■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

【ゆるねと通信】菅直人氏の橋下氏への「ヒトラーツイート」に維新がヤクザ対応!、民事裁判を「完全IT化」へ!、バイデン大統領がマスコミ記者に大暴言!

【ゆるねと通信】菅直人氏の橋下氏への「ヒトラーツイート」に維新がヤクザ対応!、民事裁判を「完全IT化」へ!、バイデン大統領がマスコミ記者に大暴言!
Pocket

↓ゆるねとパートナーズ有料会員様はこちらから。

(ゆるねと通信 2022年1月27日号)

菅直人氏の橋下氏への「ヒトラーを思い起こす」ツイートに、維新幹部「維新を怒らせたらどうなるか、徹底的に思い知らせる」!

“ヒトラー” 立民 菅元首相の投稿「看過できず」維新が抗議文

~省略~

立憲民主党の菅元総理大臣は、今月21日、みずからのツイッターで、日本維新の会について「主張は別として、弁舌の巧みさでは第一次大戦後の混乱するドイツで政権を取った当時のヒトラーを思い起こす」と投稿しました。

これについて、日本維新の会は「看過できない」として、26日午前、藤田幹事長が立憲民主党の党本部を訪れ、応対した党職員に対し抗議文を手渡しました。

抗議文では「菅氏の投稿は、まったく事実に基づかない妄言で、ひぼう中傷を超えた侮辱と断じざるを得ない。これを放置するのであれば党の責任も問われる」などとして、立憲民主党と菅氏に対し、今月末までに投稿の撤回と謝罪を行うよう求めています。

藤田氏は、記者団に対し「ヒトラーになぞらえて批判することは、国際社会ではほとんど許容されない。菅氏は党の最高顧問を務めており、立憲民主党は、党として何らかの意思表示をされた方がいいのではないか」と述べました。

~省略~

【NHK NEWS WEB 2022.1.26.】

<独自>維新の抗議文判明 菅直人元首相のヒトラー投稿

~省略~

抗議文の差出人は馬場伸幸共同代表、宛先は立民の泉健太代表となっており、「看過できない。いったい、どのような人権感覚を持っているのか。怒りを覚える」と抗議している。

また、「菅氏は首相を務め、なおも野党第一党の重責を担う大幹部だ。これを放置するのであれば貴党の責任も問われる」として、立民と菅氏に対し、月内に投稿の撤回と謝罪をするよう要求している。

維新幹部は産経新聞の取材に「立民が逃げ回るならば党本部に乗り込む。維新を怒らせたらどうなるか徹底的に思い知らせる」と語った。

~省略~

【産経新聞 2022.1.25.】

立民・逢坂氏「好まない」 菅直人氏のヒトラー投稿

立憲民主党の逢坂誠二代表代行は25日の記者会見で、同党の菅直人元首相が日本維新の会を創設した橋下徹氏に言及した上で維新に関し「(ナチス・ドイツ)のヒトラーを思い起こす」とツイッターに投稿したことについて「個人的には、ヒトラーを例に挙げてさまざまなことを言うのは、あまり好まないやり方だ」と述べた。「菅氏の個人的な発言なので、党としてどうこうということは特段必要ないと思う」とも語った。

【産経新聞 2022.1.25.】


出典:日本維新の会

まったく、どこまでも性根が腐ったデタラメ連中だわっ!!
菅直人元総理が「橋下氏はヒトラーを想起させる」とツイートしたことに鬼の首を取ったように騒ぎまくってるうえに、橋下氏自身も「ヒットラーへ重ね合わす批判は国際的にはご法度。こういうことを平気でやるのは京都大学の藤井聡氏のような非常識な学者」などと反論しているけど…
橋下氏自身も過去に藤井教授を「お前の顔の方が安もんのヒトラーだろ!お前の家には鏡がないのか!」などと罵倒したり、盟友の石原慎太郎氏による「彼の演説のうまさ、迫力っていうのは若いときのヒトラーですよ」とのコメントに対しては、何の抗議もせずダンマリだったというのだから、批判が殺到するのも当然だわっ!!

要は、立憲を徹底的に叩くのにちょうどいいネタが出来たので、とにかく騒ぐだけ騒いで立憲をけちょんけちょんに叩きのめしておこうってことだね。
まさしく、政治をバラエティー番組化させて、修羅場や乱闘を引き起こすことで存在感をアピールしようとする維新のお得意の手口だし、一言で言えば、「究極の反知性集団」ということだ。

しかし、みんながこうしたたちの悪い見え透いたヤクザパフォーマンスに鼻白んで、「維新は危険なデタラメ反知性集団」との認識を持って政界から排除するための行動を起こしてくれればいいんだけど…残念ながら、こうしたアホなパフォーマンスに引っ掛かって、(さらにはマスコミもこれに加担して)ますます維新を応援してしまう人が多いというのが非常に深刻な問題だ。

そういう意味では、菅氏がこうしたツイートをしたことは失策(格好のエサを与えた)と言われても仕方ないし、大手マスコミも積極的に維新に加担していくことで、立憲の評判とイメージがまたさらに没落していくことになりそうだわ…!

実際、逢坂代表代行も、あんまり関わり合いになりたくない本音が見え隠れしている発言をしているし、結局、今回の一件も、まんまと維新の党勢拡大パフォーマンスに利用された挙句、立憲の党内がますますバラバラになり崩壊していく要因に繋がってしまいそうな感じだ。

 

民事裁判を(提訴から判決まで)「完全IT化」へ!→いずれは裁判官もが「AI」となり、人類が(グローバリストによってプログラミングされた)AIに完全支配される世界に!

記事の続きは、月額ウェブマガジン「ゆるねとパートナーズ」の有料会員登録を行なっていただけますと閲覧することが出来ます。

↓ゆるねとパートナーズ有料会員様はこちらから。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

ゆるねと通信カテゴリの最新記事