■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

【ゆるねと通信】「組織委新会長候補」橋本五輪相による「セクハラ騒動」をBBCが報じる!、「新会長に安倍前総理を」の声が再び盛り上がり!、ネット上で「人工地震」が話題に!(”肯定派”と”否定派”で衝突が発生)

【ゆるねと通信】「組織委新会長候補」橋本五輪相による「セクハラ騒動」をBBCが報じる!、「新会長に安倍前総理を」の声が再び盛り上がり!、ネット上で「人工地震」が話題に!(”肯定派”と”否定派”で衝突が発生)
Pocket

↓ゆるねとパートナーズ有料会員様はこちらから。

(ゆるねと通信 2021年2月15日号)

「組織委新会長候補」の橋本五輪相による「セクハラ騒動」をBBCが報道!早速世界が問題視か!?

『「後任候補」橋本聖子五輪相にキス強要セクハラ疑惑…』英BBC記者が紹介

仏AFP通信などは、引責辞任した東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長(83)の後任として、最有力候補は橋本聖子五輪相だと報道。英国BBC放送の大井真理子記者は12日、過去に橋本氏のセクシュアル・ハラスメント疑惑が報じられていたと英語でツイートした。

「橋本聖子五輪相が森前会長の後任候補に浮上。2014年はセクハラ疑惑に直面したが、被害者男性がこれを否定したと言う批評家たちもいる」。さらに、14年8月22日の豪紙シドニー・モーニングヘラルドの記事アドレスを添付した。
同紙によれば、「フィギュアスケート界のアイドル、高橋大輔は、49歳のボスに抱き締められる雑誌(週刊文春)写真でスキャンダルが湧き起こるも、セクハラの犠牲者となったことを否定した」。さらに「13年9月、(当時の)安倍首相による内閣改造でも橋本氏は閣僚候補と報じられた。彼女の台頭は、安倍首相が提唱する女性の登用拡大にぴったりだろう」と皮肉って報じていた。

~省略~

【中日スポーツ 2021.2.13.】


出典:橋本聖子オフィシャルサイト

川淵新会長の就任が土壇場でおじゃんになった中で、今度は橋本聖子五輪相が新会長候補として名前が挙がっているけど、早速、海外メディアが彼女のセクハラ騒動を取り上げたみたいねっ!
まったく、「さらなる恥さらし」もいいところだし、返す返すも日本の権力層の連中のモラルの低さや知性のなさには呆れて物も言えないわっ!!

ほんと、まさに、「日本の総理はバカにしかやらせない」といった、グローバリストによる徹底した「愚民化政策」の成れの果てとしか言いようがないし、支配している側にとっては、支配する対象を出来るだけ頭を悪くさせた方が何かと都合がいいからね。
明治維新から今に至るまで、こうした、権力層に対する「愚民化政策」に加えて、一般市民に対してもマスコミや電通をなどを通じて「政治に対する関心を失わせる」「自らの頭で考えることをやめさせる」「自立的な思考を奪う」などの、従順で思考停止の「奴隷」を量産する政策が行なわれてきたし、「そうした結果」が、今、様々な形で表面にあらわれてきている上に、かつてなかったまでに日本の劣化や衰退がますますスピードアップしてきている状況だ。

こうした傾向は、なにも日本だけでなく世界の先進国でも同じようなことが行なわれてきたけど、しかしながら、欧米の人々は日本ほど民衆が「奴隷化」していないし、選挙の投票率も日本よりも高い傾向があるようにみえる。

とにかくも、今の日本の権力層の知性劣化は相当に深刻な事態だし、今回の騒動を「溜まりきった膿を出していくためのチャンス」と捉えたうえで、次の選挙を通じて何としても与党政治家のレベルをもう少し上げていかないと、いよいよ日本は「本格的な崩壊・破綻」に待ったなしだろう。

 

「川淵新会長消滅」で「新会長に安倍前総理を」の声が再び!春日良一氏「安倍さんの評判は国際的にもすごいいい」

記事の続きは、月額ウェブマガジン「ゆるねとパートナーズ」の有料会員登録を行なっていただけますと閲覧することが出来ます。

↓ゆるねとパートナーズ有料会員様はこちらから。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

ゆるねと通信カテゴリの最新記事