訟の第1回口頭弁論が開かれました。
花さんの死後も醜悪な誹謗中傷を続けていた長野県茅野市の男性は、裁判に出廷しなかった上に反論も無し
どうやら、公に姿を見せることで直接的に多くの批判にさらされるよりも、姿を隠したまま、大人しく賠償命令に従う道を選んだようで、こうした男性の対応について多くの怒りの声が上がっています。

ネットユーザーや言論人からは「これでは、真に反省しないまま、カネだけ払って終わりになってしまう」との声も出ており、「もっと賠償金額を高くする必要がある」などといった意見も出ているけど、いやあ、本当に悲しいし情けない限りだ。
本来であれば、ここまで罰則を厳しく設定していく云々以前に、いい年をした大人であれば、厳しい罰則がなくとも、「最低限の物事の分別」や「人間社会における最低限のルールやモラル」を理解し、このようなあまりにも幼稚で反社会的な誹謗中傷をやることなどないはずなんだけど…。
こうした実情を見ても、精神的にあまりにも未熟で物事の分別がつかない、「反知性」の大人がどんどん増えてしまっているのを感じるし、日本社会の中で、一昔前と比べても精神が不健全な人がどんどんと増えてきてしまっているように感じる。

これというのも、(貧困やブラック労働などにより)様々なストレスや鬱憤を抱えている人が増えてきている内情がうかがえますし、「グローバリズム」に伴う政治やマスコミの反知性化やモラルの退廃によって、一般社会においても反社会的で利己的な行為が蔓延しつつあるようにもみえます。

当サイトが開設してからしばらくの間は、当サイトにも(自民党のネット工作勢力によるものと疑われるものも含めて)様々な誹謗中傷が届いたこともあったけど、世の中が徐々にネット上の誹謗中傷に対する厳しい目が向けられるようになってきたことを受けて、最近はこうした類のものもかなり少なくなったね。
投稿者を特定しては損害賠償などの厳しい責任追及を行なう動きが盛んになってきたことにより、一応は「それなりの抑止力」が働くようになってきているみたいだし、(とても残念なことだけど)悪質で幼稚な誹謗中傷被害に対しては、今後もどんどんこうした厳しい対応を強化させていくしかなさそうだね。

花さんの母親は、これ以外の中傷被害に対しても投稿者を特定しては徹底的に責任追及する方針みたいですし、今後の賠償請求の動きについても注視していこうと思います。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

日本のにゅーすカテゴリの最新記事