■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

35年前の「朝日ジャーナル」による統一教会の「霊感商法追及記事」が話題に!「原価3万円の壺を147万円で売りつけ、高麗人参1ダース96万円」など!→追及報道のさ中に朝日の記者が次々殺傷される「赤報隊事件」が発生

35年前の「朝日ジャーナル」による統一教会の「霊感商法追及記事」が話題に!「原価3万円の壺を147万円で売りつけ、高麗人参1ダース96万円」など!→追及報道のさ中に朝日の記者が次々殺傷される「赤報隊事件」が発生
Pocket

どんなにゅーす?

・安倍氏暗殺事件を機に、自民党と統一教会の癒着問題が表面化している中、1986年12月5日号からおよそ1年間にわたって報じられた「朝日ジャーナル」による教団による霊感商法を追及する記事が再注目されている。

・当時の報道を紐解くと、「原価3万円の壺を147万円で売りつけ、高麗人参1ダースを96万円で契約、霊能者から3千万円を神に捧げるよう促された」などの驚愕の実態が伝えられており、ネット上で驚きと怒りの声が噴出している。

「朝日ジャーナル」が報じた旧統一教会「霊感商法」の実態 原価3万円の壺を147万円で売りつけ

安倍晋三元首相の銃撃事件をきっかけに、旧統一教会(現・世界平和統一家庭連合)の「霊感商法」の実態が注目されている。だが、それらは35年前、「朝日ジャーナル」が徹底的なキャンペーン報道で迫ったテーマだった。霊感商法の手口や原価などを振り返る。

旧統一教会による霊感商法の実態をいち早く社会に知らしめたのは、朝日新聞社が発行していた週刊誌「朝日ジャーナル」(1992年休刊)だった。86年12月5日号で「豊田商事をしのぐ冷血の手口 霊感商法の巨大な被害」とのタイトルで始まった追及キャンペーンは、およそ1年間で10回にわたって続けられた。当時、「開運商法」などと呼ばれていた行為に霊感商法という呼称を定着させたのも同誌だ。

~省略~

86年12月5日号で紹介されたケースを紹介する。北九州市に住むB子さん(60)の被害金額は、3700万円に上った。

<B子さんにとってこたえたのは、「お宅は絶家の家系です」といわれたことだった。息子の命が危ないといわれた。それは本当かもしれないと、彼女は思った。一九七七年三月、同市の公務員五人が火事で殉職した。B子さんの夫もその一人だった。夫の非業の最期が、息子の姿に重なってみえた。もうひとつ、彼女が震えあがったことがある。「焼け死んだ人は、霊界で痛みが三○倍になる」と聞かされたことだ。

八四年七月下旬、B子さん宅を増田都子という女性が訪れ、手相をみた。このとき印鑑を三万円で買った>

その後、霊場に連れていかれ、600万円の多宝塔を押しつけられ、高麗人参1ダースを96万円で契約。さらに、先生(霊能者)から3千万円を神に捧げるよう促された。

<三千万円を受領した後、先生は「霊薬と壺をあげましょう」といって、「高麗人参三四三個」「高麗大理石三個」預かりという保管書を発行してくれた。つまりB子さんに三千万円を献金させたあと、人参、壺の正常な売買があったように偽装したのである>

~省略~

霊感商法の商品は、統一教会の本部がある韓国でつくられていた。当時、壺や多宝塔の製造元だったのは「一信石材工芸」、高麗人参濃縮液を製造していたのは「一和」。ともに統一教会の関連企業だった。前出の藤森氏は渡韓し、両社の本社や工場などを訪れた。

「壺などの原価がわかったことが大きな成果だった」と藤森氏は語る。

一信石材工芸の事業報告書によると、86年の販売実績は花瓶が2万3900個で約33億、石塔が2454個で約72億ウォン。ほぼすべてが輸出されていた。その多くが日本向けと見られている。

~省略~

ちなみに、キャンペーン報道が続いていた87年春、朝日ジャーナルの編集長は筑紫哲也氏から伊藤正孝氏に交代した。筑紫氏は同年4月10日号の巻頭コラム「多事争論」で、こう警告している。

<「霊感商法」についての本誌の“突出報道”に対して相手方が社に行った激しい抗議のなかに、私のような人物を編集長に据えておく非を責める文言があったが、私が去ってもさして何も変わらないことをやがて悟ることになるだろう>

(本誌・亀井洋志)

※週刊朝日  2022年8月19・26日合併号より抜粋

【AERA dot. 2022.8.15.】

今日日の「統一教会追及キャンペーン」により、35年前の朝日ジャーナルの追及記事が再び脚光を浴びる!今こそ「赤報隊事件」の真相究明を!

出典:Wikipedia

↓朝日新聞東京本社に届いた脅迫文。「とういつきょうかいのわるくちをいうやつはみなごろしだ」。

出典:www5e.biglobe.ne.jp

ここ最近の「統一教会追及キャンペーン」により、過去に報じられたマスコミの追及報道にも再び光が当てられてきました。
中でも、「朝日ジャーナル」が報じた内容は非常に衝撃的でしたし、改めて当時の報道を振り返っても、統一教会が(オウムと並び立つほどの)生粋の反社会組織で極めて危険で恐ろしいカルトであることが分かります。

この追及報道のさ中に、朝日新聞の記者が次々と襲撃を受けて、一人の記者が銃殺される「赤報隊事件」が発生したり、結局、この後朝日ジャーナルは廃刊に追い込まれてしまうんだけど、赤報隊事件の捜査が途中で中止になって”迷宮入り”してしまったのも、この雑誌がほどなくして廃刊に追い込まれてしまったのも、まさしく「政治の力」が強く掛けられた以外に考えられないだろう。
実際、朝日新聞東京本社に「とういつきょうかいのわるくちをいうやつはみなごろしだ」との脅迫文が届けられていたことが分かっているし、統一教会(その分派のサンクチュアリ教会も)が銃器をことさらに偏愛したり、銃に関する闇ビジネスを展開したりなど、教団と事件の結びつきを強く感じさせるファクターが多くあるのが実情だ。

その「政治の力」というのも、(警察組織すら大きく動かすほどの)相当に強大で壮大なものであったことも想像に難くありませんし、やはりその源泉を辿っていくと、安倍一族をはじめとした清和会、そして、それらを上部でコントロールしてきたCIAなどのジャパンハンドラーの影がくっきりと見えていますね。

正直言って、日本の大手マスコミがここまで盛大に統一教会を追及キャンペーンを再び行うようになるとは思っていなかったけど、やはり、安倍氏の暗殺からこのマスコミキャンペーンに至るまで、(「政治の力」をさらに超越した)海の向こうの「やんごとなき勢力」による非常に強い力が掛かっていることを感じている。
世界支配層によるこうした「大きな流れ」を作り出している目的がまだ判然としていないし、「どの勢力」が仕掛けているのかもまだよく分からないけど、このままいくと統一教会は完全に潰されることになりそうだし、少なくとも自民党の中でも教団と深い関係を築いてきた清和会も一緒に潰されることになりそうだね。

そして、ここまでマスコミが追及報道に本腰を入れ始めた中で、今こそ、赤報隊事件の真相を究明する非常にいい機会だと思うし、民主主義や報道の自由を大きく脅かしたこの凶悪犯罪事件について、多くの人々が改めて認知し、現在の自民党や日本の政官界の「正体」について、再考する機運が広がっていくことを願っているよ。

確かに、統一教会カルトの追及報道が長きにわたってぱったりと途絶えてしまったのも、この赤報隊事件と安倍一族の存在が非常に大きかったことは言うまでもないでしょう。

どちらにしても、今現在、日本の水面下で「大変革」が行なわれている最中なのは確かですし、この日本が一体どこに向かっていくことになるのか、注意深くウォッチし続けていこうと思います。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

日本のにゅーすカテゴリの最新記事