■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

ワイドスクランブルが「バイデン大統領とウクライナとの古くからの深い繋がり」を紹介!「もしトランプ氏が再選されていたら…」とも!次男ハンター氏の疑惑も!

ワイドスクランブルが「バイデン大統領とウクライナとの古くからの深い繋がり」を紹介!「もしトランプ氏が再選されていたら…」とも!次男ハンター氏の疑惑も!
Pocket

どんなにゅーす?

・2022年4月28日放送のワイドスクランブル(テレビ朝日)でウクライナ戦争を特集。政治学者の中林美恵子氏が出演し、米バイデン大統領が古くからウクライナと深い繋がりがあることを取り上げ、米国内部にウクライナ戦争を長期化(泥沼化)させ、プーチン政権を転覆させようとしている勢力が存在していることを示唆した。

・番組では、バイデン氏の次男ハンター氏が抱えているウクライナ疑惑についても紹介。ウクライナ戦争の勃発と長期化の背後にバイデン政権の存在があることを暗に示した。

ワイドスクランブルが(極めて珍しく)ウクライナ戦争勃発と長期化の背後にバイデン政権(グローバル軍産資本)が存在していることを紹介!「トランプ再選だったら(このような事態にはなっていなかった)…」とも

出典:テレビ朝日

私も(管理人さん同様に)ウクライナ戦争関連のニュースが始まったら(あまりにデタラメまみれの内容に)チャンネルを変えるかテレビを消すようになってしまったけど、ここまでまともに最後まで観たのは初めてかもしれないわね。
(元民主党衆院議員の)政治学者・中林美恵子さんが出演したのが大きかったのかもだけど、ようやく、最低限のレベルでまともな報道を日本でみることが出来た感じだわ。

実際のところ、プーチン政権にとっては戦争の勃発はほとんど何のメリットもないし、「軍事作戦に踏み切らざるを得ない事態」なまでに西側が執拗に攻め込んできてしまったというのが実情だからね。
ボクもこの特集を観たけど、他の出演者が(どうにか問題の本質に到達しないように)トンチンカンな例え話を持ち出したり、バイデンが「民主主義に強いこだわりを持っている人物」みたいにお茶を濁していたけど、バイデンの実際の立ち位置は「『世界の民主主義の実現』をお題目に、世界統一政府構想(新世界秩序)を推し進めているグローバリスト(国境を持たない巨大資本家の遣いパシリ)」であり、もっとはっきりといえば、「ハルマゲドンを引き起こして『破壊と創造』を企んでいる狂信的なグローバルカルト集団」がウクライナ戦争を引き起こしている黒幕ということだ。

バイデンさんは、これら(ウクライナに深く根を張ってきた”見えないナチス”とも古くから繋がってきた)グローバルカルトの忠実な使用人ということだし、せめて番組内で「この戦争の長期化や泥沼化を最も望んでいるのは欧米の軍産資本勢力」くらい言えればよかったんだけどね。

ようやく本質に少しだけ近づいた内容だったけど、それでも、やはり、バイデンに対しては奥歯に物が挟まったような曖昧な物言いばかりで、どうやら日本のテレビにおいては明確な批判をすること自体が許されていないみたいだし、あることないこと好き放題にけちょんけちょんに貶していたトランプとのあまりの扱い方の違いに笑ってしまうほどだ。
それだけ、バイデンは、グローバル支配層の主流派から手厚い保護を受けている(非常に危険な)人物ということだし、やはり、ボクが当時から強く危惧していた通り、実際にバイデンが大統領になってしまった途端に、ここまで破滅的な戦争が現実のものになってしまった

確かにトランプさんも正体不明で怪しいところがあったけど、(オバマ政権時に一触即発になりかかっていた)ロシアとの関係が改善されたことで第三次世界大戦の危機が後退したのは確かだったし、今でもバイデンさんを「平和の使者」のごとく深く崇めている声が日本のネット界でも散見されるのが非常に不気味だわ。

特に大統領選時には、日本においてもバイデンを応援していた声が圧倒的だったからね。
コロナ危機でもウクライナ戦争でも感じるけど、結局のところ、真剣に平和を望んでいる人々もまた、グローバリスト(マスコミ)が醸成した多くのウソに騙されては間違った方向に誘導されてしまっているということだし、一日も早くに「右翼左翼」などといった無意味で有害な幻想(枠組み)から脱し、真に自分たちの生命・健康を守るための意識を持ち、物事の本質を見極める能力を手に入れていくことを願っているよ。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

日本のにゅーすカテゴリの最新記事