■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

アベノマスク、今も「8千万枚以上110億円相当」が倉庫に眠っていたことが発覚!保管費用はすでにおよそ6億円に!磯崎官房副長官「当時の状況においては適切だったと認識している」

アベノマスク、今も「8千万枚以上110億円相当」が倉庫に眠っていたことが発覚!保管費用はすでにおよそ6億円に!磯崎官房副長官「当時の状況においては適切だったと認識している」
Pocket

どんなにゅーす?

・安倍政権時に「新型コロナ対策」として全国民に配布された「アベノマスク」について、現在も8千万枚以上・110億円相当が倉庫に保管されていることが判明した。

保管費用はすでに現時点でおよそ6億円に上っているうえに、今後もさらに費用がかさんでいく見通しだといい、配布された当時も(そのあまりに粗悪な品質から)誰も着用することがなかった上に、今も巨額の血税が投じ続けられているアベノマスクについて、国民から怒りの声が上がっている。

“アベノマスク”など8000万枚超 配布されず110億円相当が・・・

~省略~

政府が去年配布していた、いわゆる“アベノマスク”などの「布マスク」は、介護施設や保育所用として配られるものとあわせて、全国でおよそ2億6000万枚が配られる予定でした。しかし、厚生労働省によりますと、現時点でも8000万枚以上、110億円相当のマスクが配布されないまま倉庫に保管されていることがわかりました。

マスクの保管費用などについては、一律の配布を断念した去年夏以降、今年3月までだけでもおよそ6億円かかっていて、今年度分も合わせるとさらに増える見通しです。

磯崎官房副長官
「全世帯向けの必要な枚数、それと介護施設向けの必要な枚数、これを想定をして調達をしたということでございます。当時の状況におきましては適切であったというふうに認識をしてございます」

~省略~

【Yahoo!ニュース(TBSニュース) 2021.10.27.】

安倍政権時の「腐敗のシンボル」アベノマスク、今も巨額の血税を投じて大量保管!(甚大な損害を発生中)

ご覧のように、「安倍政権の集大成(腐敗のシンボル)」ともいえる「アベノマスク」が、今もなお国民に対して巨額の損害を発生させていたことが判明しました。

当時も日本国内のみならず海外メディアまでもが呆れ気味に報じた「アベノマスク」だけど、全く役に立たなかっただけじゃなく、今もなお(そしてこれからも)ここまで国民に甚大な損害を発生させているのだから、何としてもこれをこのまま放置するわけにいかないわっ!

アベノマスク問題を取り上げた当時は、「ゴミ・害虫・カビ・ホコリまみれ」の、まさに国民に害しかもたらさないアベノマスクについて「まさに安倍元総理そのもの」と評したけど、まさにその「安倍の亡霊」が、今もなお日本国民の首を容赦なく締め付け続けていた現実が露呈したわけだ。
(ちなみに、アベノマスクに投じられた血税は、福島瑞穂議員によると、およそ計500億円に上っているとのことだ。)

当時にも厳しく批判したけど、アベノマスクの最大の問題は、このような、誰が見ても明らかな「稀代のアホ政策」に対して政府内で反対する者が一人もいなかったという驚くべき実情だ。
簡単に言えば、「究極の反知性」である安倍元総理の暴走を止める「最低限の能力」を持った人物さえも日本政府内に全くいないという現状を示したといえるし、さらにぶっちゃければ、第二次安倍政権を通じて、この日本は「本物のアホの国」と化してしまったわけだ。

おまけに、マスクそのものの品質は言うまでもなく(国民に健康被害をもたらしかねないほどに)あまりにも粗悪だったけど、マスクの調達や製造過程においても不透明でおかしな部分が多すぎだし、あの例の「ユースビオの謎」もいまだにほとんどが解明されていないままだわ。

多くの国民はすでに忘れかかっていたかもしれないけど、このアベノマスク問題も「モリカケ桜河井」などと同様に徹底的な追及と真相究明を求めていかなければいけないし、そのためにも、今回の選挙で政権交代をすることが必要不可欠だ。

最低でも、野党の勢力を半分近くまで伸ばさないと日本が「アホの国」から脱却するのは永遠に不可能ですし、少なくとも、この「史上最悪の血税の無駄遣い」の最大の戦犯である安倍元総理を、今回の衆院選で何としても落選させる必要があるのではないでしょうか。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

日本のにゅーすカテゴリの最新記事