【存在感なし】今村氏の後に就任した吉野正芳復興相、”唯一の実績”が田中真紀子氏から受けた「平手打ちビンタ」!?

Pocket

どんなにゅーす?

・今村氏の暴言辞任を受けて新たに就任した吉野正芳復興相について、世間では「誰?」との声が相次いでいるという。

・地元いわき市の出身にもかかわらず、震災以降にもあまり目立った実績や活動が見当たらず唯一有名なエピソードが、福島5区から出馬した田中直紀氏を応援したものの、結局落選させてしまったことで妻の真紀子氏から「平手打ちビンタをもらった」ことだという。

スポンサーリンク

滞貨一掃人事で吉野氏に 安倍官邸またも復興相ポスト軽視

吉野氏は2000年に福島5区で初当選して以来、当選6回のベテラン。細田派所属でもともとの親分は森元首相。05年に小泉内閣で文科政務官、08年に福田内閣で環境副大臣に起用された。驚くのは、18年も国会議員をやっているのに、実績らしい実績が見当たらないことだ。地元・いわき市でも影が薄い。

■唯一のエピソードは「真紀子からビンタ」

「吉野さんはここらじゃ有名な大きな木材店のお坊ちゃま。裕福な育ちのためか、良く言えばおっとりしていてケレン味がない。悪く言えば人をまとめるリーダーシップがない。政治家には不向きのタイプかもしれません。3・11の時も吉野さんが率先して、被災地のために動いてくれた記憶がありません。国会議員になる前は福島県議をしていて、1996年に福島5区から出馬した田中直紀さんの選挙を応援した。結果は落選。怒り狂った妻の田中真紀子さんが吉野さんにビンタをしたという話が、今でも語り草となっています。直紀さんが選挙区を新潟に替えた後、福島5区の地盤を受け継いだ形です」(いわき市民)

【日刊ゲンダイ 2017.4.27.】

出典:ウィキペディア
スポンサーリンク

スポンサーリンク

「パンツ高木」→「暴言今村」の次は、「真紀子からビンタ」の吉野氏!無能・問題児の”掃き溜め”と化している復興相人事から見える安倍政権の「本質」

今でも余波が続いている今村氏の「暴言辞任」に続いて吉野氏が就任しましたが、なんとも悲しいことにこの方を知る人が圧倒的に少ない状況です。

安倍政権が新しい復興相人事について、熟考した様子も、真に真面目に被災地復興を進めるために選んだ様子も全く見られなかったし、単に「地元いわき市の出身」という肩書きだけで即・決定させたのが実情だったのではないかな。

実際、吉野氏は2000年に福島5区から当選して以来、17年の政治キャリアを持つにもかかわらず、目立った実績はほとんどゼロ
おまけに2012年の衆院選挙では、同じ選挙区の坂本剛二議員との公認争いに敗れたことで、急遽、比例中国ブロックに国替え
結局一度も中国地方で選挙活動も行なわずに、比例でそのまま当選という、何ともセコイ裏技を駆使した過去もあるらしい(ウィキペディア)。

そして、日刊ゲンダイによると、地元でも存在感を今一つ発揮していない上に、唯一のエピソードが「真紀子氏からビンタ」とは…こりゃ、なかなか先が思いやられるね。

どちらにしても、パンツ泥棒の疑惑がある高木氏といい、東電株を大量に持つ今村氏といい、安倍政権は復興相のポジションをかなり軽視していることは間違いなさそうです。

まったくだ。
この度、「被災地の復興」というかなりの重責を突然担うことになったけど、くれぐれも吉野氏には国民から怒りのビンタをもらわないように、しっかりと仕事にまい進して欲しいものだね。

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket