■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

【本物はどこへ…?】ネット上で「プーチンがなんか変だ」との声が噴出!突然の言行の過激化に加えて、各国の要人からも「以前と顔が違う」との指摘!

【本物はどこへ…?】ネット上で「プーチンがなんか変だ」との声が噴出!突然の言行の過激化に加えて、各国の要人からも「以前と顔が違う」との指摘!
Pocket

どんなにゅーす?

・ロシアがウクライナへの侵攻を強行し続けている中で、ネット上で「プーチンがなんか変だ」「これまでのプーチンと違う」との声が多く上がり始めている。

・突然の言行の過激化に加えて「顔が違う」との指摘も多数出ており、様々な憶測が飛び交う事態になっている。

プーチン大統領の“病的な顔つき”変遷…どう悪くなった? 24年間をプレイバック

ウラジーミル・プーチン大統領(69)を巡って、SNS上では〈以前と顔つきも違い、病的におかしく見える〉〈プーチンの顔つきが悪くなるね〉などと顔貌の“異変”を気にする投稿が増えている。

ニューズウイークでも〈プーチンは外見も話し方も、以前とは変わった〉と指摘されていた。2000年に大統領になった頃からは22年経っているとはいえ、“異変”は本当にあるのか。プーチン大統領の略歴とともに過去の写真を振り返ってみた。

~省略~

【日刊ゲンダイ 2022.3.4.】

「プーチンは顔も考え方も以前とは違う」

~省略~

外見も考え方も以前とは変わった

最近のプーチンについては、フランスのエマニュエル・マクロン大統領をはじめとする多くの人が、外見も考え方も以前とは変わったと指摘しているが、ウォルダーも同意する。番組の司会が、コロナ禍で自主隔離を求められたプーチンが深刻な孤立に直面した可能性について尋ねると、彼女は大きくうなずいた。 「まさにそれが、気づいたことの一つだ。大げさに聞こえるだろうが、プーチンの写真を見るとそれが分かる。私はよく彼の写真を見るのだが、顔の輪郭までが変わっている」とウォルダーは言う。「プーチンは外見も話し方も、以前とは変わった。歴史の邪悪な側に渡ってしまった」

~省略~

【Yahoo!ニュース(NewsWeek) 2022.3.1.】

プーチン大統領は暗殺恐れウラル山脈に雲隠れか…身柄拘束には「懸賞金1億円」

プーチン大統領の拘束に懸賞金100万ドル(約1億1500万円)を出す──。緊迫するウクライナ情勢を巡り、穏やかならざる呼びかけが出てきた。「冷徹な殺人者」と形容されるプーチン大統領だが、暗殺を恐れて雲隠れしている可能性がある。

~省略~

もっとも、敵の多いプーチン大統領のことである。いつ命を狙われても不思議ではない。明らかになっているだけでも、5回殺されかけている。欧州の軍事アナリストは先月27日、〈プーチンは今後7日以内に自国民に暗殺されるかもしれない〉との見解を示した。期限まで、あと3日だ。

~省略~

キューバの故カストロ議長に「なぜ生き延びることができたのか」と

常に身の危険を感じているからか、プーチン大統領はキューバの故カストロ議長に「なぜ暗殺を生き延びることができたのか」と質問したこともある。カストロは600回以上もの暗殺計画から生き延び、「暗殺されそうになった回数が最も多い人物」としてギネスブックに載ったツワモノだ。カストロはプーチン大統領に「なぜなら私は常に自身の安全について、個人的に対処していたからだ」と答えたという。

「暗殺されかけたプロ」から助言を受けるぐらいだから、プーチン大統領が今も暗殺や拘束への危機感を抱いているのは間違いない。

~省略~

【日刊ゲンダイ 2022.3.5.】

”本物”のプーチンは一体どこへ!?ネット上だけでなく海外の要人からも「プーチンの顔が変わった」との指摘!

↓在りし日の”本物”のプーチン。

出典:Sputinik

私たちもついこの前に「プーチンさんの顔がなんか違う」と述べたところだったけど、同じような声が、ネットだけでなく海外の要人からも多数出てきているみたいね。
やっぱり、多くの人たちが私たちと同じことを感じていたのね。

上の若かりし頃のプーチンと比べても、骨格や目の位置まで全く異なっているように見えるし、はっきり言って「別人レベル」で全く違うね。
おまけに、変わったのは顔だけでなく、その言行も以前とまるで違う
昔のプーチンは、もっと頭脳的かつ理性的に「最悪の事態」を避けつつ自らに有利な展開に引き込むという、いわゆる”軍師”のような才覚を持っていたけど、現在は、かつての頭脳明晰で冷静沈着な立ち振る舞いが大きく後退し、いささか冷静さを失いかけては激しい苛立ちや恐怖に怯えている様子がうかがえる。
少し前のゆるねと通信でも「”本来”の老練で狡猾なプーチンであれば、恐らく、破滅的な事態に至らせることなく、うまく事を収めるはず」と述べたけど、「本物のプーチンはすでにいないのでは…」という、”良くない方の予感”が今のところ当たってしまっている形だ。

本物の”天才軍師”のプーチンさんはすでに暗殺されてしまっているってことかしら?
だとしたら、今のロシアはニセモノのプーチンさんにすっかり乗っ取られてしまっては、グローバルカルトの命令通りに、さらなるカオスの醸成と「破壊と創造(グレートリセット)」に向けて、思いのままに動かされてしまっている可能性もあるわね。

プーチンもすでに”あっち側の人間”に代わってしまっているのだとしたら、この先の戦況が非常に心配だし、「今のプーチンは一体何者なのか?」の議論はこの先もますます激しくなっては、世界中で様々な憶測が飛び交っていくのは間違いないだろう。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

日本のにゅーすカテゴリの最新記事