■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

ジョコビッチ選手への「入国拒否」、豪の裁判所が入国を認める判断!選手を収容施設から開放するよう命令!→政府は再びビザを強行的に取り消す可能性を示唆!

ジョコビッチ選手への「入国拒否」、豪の裁判所が入国を認める判断!選手を収容施設から開放するよう命令!→政府は再びビザを強行的に取り消す可能性を示唆!
Pocket

どんなにゅーす?

・「ワクチン接種をしていない」との理由で男子プロテニスプレーヤーのノバク・ジョコビッチ選手がオーストラリア政府から入国を拒否された件について、現地の裁判所がジョコビッチ選手の訴えに対し、入国を認める判断を下した。

・裁判所は、政府の入国拒否に対し「合理性が無い」と指摘。しかし、政府は再びジョコビッチ選手のビザを強行的に取り消す可能性を示唆しており、この問題の行方に世界が大きく注目している。

ジョコビッチ選手“入国許可” ワクチン接種めぐり豪裁判所

新型コロナワクチンの接種を完了していないとして、オーストラリアへの入国を拒否され、隔離用の施設での滞在が続いていたジョコビッチ選手。入国を求め連邦政府を相手取り裁判を起こし、10日、本格的な審理が始まっていました。そして、現地メディアによると、日本時間の10日午後、裁判所は、連邦政府がジョコビッチ選手のビザを取り消した処分を無効とし、入国を認める判断を示しました。

これに先立ち、現地では、報道陣に囲まれながら隔離用の施設を出た1台の車が・・・。施設は、難民などを一時拘留するのにも使われていて、この車にはジョコビッチ選手が乗っていたとみられます。

~省略~

この事態を受け、母国セルビアでは両親が参加する形で抗議デモも行われ、母親は次のように訴えていました。

ジョコビッチ選手の母親
「1日3回の食事を与えられず、運動をすることもできていないと息子から聞いている」

~省略~

【Yahoo!ニュース(TBS News) 2022.1.10.】

ジョコビッチ選手“ビザ取り消し”の豪政府決定を破棄 豪裁判所

~省略~

今回の決定により、ジョコビッチ選手は17日に開幕する全豪オープンに出場できる見込みとなりました。 一方、現地メディアは政府側の弁護士の話として、移民・市民権大臣が再びジョコビッチ選手のビザを取り消すことを検討する可能性があると伝えています。

【MSN(テレ朝news) 2022.1.10.】

裁判所が(法に基づき)ジョコ選手の入国を認めるも、豪政府が再びビザ取り消しの可能性を示唆!「ワクチン非接種者は犯罪者」同然に扱われる社会がすでに到来!

ジョコビッチ選手が「ワクチン非接種」などを理由に豪政府から入国を拒否された中、オーストラリアの裁判所が彼の入国を認める判断を下しました。
司法の方はまだまっとうな法治国家の原則を失っていなかったことに少し安堵しましたが、しかし、オーストラリア政府は、再び彼のビザを強行的に取り消す可能性を示唆しているとのことです。

裁判所の方は辛うじて民主主義の原則や秩序が保たれているみたいだけど、行政の方はすでに中国と大差ない「デジタル奴隷監視社会」に成り代わってしまっているみたいだね。
そもそも、当初は「感染歴がある人」もワクチン接種者と同等の扱いがなされることになるはずだったのでは思うけど…いつの間にか「(重大な健康上のリスクがある)ワクチンを接種した人のみが人権や自由が認められる」という、根底から狂っている社会システムが構築されようとしていることに強い戦慄を感じずにはいられない。

ジョコ選手の問題に対して、ネット上でも様々な声が上がっているけど、今まさに「民衆の力が試されている」状況にあるというか、「ワクチン非接種者は犯罪者」同然に扱われる社会がすでに現実のものとなっていることに対して、どこまで民衆がこの異常性を理解し強い危機感を持つことが出来るか…にかかっているといえるだろう。

どうやらオーストラリア国内では彼を攻撃・非難する声が多いみたいですが、何よりも、「私たちはここまで身体を張って(この身を犠牲にして)コロナ危機を収束させるために力を注いでいるのに、ワクチン非接種者はズルくて卑怯だ」といった歪んだ思考が広がり、ワクチン非接種者に対するさらなる攻撃や差別・弾圧が広がっていくことだけは何としても避けなければなりません

こうした、本来同胞・仲間であるはずの「一般市民が一般市民を攻撃する(民衆が自滅に向けて走っていく)」事態が広がってしまうと、それこそ、今の人間社会は完全に崩壊し、史上最悪の「ディストピア」がやってくることは確実だ。
とにかくも、「ワクチン義務化やワクチンパスの本格導入」こそが「既存の民主主義社会の完全な終わり」を意味するものであり、グローバリズムの最終段階である「グローバル共産主義(デジタル奴隷監視社会)」であることを一人でも多くの市民が理解する必要があると思うし、まずは、すでに大きく狂ってしまっている「既存の民主主義システム」をコロナ危機前の状態に戻していかなければならない。

はい。
世界の市民がジョコビッチ選手をこれまで以上に応援し、裁判所の判断を強く支持することで、オーストラリア政府が強権的な対応を改めていくことを願っています。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

世界のにゅーすカテゴリの最新記事