■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

【ゆるねと通信】いよいよオウムとよく似てきた統一教会!、荒川央博士が日本国民に向けて重要なメッセージ!、立憲と維新の”共闘”発表に困惑と批判の声!

【ゆるねと通信】いよいよオウムとよく似てきた統一教会!、荒川央博士が日本国民に向けて重要なメッセージ!、立憲と維新の”共闘”発表に困惑と批判の声!
Pocket

↓ゆるねとパートナーズ有料会員様はこちらから。

(ゆるねと通信 2022年9月24日号)

統一教会の会見に勅使河原秀行氏が登場!(頻繁に会見を開きメディア批判を繰り返した)オウム真理教とよく似てきた統一教会の”暴発”に警戒!

旧統一教会「教会改革」会見に“テッシー”登場! 勅使河原秀行氏の変わり様にネット沸く

22日に世界平和統一家庭連合(旧統一教会)が開いた「教会改革」についての記者会見で姿を見せたのが、教会改革推進本部長の勅使河原秀行氏だ。

勅使河原氏といえば、1992年に韓国・ソウルで行われた旧統一教会の合同結婚式で、元新体操日本代表の山崎浩子氏(62)の婚約相手としてマッチングされた人物。同年7月には2ショット会見を開き、京大卒の証券マンだった勅使河原氏は“テッシー”と呼ばれるなど、知名度は急上昇した。

~省略~

「家庭連合は2009年以降、霊感商法は1件もない」 「霊感商法が今でも行われているかのような報道、左翼弁護士が日本国民の皆様ををミスリードしてる」  福本修也弁護士とともに姿を表した勅使河原氏は会見で、旧統一教会の矛盾について鋭く追求するTBS系「報道特集」の金平茂紀キャスターなど報道陣に対して、感情むき出しで反論。およそ30年ぶりに姿を現した勅使河原氏について、ネットでは次のような声が上がった。

~省略~

【Yahoo!ニュース(日刊ゲンダイ) 2022.9.22.】

旧統一教会・勅使河原本部長に「なぜ被害者にわびないんですか」 TBS報道特集・金平茂紀キャスターの鋭い一撃に称賛集まる

~省略~

新聞・通信社に続き、「それ以外のメディア」として最初に質問に立った金平さんは、冒頭で会見の進行について「何で新聞・通信社が先行して(質問するのか)そういうことをやるのか、訳が分からない」とジャブ。続けて「私たちがテレビの報道の立場から被害者、元信者の方から被害の実態を取材した実感と、今、勅使河原さんがおっしゃった今後の改革と称するものの方向が、あまりにも落差がありすぎて頭がクラクラする思いですよ。一体何を考えているんだと思いますね」と発言。

続けて、「最初に謝罪をされましたけど、実際に過去の教団の加害行為によってひどい目に遭った人に対する謝罪がなかったじゃないですか。『マスメディアの報道を通じて、ご迷惑をお掛けしたことに対しておわびする。また、国会議員がまるでメディアから詰問されるような事態について申し訳ない思いである』って、実際に被害に遭った人に対してなぜわびないんですか。実際に私たちが取材をして、そこに届いている声って悲惨ですよ。だから、(会見)冒頭におっしゃった山上容疑者のようなことが起きたんじゃないですか。そのことについての真摯な反省はどこにあるんですか」と、冷静を保ちながらも強い口調で迫った。

~省略~

【中日スポーツ 2022.9.22.】

統一教会の記者会見に、元新体操日本代表の山崎浩子さんと合同結婚式を挙げた、勅使河原秀行さんがご登場
当時の騒動を知る人々からは驚きの声が上がっているけど、今回もまたまた、自分たちの正当性を主張しながらメディアへの批判や不満を並べ立てる内容でしたし、何だか、当時のオウム真理教ともよく似た状況になってきたわね。

オウム真理教については、あの、地下鉄サリン事件発生後に、「自分たちがサリンの被害を受けた」との荒唐無稽の主張を繰り返しては、当時の広報役だった上祐史浩氏が「私はあまりごちゃごちゃ言いたくないんですよ、これ(フリップ)見たら分かるでしょう? 馬鹿らしいですよこんなの!」などとフリップを投げ捨てるパフォーマンスなどを披露し大きな話題になったけど、今回の勅使河原氏らによる教団の会見は、図らずもこれらのオウムの会見を思い出さざるを得ないものだった

勅使河原さんと一緒に登場し、逆ギレ気味で最上級のマスコミ批判を展開した福本修也弁護士は、オウムでいう青山吉伸弁護士みたいなものね。
紀藤弁護士も言ってるように、今回は特にカルト色全開のヤバヤバ会見でしたし、このまま社会的な批判がさらに増長し、それに対する教団の反論や怒りが頂点に達した場合、オウムのように「暴発」する危険性があるわ。

1980年代後半に発生した、統一教会批判を積極的に行なっていた朝日新聞の記者が次々襲撃され一人が死亡した「赤報隊事件」のような、マスコミを標的にした新たなテロが引き起こされる危険もあるし、オウムが引き起こした坂本弁護士一家殺害事件のように、教団の被害者を救う活動を行なっている弁護士が狙われたり、不特定多数の日本人が狙われる無差別テロについても警戒した方がいいだろう。
とにかくも、いつの時代でもカルト宗教を解体させたり追放することは、大変な困難が伴うものだし、本来であれば、日本政府が主導してこのカルトを弱体化させどうにか解散に追い込んでいくべきはずなんだけど。

あろうことか、(安倍元総理のおじいさんを筆頭に)自民党のお偉いさん方がこのカルトにお墨付きを与えて、古くから持ちつ持たれつの関係を築き上げてしまったし、オウムと違って「政治権力と非常に綿密な関係を構築」してしまっている以上、問題がますます複雑で深刻化してしまっている現状があるわ。

反日朝鮮カルトと一心同体の自民党が政権を握っている限り、統一教会を完全に追放することはほとんど不可能だろうし、日本に真の平和と安定をもたらすためには、まずは国民が一致団結して統一教会と一緒に自民党も解体に追い込んでいく必要がありそうだ。

 

荒川央博士が日本国民に向けて非常に重要なメッセージ!「『自分自身の目で見た世界を素直に感じ、自分の頭で考えて判断する。』そういった事ができる人は多くはありません」「今現在もまるで戦時中の様相です」

記事の続きは、月額ウェブマガジン「ゆるねとパートナーズ」の有料会員登録を行なっていただけますと閲覧することが出来ます。

↓ゆるねとパートナーズ有料会員様はこちらから。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

ゆるねと通信カテゴリの最新記事