田崎基記者が「マスコミ(記者クラブ)の堕落と日本の危機」を警告!安倍官邸からの恫喝を恐れた共同通信が記事内の「最重要記述」を削除!

Pocket

どんなにゅーす?

・神奈川新聞の田崎基記者が、共同通信による「官邸要請、質問制限狙いか『知る権利狭める』抗議」と題する記事について、後になって加盟各紙に配信された記事の一部分を削除すると通知してきたことを暴露する記事を配信。ネット上で大きな話題になっている。

・田崎記者によると、削除されたのは「メディア側はどう受け止めたのか。官邸記者クラブのある全国紙記者は『望月さん(東京新聞記者)が知る権利を行使すれば、クラブ側の知る権利が阻害される。官邸側が機嫌を損ね、取材に応じる機会が減っている』と困惑する」という箇所。

安倍官邸からの恫喝を恐れた共同通信が、記事内で最も重要な記述を削除した可能性があるとして、ネットで驚きと衝撃が広がっている。

<時代の正体>質問制限 削られた記事「8行」 忖度による自壊の構図

【時代の正体取材班=田崎 基】18日夜、わずかな異変が起きていた。新聞各紙の締め切り時間がじわじわと迫る午後9時57分、共同通信が、加盟各紙に配信した記事の一部を削除すると通知してきた。

「官邸要請、質問制限狙いか 『知る権利狭める』抗議」と題する大型サイド。官房長官記者会見での東京新聞記者による質問について、首相官邸が「事実誤認」だと断定し質問制限とも取れる要請文を内閣記者会に出したことについて、問題点を指摘する記事だった。

要請文が出された経緯や、その後に報道関連団体から出された抗議声明、識者の見解などを紹介する記事の終盤に差し掛かる段落のこの記述が削除された。

〈メディア側はどう受け止めたのか。官邸記者クラブのある全国紙記者は「望月さん(東京新聞記者)が知る権利を行使すれば、クラブ側の知る権利が阻害される。官邸側が機嫌を損ね、取材に応じる機会が減っている」と困惑する〉

午後4時13分に一度配信された記事は、5時間44分後に、この8行が削除されて配信され直した。

共同通信による「編注」(編集注意)には削除理由としてこう記されていた。

~省略~

【カナロコ 2019.2.21.】

官邸に全面的にひれ伏す記者クラブの実態が明らかに!安倍官邸の増長と独裁化によって、すでに日本のマスコミは「瀕死の状態」に!

出典:阿修羅

神奈川新聞の田崎基記者が、珠玉の記事を通じてとっても貴重な内部情報を明らかにしてくれたわ。
お陰で、いかに記者クラブが官邸と完全に「一体化」した上で、これまで大きく胡座をかいていたのかが分かった上に、ますます強権化・独裁化しつつある安倍官邸に対して、全面的にひれ伏す動きを見せていることがとってもよく分かったわ。

共同通信が該当の箇所を削除した理由としては、「全国紙記者の発言が官邸記者クラブの意見を代表していると誤読されないため」ということらしく、共同通信に加盟しているどこかの社から指摘を受けたということらしい。(ソース

つまり、日本のマスコミの中枢にいる連中は、マスコミにあるべき本来の使命「権力が隠そうとしている事実を広く国民に伝えていくこと」なんて微塵も頭にない上に、いかに安倍官邸へのご機嫌を取りつつ、自らの安定的な地位を確保していくかということしか頭にないということだね。

こうした体質は以前からはびこっていたみたいだけど、安倍政権が(グローバル資本からの支援により)圧倒的な権力を手にして以降、こうした腐った体質が極限までエスカレートしてきており、現在の状態はもはや「大本営マスコミ(または安倍官邸広報組織)」といっても差し支えないだろう。

折しも、先日のモーニングショー(テレ朝)の中で、羽鳥氏が「テレビが視聴者を安心させるためのもので何が悪いのか?」と言い放っていたけど、これは、むしろ「マスコミ人が『自分たちが安心できる報道』を量産し始めた状態」なんじゃないのかな。
つまり、安倍政権による圧力や恫喝を恐れるマスコミがいよいよ政権に本格的に取り込まれ始めており国民にとって「真に知るべき情報」が本格的に遮断される段階に入ってきたということだ。

マスコミによる「大政翼賛報道」は、私たちが自覚症状がない状況で、すでに、かなり危険な段階にまで進んでしまってきているってことね。
そんな中でも、このような良質な記事を配信してくれる記者さんは、国民にとって一筋の光ですし、いよいよ国民自身が本格的に行動に移さないと、かつての大日本帝国時代の「日本破滅」の再来はほぼ確実な状況になってくるわ。

上の田崎記者の記事は現在有料会員限定になっている状況だけど、こちらのブログ記事で大まかな輪郭が把握できるようになっている。
すでにここまで深刻な状況に陥ってきてしまっている現在、ジャーナリズムの矜持と良心を持っている記者が一斉に立ち上がって、この未曾有の「ジャーナリズムの危機」に声を上げていく必要があると思うし、国民が良心的なジャーナリストを今以上に大きく支援していくことで、どうにかこれ以上の「マスコミの堕落と破滅」を食い止めていくことが必要なんじゃないかな。

Pocket

 

おススメ記事&広告