沖縄県知事選、玉城デニー氏が出馬を正式表明!野党共闘も整う!「生まれてくる子どもたち若者たちに、平和で真に豊かな誇りある沖縄、新時代を託せるよう」

Pocket

どんなにゅーす?

・2018年8月29日、翁長知事の急逝に伴う沖縄県知事選において、野党陣営から自由党幹事長の玉城デニー氏が出馬を正式に表明した。

・玉城氏は「生まれてくる子どもたち、明日を担う若者たちに、平和で真に豊かな誇りある沖縄、新時代を託せるよう、私、玉城デニーは全力疾走で頑張ります」と選挙に向けての意欲を語った。

野党共闘体制も整ったことで、自公(米軍利権優先)vs野党(反既得権)激しい選挙戦になることが予想される。

沖縄県知事選、玉城デニー氏が出馬を正式表明

翁長知事の死去に伴い、来月30日に実施される沖縄県知事選挙で、自由党の幹事長、玉城デニーさんが29日、出馬を正式に表明しました。

来月30日の沖縄県知事選挙に向け、先週、県政与党などから出馬要請を受けた自由党の幹事長、玉城デニーさんが29日、出馬を受諾しました。玉城さんはその後、会見を行い、知事選への出馬を正式に表明しました。

「このかけがえのない、島の未来を自分たちの手でつくり出していく。生まれてくる子どもたち、明日を担う若者たちに、平和で真に豊かな誇りある沖縄、新時代を託せるよう、私、玉城デニーは全力疾走で頑張ります」(自由党 玉城デニー氏)

玉城さんは「翁長知事の遺志を引き継ぎ、移設阻止を貫徹する立場である」と述べ、普天間基地の辺野古への移設阻止をはじめとする、翁長知事の政策を継承していくと強調しました。また、沖縄県が近く踏み切るとされる辺野古の埋め立て承認の「撤回」についても支持するとしています。

知事選には、自民・公明両党が推薦する前の宜野湾市長の佐喜眞淳さんが立候補を表明していて、事実上の一騎打ちになる見通しです。

【TBS News 2018.8.30.】

満を持して玉城デニー氏が出馬表明!野党共闘体制も整い、「長州カルト&日米安保マフィア&既得権」vs「沖縄一般県民」のガチンコ選挙に!

出典:TBS News

沖縄のみならず、日本全体の行方を大きく占う沖縄県知事選挙ですが、ついにかねてから名前が挙がっていた自由党の玉城デニー幹事長が出馬を正式に表明しました。
これで、沖縄県知事選は、「富裕層・既得権」「一般庶民」との真っ向からの戦いとなりますね!

ああ。現時点で玉城氏以上の適任はいないような状況だったし、野党共闘体制も比較的スムーズに整って本当に良かったね。
日刊ゲンダイなどの一部のメディアでは、玉城氏大勝との予想も出ているけど、安倍政権陣営は例によって、手段を選ばずに汚い手で相手陣営を貶める手口を全開にしてくる可能性が大なので、結果がどうなるかは全く分からないといえるだろう。

どうにかして、玉城氏が当選することを祈りたいところだけど、この1ヶ月は総裁選に加えて、沖縄にも全力で注目だね。

野党陣営は、ひとまず盤石のスタートを切ることが出来ましたが、勝負はこれからですねっ!
私も今後の沖縄の選挙戦を気をつけてウォッチしていこうと思います。

おススメ記事&広告

 
Pocket