■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

【あの手この手で…】TBS「アッコにおまかせ」、選挙候補者について「漢字で立候補している人は漢字で書くように」とデマ放送!→SNSで批判殺到後に「ひらがなでもOK」と訂正し謝罪も「悪質な選挙妨害」との指摘相次ぐ!

【あの手この手で…】TBS「アッコにおまかせ」、選挙候補者について「漢字で立候補している人は漢字で書くように」とデマ放送!→SNSで批判殺到後に「ひらがなでもOK」と訂正し謝罪も「悪質な選挙妨害」との指摘相次ぐ!

どんなにゅーす?

・都知事選の投開票日である2024年7月7日に放送されたTBS「アッコにおまかせ」において、選挙候補者について「漢字で立候補している人は漢字で書くように」とデマを放送し、批判が殺到する事態になった。

・SNSで批判の声が上がる中、番組途中で「東京都選挙管理委委員会によりますと、候補者の名前をかたかなやひらがなで記入しても、候補者と特定できれば有効になるということです。大変失礼致しました」と訂正し謝罪したものの、「悪質な選挙妨害」との怒りの声が上がっている。

TBS「アッコにおまかせ!」で都知事選めぐる発言を訂正、謝罪 SNS大荒れ「選挙妨害」の声も

7日に放送されたTBS「アッコにおまかせ!」(日曜前11・45)で、この日投開票の東京都知事選をめぐって誤った情報を伝え、番組内で訂正、謝罪する場面があった。
番組では東京都知事選について特集が組まれ、政治アナリストの伊藤惇夫氏からの解説や、実際の投票箱を使用した選挙の“雑学”の披露などが行われた。

投票用紙についての話題の中で同局の宇内梨沙アナウンサーは「漢字を間違えてしまうと、無効になってしまいます」と候補者の記名の仕方について言及。続けて「正しく、立候補した名前で書いてください。ひらがなで立候補している人はひらがなで、漢字で立候補している人は漢字で書くようにしてください」と説明した。

しかし番組が進行する中で、「東京都選挙管理委員会によりますと、候補者の名前をカタカナやひらがなで記入しても、候補者と特定できれば有効になるということです。大変失礼致しました」と自身の説明を訂正。「大変失礼致しました」と繰り返し、謝罪した。

~省略~

【スポニチアネックス 2024.7.7.】

(漢字が難しい)蓮舫氏を狙い撃ち!?TBS「アッコにおまかせ」が「漢字で立候補している人は漢字で書くように」と悪質デマを垂れ流し!後になって謝罪するも批判の声が収まらず!

出典:TBS

ほんとに大手マスコミ連中は、あの手この手で公的で民主的な選挙制度を歪めようとしてくるわねっ!!
ひらがなでも何でも、本人と確認できる記述であればOKにもかかわらず、「漢字で立候補している人は漢字で書くように」って、いくらなんでも酷過ぎるのではないかしら!?

折しも、小池氏の最も有力な対抗馬とされている蓮舫氏の漢字がとても難しいんだけど、これはただの偶然なのかな??
実際のところ、「れんほう」とひらがなで書いた有権者はたくさんいると思うし、蓮舫氏本人も公式に「漢字でもひらがなでもOK」と呼び掛けている中で、これはさすがに露骨すぎるだろう。
ボク自身は蓮舫氏のことはあまり支持していないけど、どうやらグローバリスト連中は、蓮舫氏よりも小池氏を当選させようとしているみたいだし、ほんとにあの手この手で多彩な工作を仕掛けてくるものだ。

後になって番組内で訂正・謝罪したけど、軽く謝罪しただけでは済まないほどの重大なデマですし、やっぱり、初めから確信犯的にデマを放送したとしか思えないわっ!!

アナウンサー本人はあらかじめ指示されていた台本通りに読み上げただけだと思うし、番組プロデューサーやその上の幹部が(”お上”からの指示で)このようなデマを意図的に放送したことを疑わざるを得ないね。
全体の状況を俯瞰しても、支配層側は小池氏を再選させて、さらなる売国都政を画策しているようにみえるけど、
果たしてどんな結果が出されるのか、静かに守っていくとしよう。

================

この記事が「良かった」「共感した」「参考になった」「役に立った」と思ったら、カンパ(ご支援)いただけますと嬉しいです!

(new)クリエイター支援サイト「Ci-en」を通じた支援(クレジット・銀行振込・電子マネー等多くの支払い方法に対応)

100円~50,000円まで、自由に金額を設定しチップを贈ることが出来ます。(Ci-enを通じた詳しい支援の仕方はこちら

↓「Ci-en」を通じた当サイトへのご支援はこちらから↓



「note」を通じての支援(ゆるねとにゅーすイメージソングの購入…価格500円・税込・クレジットまたはモバイル決済)

楽曲の購入とは別に、クリエイターサポート機能を利用することで、100円~1万円までご支援いただけます。
楽曲を購入せずに、サポートのみ(100円~1万円)を行なうことも可能です。
サポート機能について詳しくはこちら




月額ウェブマガジン「ゆるねとパートナーズ」のご購読(クレジット決済または銀行自動引き落とし)



およそ3日に一度配信(月10回)されるウェブマガジン「ゆるねと通信」や、管理人やキャラクターによる動画配信、不定期配信の会員限定記事などをお届けいたします。
金額は月500円~ご自由にお選びいただけます。
決済方法は、PayPalによるクレジット決済または銀行の自動引き落としです。

詳しくは「ゆるねとパートナーズ」のウェブサイトをご覧くださいませ。

サイトの存続と安定的な運営のために、ご支援をよろしくお願いいたします。

日本のにゅーすカテゴリの最新記事