■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

【勘弁してくれ】(戦争屋の走狗)石原元都知事について「都民葬」を行なう可能性!?小池都知事「都としてできるかぎりのことをやっていきたい」

【勘弁してくれ】(戦争屋の走狗)石原元都知事について「都民葬」を行なう可能性!?小池都知事「都としてできるかぎりのことをやっていきたい」
Pocket

どんなにゅーす?

・2022年2月1日に死去した石原慎太郎元都知事について、「都民葬」を行なう可能性が取り沙汰されている。

小池都知事は「ご遺族の方々のご意向を最大限に尊重し、都としてできるかぎりのことをやっていきたい」とコメント米軍産勢力の意向にくみした数々の悪政と優生思想にまみれた差別発言を繰り返した石原氏をことさらに賛美する動きに、国民から怒りの声が上がっている。

石原慎太郎さんの「都民葬」問われ小池百合子都知事「都としてできるかぎりのことを」

東京都の小池百合子知事は4日の定例会見で、今月1日に亡くなった作家で元都知事の石原慎太郎さんについて、「都民葬」などを執り行うかどうか問われ「ご遺族の方々のご意向を最大限に尊重し、都としてできるかぎりのことをやっていきたい」と述べた。

~省略~

【日刊スポーツ 2022.2.4.】

小池知事が“因縁”の石原慎太郎氏をいち早く弔問 「都民葬」まで言い出し飛び交う憶測

「ああ、石原さんはヨットマンだったんだと、改めて感じました」──。4日の定例会見で、東京都の小池知事は1日に逝去した石原慎太郎元都知事の自宅を2日に弔問したことについて聞かれ、こう話した。

「風を読むというか、風を吹かし、時には嵐を呼んだ。弟さんではありませんが、それでゴールに突き進む。そういうヨットマンだったのではないかと思っている」

~省略~

だが、2人が「犬猿の仲」だったことは周知の事実だ。2016年、小池氏が自民党の推薦を得られないまま都知事選に出馬した際は、石原氏が「厚化粧の年増」と揶揄。小池氏は石原都政時代に決まった築地市場の豊洲移転をやり玉に挙げ、当選後も石原氏を標的にした。

ノンフィクション作家の石井妙子氏の著書「女帝 小池百合子」によれば、小池の父が石原氏を熱心に支援していたが相手にされず、親の代からの確執があるという。

~省略~

「都民ファとの合流には国民民主内で反対が多く、成就するかは分かりませんが、小池氏が参院選に向け何か企んでいるのは間違いない。石原氏の『都民葬』なんてことも言い出した。ヨットマンでなくともシタタカに風を読む小池氏ですから、選挙直前に都民葬を行い、『私が石原氏のレガシーを引き継ぐ』と国政復帰を宣言する演出も考えられます」(政治ジャーナリスト・角谷浩一氏)

~省略~

【日刊ゲンダイ 2022.2.5.】

中曽根元総理の”合同葬”を彷彿!?日本を劣化・破壊に追いやる悪徳政治屋ほど、マスコミが賛辞しこびへつらう風潮が横行する、日本の病的な”売国体質”!

出典:石原慎太郎公式サイト

またしても、信じがたいようなトンデモ話が持ち上がってきたわねっ!!
日本をここまでメチャクチャにした戦犯の一人である石原元知事の死去について、まるで「ヒーローの死」のように報じているマスコミも完全に狂ってるけど、ついに「都民葬」なんていうワードまでもが飛び交い始めてきたわっ!

中曽根元総理が死亡した時も、「内閣と自民党による合同葬」という形で9600万円の公費が投入されるという異常事態が発生したけど、それを彷彿とさせるような話が持ち上がってきたね。
中曽根元総理も、戦後日本のグローバリズムを一層推し進めた、昭和を代表する「売国政治屋」だったけど、昔から(ジャパンハンドラーの傀儡として)グローバリズムを推し進めた売国・壊国政治屋ほど、大手マスコミがことさらに賛辞し(彼らが選挙で勝つように)世論誘導が徹底されてきた経緯がある。
石原氏の場合は、「エセ右翼政治屋」として、「日本を強くする」と標榜しながら、その実は米・イスラエルの戦争資本勢力と癒着、(彼らの意向に従い)近隣国との軍事緊張を煽ったり、(グローバリズムに基づいた)優生思想を隠すことなく開陳し、日本古来の融和的な思想や文化的価値観を破壊するなどの売国活動に勤しんできたけど、両者とも、グローバリストにくみする日本の破壊活動に”貢献”した悪徳売国政治屋である点で大いに共通している。

中曽根氏や石原氏だけでなく、橋下氏を筆頭にした維新連中(石原氏が生前強く支援)やパソナ竹中氏、三浦瑠麗氏に至るまで、大手マスコミが、日本の既存の社会システムの破壊とグローバリズムの深化を促す思想を説いている連中ばかりをテレビで積極的に取り上げ、ひたすら賛美するパターンで終始徹底されているのが現状だわっ!!

そうした「グローバリズム思想」が政官界からマスコミに至るまで隅々まで浸透してしまっているからこそ、ここまで日本のあらゆる社会制度や経済が疲弊・劣化しダメになってしまったわけだ。
とにかくも、日本の劣化や破壊に力を尽くした石原氏を都民葬で称えるなんて、正気の沙汰じゃないし、これらをネタにしてグローバリストに改めて媚を売りつつ、しつこく国政進出を企んでいる小池都知事の姦計を阻止する必要がありそうだ。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

日本のにゅーすカテゴリの最新記事