■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

【出たー】岸田政権、「デジタル田園都市国家構想実現会議」にパソナ竹中平蔵氏らを起用!→(世界支配層の計画通り)「デジタル奴隷監視社会」に一直線!

【出たー】岸田政権、「デジタル田園都市国家構想実現会議」にパソナ竹中平蔵氏らを起用!→(世界支配層の計画通り)「デジタル奴隷監視社会」に一直線!
Pocket

どんなにゅーす?

・2021年11月9日、岸田政権が、日本の行政のデジタル化や社会保障の改革などを推し進めていく目的で、「デジタル田園都市国家構想実現会議」と「デジタル臨時行政調査会」、「全世代型社会保障構築会議」の3つの会議を設置したことが明らかになった。

・中でも、「デジタル田園都市国家構想実現会議」のメンバーに、竹中平蔵パソナ会長が起用されたことが大きな話題に。、安倍・菅政権の路線を引き継ぎ、「グローバリズムの深化」に突き進もうとしている岸田政権に、強い危機感を唱える声が上がっている。

デジタル通じた地方活性化推進など3つの会議を新設 官房長官

松野官房長官は午前の記者会見で、デジタルを通じた地方活性化の推進や、社会保障全般の総合的な検討を進めるため、新たに3つの会議を設置したと発表しました。

この中で、松野官房長官は9日新たに「デジタル田園都市国家構想実現会議」と「デジタル臨時行政調査会」、それに、「全世代型社会保障構築会議」の3つの会議を設置したことを明らかにしました。

~省略~

「デジタル田園都市国家構想実現会議」メンバーは竹中平蔵氏ら

「デジタル田園都市国家構想実現会議」は地方からデジタル化を進め、地方と都市の格差解消を目指すとともに、地方活性化を推進するために設置されました。

岸田総理大臣が議長を、地方活性化を担う若宮万博担当大臣と、牧島デジタル大臣、松野官房長官の3人が副議長を務め、関係閣僚のほか、慶應義塾大学名誉教授の竹中平蔵氏や、全国知事会の会長で鳥取県知事の平井伸治氏らがメンバーとなります。

~省略~

【NHK NEWS WEB 2021.11.9.】

岸田政権の実態が次々と露呈!→さらに維新勢力の急増で、パソナ竹中氏らによる「デジタル奴隷監視社会」の”地獄”へ一直線!

出典:薄荷らぼ。

やっぱり出てきたわね~、この男が!!
岸田氏が総理に就任した当初は、竹中氏の影響力が落ちていくことを予測する声も上がっていたけど、結局は、安倍・菅政権とほとんど変わりがない「デジタル奴隷監視社会」の実現に向けて、一直線に突き進んでいく方向性がはっきりしてきたわっ!!

これというのも、やはり、先の衆院選の結果が非常に大きかったといわざるを得ないだろう。
確かに、岸田総理は、(安倍氏や菅氏と比べると)パソナ竹中氏との関係性は必ずしも強くなかったみたいだけど、先の衆院選で(竹中氏と一心同体と言える)維新が4倍近くも議席を増やしたことで、竹中氏の政界における影響力が再び増大することになった。
「維新の議席が大きく増えた」ということはどういうことなのかを簡単に言えば、「大阪都構想」のような、「既存の政府・自治体による公共システム」が本格的に崩壊する代わりに、パソナなどの(グローバル資本勢力が所有している)民間企業体があらゆる公共サービスや生活インフラを掌握するということであり、さらにいえば、政府や自治体に代わって国境を持たない巨大な民間資本勢力が日本国民の生殺与奪の一切を握る社会(グローバル共産主義社会)がやってくるということだ。

やっぱり、パソナ竹中氏と一心同体の維新がここまで選挙で大勝するなんてどう考えてもおかしいし、(管理人さんが言ってきたように)野党統一候補が僅差で勝っていた選挙区の多くが「惜敗」の結果に操作された上に、立憲の比例票が維新(や国民)に移し替えられたとしか思えないわっ!!

ここまで、竹中氏やブラック労働社会に対して国民から怒りの声が大量に上がっているのに、維新が大きく勝利したというのは完全に矛盾しているし、この選挙結果が本当なのであれば、日本国民の多くが相当に強い自殺願望を持っているか、あるいは、救いようのないレベルの無知と反知性、さらには矛盾に満ちた支離滅裂な思考回路におかされてしまっている以外に説明が付かない。

とにもかくにも、「確定的な事実」として、今回の衆院選もまたまた、1%の世界支配層(グローバル資本勢力)による思い通りの結果になってしまったということだし、岸田政権もまた、グローバリズムの深化に一直線に進んでいくことで、このままでは近いうちに史上最悪の「デジタル奴隷監視社会(内閣府が掲げている、いわゆる『ムーンショット目標』)」が完全に実現させられてしまう…ということだね。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

日本のにゅーすカテゴリの最新記事