森友疑獄、近畿財務局を告発した豊中市議会議員らの告訴状を大阪地検が受理!ついに捜査機関が国側を調査へ!

Pocket

あおいちゃん普通ssaどんなにゅーす?

・2017年4月5日、豊中市の木村真市議や住民らが「背任」の疑いで提出していた近畿財務局に対する告訴状を大阪地検特捜部が受理したことが分かった。

・木村市議らは、財務省の近畿財務局を「国有地を不当に安く値引きをした上で学校法人森友学園に売却した」背任の疑いで告発しており、これによって、森友疑獄に関する国側の不正行為について検察が捜査を進めていくこととなった。

スポンサーリンク

近畿財務局が不当に安く国有地売却として背任で告発 検察受理

国は、去年、鑑定価格が9億5600万円だった大阪・豊中市の国有地を森友学園に1億3400万円で売却し、ゴミの撤去費用などとして、8億円余りを差し引いたとしています。

これについて、豊中市議会の木村真議員や住民などが、「交渉に当たった財務省近畿財務局が土地を不当に安く売って国に損害を与えた」として、容疑者を特定せず背任の疑いで告発していましたが、関係者によりますと、大阪地検特捜部は、5日、正式に受理したということです。今後、売却の経緯などの捜査を進めると見られます。

財務省は、これまでの国会の答弁などで、「国有地の売却価格は適正だと考えている」としています。森友学園をめぐっては、国の補助金を不正に受けた補助金適正化法違反の疑いがあるとする籠池前理事長に対する告発を大阪地検特捜部がすでに受理しているほか、大阪府と大阪市が、補助金の受給などで不正が確認されれば、捜査機関への告訴や告発を検討するとしています。

【NHK NEWS WEB 2017.4.5.】

スポンサーリンク

スポンサーリンク

権力の不正と戦い続けてきた木村市議らの告発を検察が受理!森友疑獄は今後どこに向かっていくのか?

こ、これは久々に結構いいニュースじゃないかしら!?

メディアがここまで伝える前からずっとこの問題と戦い続けてきた木村真市議らの告訴状を大阪地検が受理したってことは、ようやく公の捜査機関が、国側の不正行為の有無について捜査をしていくことになったってことよね!

個人的には、もっと検察が能動的に動いて政治家や官僚の不正を捜査していって欲しいところではあるんだけど…まあ、これで正式に検察が異常な国有地の割引を行なった財務省を捜査する運びになったということ自体は、結構いい知らせなんじゃないかな?

ただ、前にも少し書いたけど、この捜査が国民にとって有益なものになるか、そうでないのかは、まだちょっと分からない感じはするね。

基本的に日本の検察は、日本を海の向こうから操っているジャパンハンドラーの利益のために動く「下部組織」なので、特にネオコン軍産と非常に近しい自民党の清和会系政治家に対してはことごとく甘い対応を繰り返してきているし、その一方で、グローバリストにとって都合が悪い政治家に対しては、でっち上げを含めて数多く潰してきた経緯があるからね。

なので、現時点では(清和会系の)安倍政権を守るために検察が動いた可能性も捨てきれないし、ただ、森友疑獄そのものが「安倍政権を終了させる目的」で海の向こうの勢力(考えられるのはトランプ勢力か?)が仕掛けたものであるのなら、検察がその意向を受けて動き出したことも考えられるので、場合によっては、本当に安倍政権がこれで終了に向かっていく可能性もある

つまり、現時点では、そのどちらにも転がっていく可能性があるともいえ、この先がやや読めない展開であることは確かだ。

どうか、決定的な証拠を握りつぶした上で「不正の証拠は見つからなかった」なんていう結末にならないように祈っているよ。

そ、そっかぁ。
今の時点じゃあ、まだまだ素直に喜ぶのはちょっと早そうな感じもするわね。

どうか、検察が「本来あるべき役割」を果たして、きちんと真面目に捜査を進めてくれるのを祈るばかりだわ…。

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket