【悲惨】日本は高度外国人にとってアジアで働きたくない国No.1に!2017年版「世界人材ランキング」アジア最下位&世界63か国中51位!

Pocket

どんなにゅーす?

・2017年11月20日に、スイスのビジネススクールIMDが発表した、高度な技能を持つ外国人が感じている国の魅力度を示した2017年版「世界人材ランキング」において、日本はアジア11か国中最下位という結果に。

世界で見ても、63か国中でも51位の低さを記録しており、先端技術を持つ高度外国人の間で日本はほとんど働き先の選択肢に入っていない現状を示す結果になった。

スポンサーリンク

日本はアジアで最下位、高度外国人材への魅力欠く-IMD

人工知能やロボットを活用した「第4次産業革命」が進む中、先端分野の人材確保はますます難しくなりそうだ。
20日にスイスのビジネススクールIMDが発表した2017年版世界人材ランキングによると、調査対象のアジア11カ国中、日本は高度外国人材にとって最も魅力がないという結果になった。世界では63カ国中51位。アジアではシンガポールが1位、香港は2位だった。

~省略~

日本の人材不足はさらに悪化する可能性もある。経済産業省が昨年発表した調査によると、ビッグ・データ、人工知能、IoTなど先端IT分野で、2020年には約4万8000人の人材不足に直面する見通しだ。情報セキュリティ分野は約19万3000人が不足する見込み。

【Bloomberg 2017.11.21.】

スポンサーリンク

スポンサーリンク

日本がすでに経済大国&先進国から転落しつつある実態を痛切に感じるニュース

またまた昨今の日本の残念っぷりを示すようなデータが出てきてしまったわね。
安倍政権は、躍起になって破格の条件を付けてまで外国人を多く呼び込む政策をやろうとしているみたいだけど、そもそも向こうの外国人たちの方がお断りの現実が見えてきているわ。

確かに、誰が何と言おうと、これからの世界は暗号通貨や人工知能(AI)などの先端技術を軸にした、超デジタル化社会がやってくることは、人間の科学力や文明への探究心が途切れない限り、避けられない流れだろう。
現在、世界支配層は、こうした最先端技術を民衆の監視や自由を奪う方向に悪用しようとしている動きが見られるけど、こうした技術をどのように人類にとって有益に活用するのかということを、人類みんなで考えていくことが重要だ。

この先、日本が経済や産業を再び活性化させ、世界から引けを取らない技術力や経済力を得ていくためには、やはりこれらの先端技術を積極的に研究・推進するのは大事なことであり、日本が現状のようなアジア最下位に陥っている限り、この先ますます世界で進む先端技術から置いていかれ、ますます海外の国々からそっぽを向かれていくのは目に見えているね。

それに加えて、日本をおいて他に例を見ない異常な低賃金やブラック労働は、すでに多くの外国人の知るところになっているみたいね。
こんな世界的にも歴史的にも特異な”奴隷文化”が横行し続ける限りは、高度な技能を持つ外国の人は寄りつくはずもないわね。

そうだね。電通の新入社員の過労自殺なども海外でもかなり関心を持って報道されたみたいだし、いまや「KAROSHI(過労死)」は、日本独自のブラック文化として、世界の人に通じる言葉になっているようだ。
こんなオソロシイ社会に自らすすんで高度な技能を持つ外国人が来るはずがないし、まずは、日本の一般庶民がこの異常な現実を認識し、草の根レベルで社会を良い方向に変えていこうとしない限り、日本はこの先どんどん衰退し、グローバリストに吸い上げられるだけ吸い上げられた挙げ句、用無しになれば最後は破綻させられてしまう可能性も高そうだね。

少なからず、安倍政権はその「お先棒を担いでいる」ように見えるし、色々な意味でこの先の日本が心配だわ。

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket