【週刊現代スクープ】安倍夫妻、加計学園の疑惑も続々噴出!愛媛・今治に加えて淡路島(吉備国際大学)でも不可解な土地取引!

Pocket

どんなにゅーす?

・週刊現代が、安倍夫妻と加計学園を巡る淡路島を舞台にした不可解な土地取引をスクープした。

・記事内では、淡路島にあった兵庫県立志知高校の跡地を、加計学園グループの学校法人順正学園が運営する吉備国際大学に無償で土地と建物・設備が譲渡された上で、地元南あわじ市が13億円を負担する計画書が一方的に市長から提示。地元市議会の反対も無視され、驚くほどのスピードでキャンパスがオープンした一件を報じている。

スポンサーリンク

第二の森友学園か!?淡路島「ウワサの土地」と安倍首相との関係

市長の完全なトップダウン

さて、安倍総理・昭恵夫妻と加計氏の親密ぶりをお分かりいただいたところで、冒頭の「疑惑の物件」に話を戻そう。

この場所には、もともと兵庫県立志知高校があった。同高校は、生徒数の減少のため’09年に廃校となり、市内の高校と統合。その後、大阪府に本社があるパチンコ機器メーカーA社が「跡地を買って、工場か倉庫を建てたい」と手を挙げた。同社の関係者が明かす。

「最初は、南あわじ市の担当者が『産業誘致をしたい』という話をウチに持ってきたんです。

~省略~

市の担当者とは、電話も含めて20回以上相談をしました。向こうは税収と雇用の確保が目的ですから、目標の取り決めもした。購入金額は、上物を壊して工事をすると5億円くらいかかるので、こちらからは『まずは1億円からで、いかがでしょうか』という希望を出していたところでした」

~省略~

ところが、A社と市の交渉が続いている最中に、信じられないことが起きる。’11年10月、地元紙の神戸新聞がいきなり、

〈南あわじ・志知高跡地の大学誘致 吉備国際大を候補に〉

と報じたのである。前出のA社関係者が続ける。

「われわれも新聞を読んでびっくりしました。直後に、市の担当者から電話があって『今回の件はなかったことにしてください』と。それっきり、謝罪も何もないですよ」

吉備国際大学は、加計氏の姉・美也子氏が理事長を務める、加計学園グループの学校法人順正学園が経営する大学で、主なキャンパスは岡山県高梁市にある。当時の中田勝久・南あわじ市長と順正学園は、’11年春から水面下で交渉を始めていたという。

完全にトップダウン、急転直下の決定だった。

【週刊現代 2017.3.21.】

スポンサーリンク

スポンサーリンク

安倍夫妻をめぐる不可解な教育関係者との癒着と不適切な関係は、”前代未聞”の規模へ…!

↓週刊現代が報じた吉備国際大学のHPより

出典:吉備国際大学

加計学園を巡る安倍夫妻の疑惑だけど、このサイトが以前に紹介した愛媛の今治からどんどん規模が大きくなってきているわ。

上の記事の件についても、色々な部分で森友学園事件とそっくりだし、加計学園疑惑が発覚した時点で、森友疑惑も安倍夫妻が「本丸」だってことが暗にバレちゃっているんじゃないかしら?

この週刊現代のスクープ記事、なかなかよく報じているので是非とも全文読むことをおススメするけど、すでに土地を欲しがっている相手方と話が進んでいたにもかかわらず、一方的に安倍夫妻と「腹心の友」にタダ同然で横取りされてしまった構図など、森友学園のケースと本当によく似ているね。

南あわじ市長が順正学園と水面下でこっそり交渉を進めていた上で、一方的に市側が校舎の整備費用を大量に負担(13億円)する内容の計画を出してきたことについても、色々なことを疑わずにはいられないし、地元の財政を圧迫し、地元議員からも怒りの声が出ているにもかかわらず、至れり尽くせりの条件で加計学園の開校計画が一方的に次々と行なわれている時点で、徹底的に内部調査をしていく必要があるといえるだろう。

そして、せなクンの言う通り、加計学園の構図と森友の構図を比較すると、森友の「本丸」や真相もおのずと透けて見えてくるんじゃないかな?

この件を詳しく調べていけば、もっとすごい話が出てくる可能性もあるわね。
森友学園とは桁が違う規模のお金が動いているし、こっちの方も野党やメディア関係者の徹底した調査を希望するわっ。

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket