【次々と…】秋田のイージスアショア、「津波リスク」隠蔽疑いで地元住民激怒!岩屋防衛相は「適地」の考え変えず!

Pocket

どんなにゅーす?

・イージス・アショアの設置をめぐって、秋田市の陸自新屋演習場に選定されたプロセスにおいてデータ不正が発覚している問題で、今度は、津波浸水のリスクが存在しているにもかかわらず、これを「無いもの」にした上で選定された疑惑が浮上。地元の住民からさらに怒りの声が噴出する事態になっている。

他地域においては、「津波のリスク」を理由に不適とされた経緯があったことからも、(米国の意向により)「秋田市ありき」で安倍政権が強行的に選定した疑いが強まっている。

津波対策の必要性認める 陸上イージス、国の説明一転

陸上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」の陸上自衛隊新屋(あらや)演習場(秋田市)への配備計画で、岩屋毅防衛相は14日、津波対策の必要性を認めた。地元への報告書では津波の影響は「ない」としており、説明を一転させた形だ。地図データの縮尺を誤る記載に続き、新屋演習場を「適地」とした根拠が揺らいでいる。

防衛省が5月27日に秋田県と秋田市に提出した調査報告書は、配備候補地について、日本海側にあり面積が約1平方キロメートル以上で、平らな敷地を確保できる場所とした。新屋演習場を含め、青森、秋田、山形3県の国有地や自衛隊演習場計20カ所をリストアップ。レーダーが弾道ミサイルの探知や追尾をする際に支障が出る山がないこと、電気や水道などのインフラ、津波の影響など5項目を検討した。

報告書に掲載された検討結果の一覧表には、津波の影響について4カ所が津波の影響が「有り」、4カ所が「大きい」とされた。新屋演習場は空欄で、影響はないとされた。他の項目と合わせ、20カ所の中で新屋演習場を唯一の「適地」とする判断の根拠になった。

揺らぐ「適地」報告書の信頼性
しかし、岩屋氏は14日、閣議後の記者会見で、秋田県が公表している津波浸水想定に言及。「新屋演習場の大部分の敷地は浸水しない想定だ」としつつも、「(日本海に近い)西側の敷地境界のみ、浸水域の範囲に含まれる」と認めた。

防衛省によると、イージス・アショアのレーダーやミサイル発射装置を置く予定の敷地部分が、2~5メートルの浸水域にあるという。岩屋氏は、敷地造成をしてかさ上げすれば「津波の影響を受けずに配置することが可能だ」と説明。「新屋演習場が適地であるとの考え方に変わりがあるわけではない」と強調した。

~省略~

【朝日新聞 2019.6.14.】

イージスアショア秋田配備 津波リスク隠蔽発覚で地元激怒

~省略~

14日、立憲民主党、国民民主党、共産党の5人の国会議員が配備候補地の陸上自衛隊新屋演習場周辺を現地視察した。「演習に影響が出る」と陸自側に拒まれ、演習場の中には入れなかった。

演習場は住宅密集地のド真ん中にあり、小学校や高校が隣接。イージス・アショアは、レーダーが発する電磁波による健康への影響が懸念される。そして何より、有事になれば敵の攻撃対象となるリスクと隣り合わせ。野党議員のヒアリングに地元住民は「よりによって、なぜ人が集まるこの地域を選ぶのか」と不満をあらわにしていた。

防衛省は候補地選定をめぐる誤データ発覚後も新屋演習場を唯一の適地としている。それが、ここへきて津波に関する新たな隠蔽も明らかになった。

防衛省は説明資料で新屋演習場は津波の影響は受けないとしていた。ところが、13日の野党合同ヒアリングで西側の一部が浸水想定域に含まれ、津波対策が必要だと認めた。「秋田魁新報」「河北新報」(いずれも14日付)にそうした事実を報じられ、追認せざるを得ない状況に追い込まれたからだ。地元住民は憤りを隠さずにこう言った。

「津波の件は、新聞で初めて知り、驚きました。津波を理由に落とした候補地もあるようじゃないですか。角度データの一件もそうですが、もともと“新屋ありき”で進められているということなのでしょう。津波リスクを隠していたのは、計算ミスでは説明がつかない。意図的で悪質な隠蔽としか思えません。岩屋防衛相が17日に秋田県知事と秋田市長に謝罪するそうですが、とにかく配備計画を撤回してほしい」

~省略~

【日刊ゲンダイ 2019.6.15.】

データの不正に加え、今度は津波リスクの隠蔽が発覚!ますます選定作業そのものが「ヤラセ」だった疑い強まる!

出典:Wikipedia

イージス・アショアの選定プロセスにおいて、「データ不正」が発覚などの不可解な点が浮き彫りになっていますが、新たに「津波のリスク」を隠蔽していた疑いが浮かび上がってきました。
反対している地元の人々からも「秋田ありきで決まったのでは?」との疑いの声が上がっていますが、政府による適地の選定作業そのものが事実上の”ヤラセ”だった疑いも出てきましたね。

立憲民主の辻元氏も「地元住民よりも米国のため、ということではないか」と言っているけど、つまりは、米国から”命令”を受けた安倍政権が、「秋田市ありき」で強行的に設置を推し進めている疑いがますます強まってきたということだね。

ネット上では、安倍政権が「適地」として選んだ山口県萩市と秋田県秋田市が、北朝鮮からグアムとハワイを直線で結んだ場合、それぞれがピッタリ直線上に存在していることが取り沙汰されているけど、やはり、これらの選定地が、米国を防衛するためには「非常に都合が良い場所」ということなんじゃないかな。

米国の意向を最優先にするために、ウソやヤラセを用いて民主主義のプロセスを破壊した上で、強行的にイージス・アショアの設置を推し進めている安倍政権は、まさしく、「米国の隷属国家」という言葉しか浮かんできませんね…。
そして、そんな安倍政権による独裁的な支配下に置かれている私たち日本国民は、世界でも例を見ないほどの「真性奴隷状態」に置かれているとしかいいようがありません。

奴隷と言うより、(米国と安倍政権の)”家畜”という方がより近いのかな。
この国は、一見すると民主主義の制度が整っているように見えるけど、この国の”最上位”には米国(グローバル資本勢力)が鎮座している一方で、逆に最も上位に位置しているべき日本国民は、実際にはピラミッド構造の「最下層」に位置しており、文字通りに、ボクたち日本国民は、米政府とグローバル資本勢力を潤わすための”家畜”のような存在になっている。

この、イージス・アショア設置の内情を見ただけでも、そんな「日本の実態」が見事に露呈する事態になっているけど、とにかくも、安倍政権のような「米国&グローバル資本勢力の操り人形」のような政権を許し続ける限り、日本国民が”家畜”から脱却することは永遠にないだろう。
そういう意味でも、もっと日本国民は本気で怒る必要があるだろうし、いかに自分たちが「異常な環境下」に置かれているのかを客観的に認識することが大事だね。

地元の人々は全身全霊を込めて反対の声を上げていますが、私たちも他人事と思わず、地元の人々と一致団結して、腐敗しきっている安倍政権に抗議の声を上げ続けていく必要がありそうです。

Pocket

 

 関連記事