■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

【空前の暴挙】菅政権が「福島原発汚染水の海洋放出」の方針を決定!「トリチウムのみ」を検査し、危険度の高い放射性物質は”ウヤムヤ”のまま強制的に海へバラマキへ!

【空前の暴挙】菅政権が「福島原発汚染水の海洋放出」の方針を決定!「トリチウムのみ」を検査し、危険度の高い放射性物質は”ウヤムヤ”のまま強制的に海へバラマキへ!
Pocket

どんなにゅーす?

福島原発事故処理によって日々増え続けている、トリチウムなどの複数の放射性物質が含まれている大量の汚染水について、菅政権は海洋に放出することを決定13日にも関係閣僚会議を開き、正式に放出を決定する方針とのこと。

・ストロンチウムなどの危険性の高い放射性物質が含まれている可能性があるものの、政府やマスコミでは「トリチウム処理水」などと矮小化しては、世界の原発で放出されている処理水と”同じ”であることを強調。政府はトリチウム以外の放射性物質の検査を行なわない方針を示しており、実態を隠蔽したままに、さらなる深刻な放射性物質による海洋汚染が広がる可能性が高まっている。

政府 福島第一原発のトリチウムなど含む水 海洋放出方針固める

東京電力福島第一原子力発電所で増え続けるトリチウムなど放射性物質を含む水の処分方法について、政府は来週13日にも関係閣僚会議を開き、海への放出を決定する方針を固めたことがわかりました。放出前後のトリチウムの濃度を調べるモニタリングの強化や風評被害の対策を徹底し、それでも生じる被害には丁寧な賠償を実施するとしています。

トリチウムなどを含む水をめぐっては、国の小委員会が基準以下の濃度に薄めて海か大気中に放出する方法が現実的で海のほうがより確実に実施可能だとする報告書をまとめ、菅総理大臣が7日、全国漁業協同組合連合会の岸会長と会談するなどして最終的な調整を進めてきました。

その結果、政府は来週13日にも関係閣僚会議を開き、海への放出を決定する方針を固めたことがわかりました。

具体的には2年後をめどに福島第一原発の敷地から放出する準備を進め、放出にあたってはトリチウムの濃度を国の基準の40分の1まで薄めるとしています。

これはWHO=世界保健機関が示す飲料水の基準のおよそ7分の1にあたり、地元の自治体や水産業者なども加わって放出前後のトリチウムの濃度などを監視するモニタリングを強化するとしています。

また、IAEA=国際原子力機関の協力も得て、国内外に透明性の高い客観的な情報を発信し風評を抑えるとしています。

さらに漁業関係者への支援や地元産品の販売促進、観光客の誘致などを後押しし、それでも生じる風評被害には東京電力が丁寧な賠償を実施するとしています。

~省略~

【NHK NEWS WEB 2021.4.9.】

NHKでは「トリチウム”など”が含まれた処理水」とゴマカシ!最も重要で危険な放射性物質については全て”闇”のまま強行放出へ!

ついに菅政権が”決断”してしまうようです。
NHKが「トリチウム”など”が含まれた処理水」などと報じていることがよく物語っていますが、これは、世界の原発で日常的に放出されている処理水とは「全く別物」の、未曽有の原発事故処理によって発生した「放射性物質汚染水」であることを前提にして考えていかないといけない問題であるはずなのですが…。

ほんとに、一体どこまで菅政権は狂っているのよっ!?
「海水で薄めてから海に放出する」って、これ以上意味のないほどの子供騙しのゴマカシって他にあるかしら!?

全くその通りだね。
そもそも、”風評被害”を極力まで抑えたうえで、日本や世界に向けて透明性を強調したいのであれば、言うまでもなく、トリチウム以外の放射性物質についても、「どんな成分や放射性物質がどれだけ含まれているのか?」を詳細に検査し、これを大々的に公表する方針をきちんと示すはずだ。
しかし、どうやら、トリチウム以外の放射性物質については検査をしないまま海洋放出する方針みたいだし、大手マスコミが「トリチウム”など”が含まれた処理水」(本当は、トリチウムやその他の複数の放射性物質が含まれている可能性がある「汚染水」と報じるべき)などと必死に矮小化しつつ、確たる根拠も示さずに「大丈夫だ」と強調するような報道をしている時点で、ボクたち国民は、この菅政権が海洋放出しようとしている”処理水”の「内情や実態」を察するべきだ。

全漁連の会長が「今でも絶対反対という考えは変わらない」と言ってるほかに、共産党の志位委員長やれいわの山本太郎氏も徹底的な批判と強い反対意思を示したけど、彼らの判断や言っていることは、この件についてはすべて正しいし、ボクも全く同じ考えだ。
このままでは、3日後の閣僚会議で完全に決定してしまう見通しだけど、今すぐに国民は最上級の危機感を持ち、一致団結して政府の暴挙を止めるべきだろう。

ほんとに、このままじゃ、いよいよ私たちの大切な海が様々な放射性物質でさらに汚染されては、あらゆる海産物において放射性物質の汚染が広がっていくことで、私たちの健康にも悪影響を及ぼす可能性が大きいわ…。

とにかく、トリチウム以外の放射性物質についても詳細な検査を行ない、嘘のないデータをしっかりと公表し、透明性や安全性を完全に確保した状況でない限り、絶対に海洋放出を許してはいけないのは間違いないでことしょう。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

日本のにゅーすカテゴリの最新記事