【ゆるねと通信】日本のコロナ感染数が海外メディアのグラフから外される、古市憲寿氏がまた「ヘンテコ発言」、三原じゅん子議員が新型コロナでも「カルト思想」を全開に…

Pocket

(ゆるねと通信2020年3月18日号)

安倍政権の新型コロナ「隠蔽政策」が逆効果に!日本国民は騙せても海外は騙せない!

What the U.S. and Europe Can Learn From Asia’s Two-Month Virus Battle

~省略~

On the other hand, Japan drew criticism for not testing enough people, which raises the prospect of scores of undetected infected people remaining un-quarantined and spreading the virus more widely.

(Google翻訳より:一方、日本は十分な数の人を検査していないという批判を呼びました。これにより、多くの未検出の感染者が隔離されずにウイルスを広める可能性が高まります。)

~省略~

【Bloomberg 2020.3.13.】

海外メディア(Bloomberg)において、日本国内の感染者数が、各国の感染者数を比較するグラフから除外されていることが話題になっています。
記事の本文においても、日本の検査体制があまりにも不十分であり、実際の感染数は政府発表と乖離している可能性について触れていますし、世界が日本政府をかなり懐疑的にみるようになっていることがうかがえます。


つまり、安倍政権の十八番である、ウソやごまかしや隠蔽や捏造を駆使して「都合が悪い情報を徹底的に隠す手法」が、海外においてはかえって逆効果になっているということだね。
日本においては、(大手メディアが出している世論調査の数字が本当だとすれば)安倍政権の新型コロナ対応を評価する国民が半数近くいるとのことなので、多くの日本国民を騙すことには成功している可能性があるけど、”奴隷洗脳”に染まっていない海外の人々に対しては、全く通用しないどころか、ますます不信感や強い疑念を与えてしまっているってことだ。

こりゃ、「本当の数字」を出した方がよっぽど日本にとってプラスだった可能性が大だし、「一体どれだけの大量の感染者がいるのだろうか?」との疑いの声を世界各地でどんどん大きくさせていることで、ますます東京五輪の中止が現実味を帯びてくることだろう。

これが、「反知性国家」の「反知性マスコミ」におけるコメンテーターのクオリティー!

古市憲寿氏 新型コロナ検査「なんで受けたがる?」結果分かっても「対応は変わらない」

社会学者の古市憲寿氏が26日、フジテレビ系「とくダネ!」で、新型コロナウイルスの検査結果を知っても行動はなにも変わらないと指摘し「なんでみんな検査を受けたがるんだろう」と不思議がった。

番組では新型コロナウイルスについて特集。検査を受けたいと申し出ても受けさせてもらえないなどの声を取り上げ、自宅療養はどうすればいいのかなどを専門家を招いて解説した。政府は軽症者は自宅待機を指示しているが、妊婦や疾患を持っている人、高齢者などは検査を希望する人も多い。

これに古市氏は「検査を受けても新型コロナウイルスは特効薬もないわけですし、基本的に自宅で安静、重篤化したら病院に行くっていうわけで、検査結果がどうであれ、対応は変わらないわけですよね」と指摘。

小倉智昭は「でも人にはうつさない…」と、判明すれば人にうつさない行動を取れるとしたが、古市氏は「肺炎であっても、インフルエンザでも人にうつすべきではなくて、陽性だろうが陰性だろうが行動は変わらないのに、なんでみんな検査を受けたがるんだろうとすごい不思議」と語った。

~省略~

【msn(デイリー) 2020.2.26.】

小倉さんが言ってるように、少なくとも、自分が感染していることが分かったら、人にうつさないようにするための行動を(まともな人なら)取るじゃないのよっ!!
古市氏って、昔からおかしな発言が多かったけど、新型コロナにおいても、まるでトンチンカンなことを言ってるわねっ!!

そのトンチンカンなコメントが、ことごとく、安倍政権を利するような内容なんだから、なお一層タチが悪いね。
まったく、「感染していることが分かっても分からなくても、行動することは一緒」って、どこからどう突っ込んでいいのか分からんけど…
少なくとも、誰がどれだけ感染しているのかが分からないのなら、感染拡大を抑えるためには、「全ての人の移動や行動を制限」しないといけなくなるけど、より多くの人々の検査を行なうことが出来れば、感染していない人については「通常通りの行動や移動が可能に」なることにより、少なくとも経済的な損失を最小限に抑えることが出来るんだよ。

日本の場合は、何でもモヤモヤにさせる(詳しい感染実態は把握しない、人の移動や行動も強く制限しない)ことによって、潜在的な感染者をどんどん増やしていく道を進んでいるけど、こんなことをやっていると、上のBloombergが指摘しているように、「多くの未検出の感染者が隔離されずにウイルスを広めていく」ことに繋がっていくし、古市氏のような、まるで非科学的で支離滅裂な考えが横行すればするほど、日本は世界から徹底的に見放されていくだけでなく、日本国内も「かなり悲惨な事態」になっていくのは確実なのではないかな?

三原じゅん子氏が、またも北朝鮮さながらの「ドン引きカルト発言」を全開に!

三原じゅん子氏 「総理のお言葉伝えるべき」ツイートに3000件超のツッコミ

参議院議員の三原じゅん子氏が14日にツイッターに投稿。同日に安倍晋三首相が行った新型コロナウイルスに関する会見について「民放ではスルー?」「総理のお言葉をつたえるべきでは?」などとツイートしたところ、「総理のお言葉という表現にドン引き」などと3000件を超えるコメントが付き、7000件以上リツイートされた。

~省略~

【Yahoo!ニュース(デイリー) 2020.3.15.】

出典:Twitter(@miharajunco)

また出たぁ。
「愚か者」「恥を知りなさい」のデマカルト演説も相当ひどかったけど、あの時に散々多くの国民をドン引きさせ、非難が殺到したものの、相変わらず本人は全く懲りていないらしい。

どうやら、三原じゅん子氏は、安倍総理を「神様」か何かと勘違いしているみたいだし、こりゃもう、「アナザーワールド」に完全に行ってしまっているも同然だ。
非科学的な「カルト思想」や「奴隷思考」が蔓延してしまっている時点で、この国の政治や社会の本質は北朝鮮とも大差なさそうだし、改めて、武器・兵器そのものではなく、理性や知性を極限まで失った「おバカな人間」こそが、国民や国、ひいては地球そのものを滅ぼしてしまうということについて、ボクたち国民はよく認識しておくのがいいのではないかな?

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

 

 関連記事