■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

【いい加減にしろ】総額48.5億円の血税を注いだ東京都庁のプロジェクションマッピングのバックに電通グループ会社!2年間で計6億円もの血税が「電通ライブ」に流される!

【いい加減にしろ】総額48.5億円の血税を注いだ東京都庁のプロジェクションマッピングのバックに電通グループ会社!2年間で計6億円もの血税が「電通ライブ」に流される!

どんなにゅーす?

・東京都がおよそ48.5億円を投入した都庁のプロジェクションマッピングに多くの批判が集まっている中、映像制作や事業のPR、観覧者の警備までを電通のグループ会社「電通ライブ」に委託されていたことが判明した。

電通については、東京五輪ワイロ談合事件により入札などに参加できなくする「指名停止措置」が取られていたはずの中での事態に、ネット上でさらなる怒りの声が殺到している。

小池知事は大ハシャギ!都庁プロジェクションマッピングに血税48.5億円=「ゴジラ」映画2本超

~省略~

PM事業の予算額は本家ゴジラをはるかにしのぐ。23~24年度の2年間で総額48.5億円に上るのだ。

内訳は①都庁舎PM事業16.5億円(23年度7億円、24年度9.5億円)②民間との協力等によるPM展開事業20.4億円(同10.5億円、9.9億円)③PM国際アワード事業9.6億円(同4.8億円、4.8億円)④東京PM促進支援事業2億円(同0.6億円、1.4億円)──。②は昨年3~8月実施の新宿西口でのPMなど、③は神宮外苑の国際PMイベント、④は新たなPM事業者への助成金にそれぞれ費やされる。

~省略~

都庁舎PM事業を巡り、小池都知事は23年度の予算7億円に対し「経済波及効果は18億円」と3月の会見で強調。この算出について、都の担当者は「外部に委託した上での客観的な試算」(産業労働局観光部)と答えた。

~省略~

都庁舎に浮かぶゴジラなどの映像制作や事業のPR、観覧者の警備まで請け負うのは、電通のグループ会社「電通ライブ」。23、24年度とも企画提案方式により業務を委託。23年度は約1.8億円、24年度は約4.2億円と計6億円が流れる。あれ? 都は五輪談合事件を受け、電通を今年8月まで入札などに参加できなくする指名停止措置を取っていたはず。

「電通ライブは電通と共に持ち株会社『電通グループ』の傘下にあり、いわば兄弟会社。電通の出資を受けた子会社ではない」(産業労働局観光部)と担当者は“抜け穴”を説明。小池都知事も「別法人」との認識だ。

~省略~

【日刊ゲンダイ 2024.6.1.】

アホすぎる都庁プロジェクションマッピングを裏で仕切っているのはお馴染みの電通!そして電通の支配下にある大手マスコミは、横並びで小池氏のあらゆる醜聞を全力隠蔽!

出典:YouTube

やっぱりそんなことだろうと思ってたわっ!!
こんなパチンコみたいなプロジェクションマッピングに48億円もの血税を投入した小池都知事に対して批判の声が集まっているけど、そのバックにあの電通がちゃっかりと控えていたとはねっ!!

ほんと、どこにでも電通の名前がしっかりと出てくるもんだね。
大手マスコミはこれまで、(学歴詐称を筆頭に)小池都知事のあらゆる醜聞を隠蔽し、ほとんど一切の批判をしてこなかったけど、これというのも、小池氏と電通がこうしてガッチリをタッグを組んであま~い汁を分け合ってきたことが何よりも大きいというわけだ。

言うまでもなく、大手マスコミは電通の完全な支配下にあるし、「小池都知事↔電通↔マスコミ」という「悪のトライアングル」が日本社会全体をますます腐らせてきたというわけねっ!
おまけに、電通は東京五輪ワイロ談合事件によって、表向きには東京都から指名停止になっているはずなのに、「電通ライブは電通とは別会社」なんて、よくもまあこんなデタラメすぎる屁理屈を平然と主張するものだわっ!

そもそも、小池都知事を「悪の自民党に立ち向かう時代の寵児」などともてはやしてきたこと自体が完全なデタラメだし、全てがグローバリストが仕立て上げた虚飾のストリーであることをよく知る必要がある。
有権者自身が賢くなっていくことで、こうした安っぽい三文茶番劇に引っ掛からないようにしないといけないし、悪徳政治屋や大手マスコミとタッグを組んで甘い汁を吸いながら国民の知性や思考力を破壊し続けてきた電通の存在を知り、これらの「悪のトライアングル」の外側に脱出した上で、まっとうな民主主義社会を実現させるための行動を続けていくことが必要ではないかな。

================

この記事が「良かった」「共感した」「参考になった」「役に立った」と思ったら、カンパ(ご支援)いただけますと嬉しいです!

(new)クリエイター支援サイト「Ci-en」を通じた支援(クレジット・銀行振込・電子マネー等多くの支払い方法に対応)

100円~50,000円まで、自由に金額を設定しチップを贈ることが出来ます。(Ci-enを通じた詳しい支援の仕方はこちら

↓「Ci-en」を通じた当サイトへのご支援はこちらから↓



「note」を通じての支援(ゆるねとにゅーすイメージソングの購入…価格500円・税込・クレジットまたはモバイル決済)

楽曲の購入とは別に、クリエイターサポート機能を利用することで、100円~1万円までご支援いただけます。
楽曲を購入せずに、サポートのみ(100円~1万円)を行なうことも可能です。
サポート機能について詳しくはこちら




月額ウェブマガジン「ゆるねとパートナーズ」のご購読(クレジット決済または銀行自動引き落とし)



およそ3日に一度配信(月10回)されるウェブマガジン「ゆるねと通信」や、管理人やキャラクターによる動画配信、不定期配信の会員限定記事などをお届けいたします。
金額は月500円~ご自由にお選びいただけます。
決済方法は、PayPalによるクレジット決済または銀行の自動引き落としです。

詳しくは「ゆるねとパートナーズ」のウェブサイトをご覧くださいませ。

サイトの存続と安定的な運営のために、ご支援をよろしくお願いいたします。

日本のにゅーすカテゴリの最新記事