【各地で被害続出】新潟・三条市の信越線で、15時間半もの大雪による立ち往生が発生!JR側の対応への疑問や批判の声も!

Pocket

どんなにゅーす?

・日本各地で、大寒波による大雪の被害が続出しているなか、新潟県を走るJR信越線では、三条市内を走行中に、大量の積雪のために電車が立ち往生する事態が発生した。

・予想を上回る大雪の中、15時間半もの間、車内が混雑した状態で乗客が閉じ込められていたことに対し、JR側の対応に対して疑問や批判の声が上がっている。

新潟・三条のJR信越線立ち往生
大雪、発車1分で停止 JR「対応に不備」

11日午後6時55分ごろ、新潟県三条市のJR信越線東光寺-帯織駅間の踏切で、新潟発長岡行き普通電車(4両編成)が線路上に積もった新雪に阻まれ、12日午前10時26分まで約15時間半立ち往生した。電車は東光寺駅を発車してから1分足らずで停車していた。JR東日本は同日、新潟市内で記者会見し「安全上問題ないなら早く目的地にとの気持ちがあった。止めた場所も適切ではなかった」などと対応の不備を認めた。

車内には当時、満員状態の約430人が乗っており、運転再開までに脱水症状を訴えた40代男性ら5人が搬送された。車内にトイレはあったものの男女共用の1カ所のみでトイレットペーパーも切れたという。

JR東は人力による雪かきを試みたが積雪の速さに追いつかず、除雪車の到着も遅れた。「ふぶいている上に真っ暗な中、線路を歩くのは危ない」との判断で乗客に車内にとどまるよう呼びかけた。12日未明ごろから、家族が迎えに来た一部乗客に降車を認めたため、運転再開時に車内にいた乗客は125人だった。

【毎日新聞 2018.1.13.】

「なんとか、しのいだ」信越線の乗客、JRへの怒りも

猛烈な雪が降り続く中、約430人の乗客が列車内で一夜を明かした。JR信越線が大雪で立ち往生したトラブル。4両編成のため座席が足りず、多くの乗客が立って運転再開を待った。乗客や家族からはJRに対する怒りも聞かれた。

立ち往生した新潟県三条市の現場周辺は、街灯もない水田地帯。真っ暗闇に列車の明かりだけがともり、JRの社員はその明かりを頼りに除雪作業をした。三条市消防本部が設置している計測器では、11日午後7時の積雪は77センチだった。

車内には、帰宅途中の中学生や高校生がたくさんいた。友人3人と一緒だった小栗拓斗さん(16)は「席を交代で譲り合って、なんとかしのいだ」。車内ではドアにもたれて眠る人、外をぼうぜんと見つめる人、JR社員が配った段ボールを床に敷いて座る人もいた。見附市の木場愛里さん(13)と斉木心さん(13)は「自分たちは座れたが、ずっと立っている人もいて、つらそうだった」。週末に大学入試センター試験があり、参考書を読み込む受験生も多くいた。

【朝日新聞 2018.1.12.】

菅義偉官房長官が大雪で電車立ち往生に不快感

菅義偉官房長官は12日の記者会見で、新潟県三条市のJR信越線普通電車が大雪のため乗客約430人を閉じ込めたまま約15時間立ち往生した問題について「体調不良の方が出るなど利用者が大変困難な状態になったと認識している」と不快感を示した。その上で、国土交通省からJR東日本に対し、対応の問題点を検証し再発防止策を講じるよう指示したことを明らかにした。

【産経新聞 2018.1.12.】



出典:YouTube

道路も半ば麻痺状態の中、大雪に慣れている「北国ならでは」の鉄道事情が”判断ミス”を生んだ可能性

例年にない大寒波が日本列島を襲っていますが、新潟県の三条市では、なんと15時間半もの間、大雪で電車が立ち往生
ちょうど帰宅時のラッシュの中、乗客の皆さんが夜を明かして車内に閉じ込められる事態が発生しました。

ボクもこの詳細を知って少し驚いたんだけど、この立ち往生した列車は、すでに途中でパンタグラフに雪が積もったことによる停電のトラブルに見舞われたり、走行中も、線路に積もった雪を取り除くために、何度か電車を止め、その度に乗務員が手作業で雪を取り除きながら少しずつ進んでいた状況だったらしい。

元々、新潟などの豪雪地帯では、多くの積雪にも耐えうるように車両や設備にも様々な対処がなされており、ちょっとそっとの大雪では電車が止まることはない。
首都圏では完全に交通が麻痺してしまうような積雪に対しても、こうした地域では何事もなく時間通りに運転されるくらいに雪に非常に強く、その点では、日本の北国においての鉄道の技術は、世界的に見ても素晴らしいといってもいい。

しかし、今回のケースについては、そうした雪に慣れている鉄道従事者にとっても予想外の、前例がないほどの凄まじい大雪だったようだね。
そして、上記の話を聞いても、ちょうど帰宅時のラッシュの時間帯だったゆえに、運行に携わっていた関係者は、「(道路も大渋滞の中で)なんとしてでも鉄道を走らせ、乗客を自宅に送り届ける。」というプライドと、強い自負があったのではないだろうか

こうまでして列車を走らせようとしていた乗務員の執念にも驚いたし、ここまで凄まじい積雪の中、立ち往生している列車から乗客を降ろし、隣の駅や広い道路まで徒歩で誘導するというのも、安全面から考えてどうなのかという気もする。

菅官房長官がJR側の対応に不快感を示したらしいし、自衛隊を救助に呼ぶべきだったのでは?との声や早いタイミングで運行を中止すべきだったのでは?との声もあり、確かに判断ミスや反省すべき点はあったかと思うけど、その一方でなかなか判断が難しいケースだったのも確かだろう。
あまりにも想定外の大雪だったのもあると思うし、激しい雪にも慣れている鉄道従事者の、「北国ならではの過信や自負」がいささか判断を狂わせてしまったのかもしれないね。

なんにせよ、体調を崩された乗客もいらっしゃったみたいですが、架線が切れるなどして停電に至ることがなかったのは大きな幸いでしたし、多くの不安を抱えて一夜を過ごした中、何とか全員がご無事でなりよりでした!
今回の事例を教訓にして、JRの皆さんも再発防止や安全面の向上に努めて欲しいところですね。

そして、この寒波はもうしばらく続きそうなので、今後も大雪が予想される地域では、最大級の警戒で荒天に備えて欲しいと思うよ。

おススメ記事&広告

 
Pocket