【危うい】安倍政権がツイッターを含めたネット規制の方針を固める!神奈川・座間の猟奇殺人事件を受けて

Pocket

どんなにゅーす?

・2017年11月10日、神奈川県座間市で9人の切断遺体が見つかった猟奇殺人事件を受け、安倍政権は関係閣僚会議を開催。その場でツイッターの規制を含んだネット規制強化などの再発防止策に乗り出す方針を固めた。

スポンサーリンク

政府、ツイッター規制検討=座間9遺体事件で年内に再発防止策

政府は10日午前、神奈川県座間市のアパートで9人の遺体が見つかった事件を受け、首相官邸で関係閣僚会議を開催した。年内をめどに再発防止策を取りまとめる方針で、ツイッターの規制なども検討する。直ちに実施できる対策があれば、防止策の取りまとめを待たずに採用する。

菅義偉官房長官は席上、「各閣僚がリーダーシップを発揮し、関係省庁連携の下に政府一体となった対策強化を行い、再発防止を徹底したい」と強調。菅氏は、(1)事件の全容解明と関係省庁の情報共有(2)自殺に関する不適切なサイトや書き込みへの対策強化(3)インターネットで自殺願望を発信する若者の心のケア対策の充実-を指示した。
会議には小此木八郎国家公安委員長、野田聖子総務相、林芳正文部科学相らが出席。来週、関係省庁の局長級会議を開催する。

【時事通信 2017.11.10.】

スポンサーリンク

社会に衝撃を与えた今回の猟奇殺人事件を”利用”して、安倍政権が目指す「国民の表現規制」に乗り出す危険性が

なんだか、今回の座間市での事件をきっかけに、安倍政権がツイッターを含んだネット規制を検討し始めているみたいですぅ。
具体的にどんな規制をするのかはまだよく分かりませんけどぉ、ネット上でもこの動きに警戒する声が多く出ていますねぇ…。

以前に相模原で発生した障害者大量殺人事件の際にも、山東昭子議員から「犯罪を犯しそうな人間にはGPSチップを埋め込むのがいい」などというオソロシイ発言が飛び出したけど、どうも安倍政権は凶悪犯罪事件が起こる度に、これを利用して、自民党の憲法草案の根幹でもある「国民への表現規制や自由の制限」を推し進めようという動きが見られる。

犯罪の温床になっているといわれるツイッターなどのインターネットを規制して「犯罪を未然に防ぐ」という言説は、一見もっともらしく聞こえるけど、これは実は全然違う
上のツイートでも多くの人が言っているように、本来安倍政権が迅速に取り組むべきことは、「多くの国民が精神を病んだり自殺に走っている状況を改善するべく、困っている人たちに積極的に手を差し伸べ、優しく希望のある健全な社会の構築に努めること」なんだ。

もしツイッターを規制すれば、ツイッターそのものを介した自殺や殺人は減るかもしれないけど、当然のごとく今度は別の媒体を介して同様の悲劇が起こっていくことは想像に難くない。
同じ論理でいけば、電話も手紙も、包丁ものこぎりも縄も何もかも取り上げなきゃいけない話になってくるし、結局は安倍政権がやっていることは、この事件を利用して自分たちの権力をより強めようとしているだけなんだよ。

な、なるほどですぅ…!
これも、安倍政権お得意の、国民のために見せかけて自分自身の野望を進めるための「国民騙しの手口」なんですねぇ。

以前に山東氏が主張していた人体へのチップ埋め込みも、今回のネット規制の動きも、どちらも以前より地球規模で進めているグローバリストによる「市民の貧困化」と「完全監視社会」の動きとも一致しているので、今後も安倍政権のこうした動きには警戒する必要がありそうだ。

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket