■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

高橋洋一内閣官房参与が「反五輪なら見なければいいだけ。選手や他人を巻き込むな」「日本の感染はこの程度のさざ波」などと放言連発→過去の窃盗事件も蒸し返され大炎上に!

高橋洋一内閣官房参与が「反五輪なら見なければいいだけ。選手や他人を巻き込むな」「日本の感染はこの程度のさざ波」などと放言連発→過去の窃盗事件も蒸し返され大炎上に!
Pocket

どんなにゅーす?

・コロナ危機による緊急事態宣言が延長された中、海外メディアや日本国民や医療関係者から、東京五輪の中止を求める声が噴出している中、高橋洋一内閣官房参与が自身のTwitterで「反五輪なら見に行かなければいいだけ。アスリートや他人を巻き込むな」「日本はこの程度の『さざ波』。これで五輪中止とかいうと笑笑」などと放言しつつ、菅政権やIOCによる五輪強行に強く賛同するツイートを連投した。

・この高橋洋一氏のツイートに、国民からは怒りの声が殺到。彼が以前に引き起こした窃盗事件が再び大きく取り沙汰されるとともに、内閣官房参与の辞任を求める声が噴出している。

【高橋洋一】日本は本当にコロナ封じ込め「失敗国」なのか?データから「客観的事実」をお伝えしよう

日本は病床数も多いはずなのに…

連日ワイドショーで、新型コロナの話題が尽きない。それだけみていると、テレビの放送では、世界の中で日本のポジションを見ることはないので、まるで日本は失敗例のように見える。

そこで、本稿では、データに基づきながら、世界の中の日本を見てみよう。

まず、日本の新型コロナ患者は急増して、医療崩壊が起こるとマスコミは煽る。

たしかに、日本の新型コロナ患者は増えているが、世界と比べると、「さざ波」レベルだ。

~省略~

ワクチンの供給は原則として感染の拡大が深刻な国・地域から行われている。データ入手可能な世界84ヶ国で日本は71位と下位であるが、感染度合を加味すると、日本は45位で平均的だ。

感染が少ないのに、人口の多い日本がワクチンを大量は集めたら世界から批判を受けてしまうだろう。国民としては、一刻も早くワクチンを確保してもらいたいが、カネにものを言わせず、ワクチン格差を加担しない、奥ゆかしい日本らしいスタンスではないか。

ワクチンの副反応を煽っておいて、厚労省が及び腰というのはまさに煽りの典型だ。それを言うなら、マスコミがワクチン副反応を煽ったために、日本では集団接種ができなくなって、今回自治体にノウハウがなく困っているというべきだ。

IOC(国際オリンピック委員会)のバッハ会長が、日本の緊急事態宣言は、感染拡大予防のための措置で五輪の開催に関係ないと言ったのは当然だ。

~省略~

こうしてみると、世界の中では、日本は新型コロナ対策と経済の両立をもっとも上手くやっている国であるといえるだろう。

~省略~

【livedoorNEWS(現代ビジネス) 2021.5.3.】

前川喜平氏 高橋洋一教授を「国会で真意を質すべき」、日本の死者数を「さざ波」

~省略~

高橋教授は、100万人あたりの国別新型コロナウイルス感染者数を示すグラフをツイッターに投稿し、「日本はこの程度の『さざ波』。これで五輪中止とかいうと笑笑」とツイートした。

前川氏はこの投稿を引用し、「参考人で呼んで国会で真意を質すべきだ」と記した。同教授は内閣官房参与も務めている。

【デイリー 2021.5.9.】

(根っからのグローバリスト)高橋洋一内閣官房参与がいつもの「トンデモ放言」で大炎上!過去の窃盗事件も蒸し返され、驚きと批判の声が殺到!

窃盗事件

2009年(平成21年)3月24日、髙橋は東京・練馬区の温泉施設 『豊島園 庭の湯』の更衣室ロッカーから他人所有のブルガリの腕時計、財布など約30万円相当を盗んだ現行犯で事情聴取された。所轄の警視庁・練馬警察署による逮捕はなく[50]、3月30日、窃盗の容疑で書類送検された[25]。東京地方検察庁は同年4月24日、自らの犯行を認めた上で反省しており、かつ「被害品はすぐに戻され、既に社会的制裁も受けている」として、髙橋の起訴猶予を決定した[25][51]。
髙橋自身の主張
髙橋本人が述べる事件のあらましは以下の通りだという[52]。2009年3月24日の夜、2晩の徹夜明けでもうろうとしたまま自宅に近い温泉施設に夫婦で訪れた。[53]その際にロッカーで財布や腕時計の忘れ物を見つけ、後で届けるつもりでそのままにし、マッサージに出かけて2時間近く寝込み、[52]、マッサージから戻り、忘れ物を持ったまま施設を出ると外で警察が待ち受けており、刑事に「否認すると面倒になる」、「外には漏らさない」とし、現行犯逮捕をされない条件の提示を受け容疑を認めたと主張している[52]。

~省略~

【Wikipedia(高橋洋一)】

出典:Twitter(@YoichiTakahashi)

これまでも、度重なる放言を繰り返しながら、腐敗したグローバリストに全面的にくみする思想を全開にしてきた高橋洋一内閣官房参与が、ご覧のように、菅政権による東京五輪強行を全面的にサポートする放言・暴言を連投
これまで以上に大炎上している上に、高橋氏の辞任を求める声も大きく高まっています。

さすがは、パソナ竹中平蔵氏のお友達菅総理に官房参与に抜擢された高橋氏だね。
(当サイトでは以前にも紹介したけど)今回もまた過去の窃盗事件を蒸し返されては、多くの人々が驚きの声が上がっているうえに、「窃盗の前科がある人物を政権のブレーンとして担ぎ上げた菅総理」に対してもますます怒りの声が噴出している。

Wikipediaによると、窃盗事件について「髙橋が官僚時代に竹中平蔵のもとで郵政民営化を推進し、財務省と対立して「さらば財務省!」を出版するなどの経歴があることから、霞が関の陰謀説や国策捜査説ではという意見がある」と出ているけど、パソナ竹中氏と大の仲良しである上に、アベ友として加計学園をめぐる利権にも深く絡んでいるなど、その実態は完全に「特権階級」「上級国民の側」だし、今回の菅政権による「五輪強行」にも1000%賛同している様子を見ても、どちらかというと「窃盗事件を特別に見逃してもらいつつ、現在も特権階級の側に居座っている」という方が実情に近いのではないかな?

おまけに、高橋氏は「日本のコロナ感染数はさざ波程度で、菅政権は感染封じ込めに大きく成功している」などとトンデモ主張を連発しているうえに、「反五輪」「反ワクチン運動」などと、意図的に「五輪やワクチンに反対しているのは一部のおかしな人々」などとカテゴライズしては、民衆同士の分断・疲弊を促すことにより、1%のグローバリストをより利するような悪質な世論誘導を行なっていることも無視するわけにはいきません。

まさしく、グローバリスト特有の様々な詐術や論点のすり替えを用いながら、ミスリードや民衆同士の分断を促しているし、彼だけでなく、橋下氏や三浦瑠麗氏など、自民政権が重用したりマスコミが積極的に起用している言論人や学者などは、総じて同じような特徴がみられる。
これというのも、「民衆をあらぬ方向に誘導したり疲弊させることによって、自らが多大な利益と権力を得ることが出来る」という現在の社会構造を彼らがよく知っているからだし、くれぐれも日本のメディア界や言論界に蔓延している凄まじいまでの”ノイズ”に影響されてしまわないよう、常に科学的な視点や感性を失わないようにしながら、彼らによる様々なウソや詐術をしっかりと見極め、批判していくことが重要であるといえるだろう。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

日本のにゅーすカテゴリの最新記事