【マズイかも】読売の世論調査、衆院比例投票先について「希望失速&立憲民主と分散」と報道!一方自民は32%で高止まり!

Pocket

どんなにゅーす?

・10月7日・8日に行なわれた読売新聞の世論調査において、小池都知事の希望の党が大きく失速し、立憲民主と支持が割れている情勢が報じられた。

・その一方、比例の投票先として、自民党が32%と前回と変わらない水準を維持しており、安倍政権の勝利を示唆するデータが示された。

スポンサーリンク

自民32%、希望13%…衆院比例選の投票先

読売新聞社は7~8日、全国世論調査を実施した。

衆院比例選の投票先は、自民党32%がトップで、衆院解散直後調査(9月28~29日)の34%からほぼ横ばいだった。希望の党は13%(前回19%)に下がり、立憲民主党が7%で続いた。

このほかの投票先は、公明党5%(前回6%)、共産党4%(同5%)、日本維新の会3%(同2%)などの順で、「決めていない」は27%(同25%)。

安倍内閣の支持率は41%(前回43%)でほぼ横ばい。不支持率は46%(同46%)だった。

今回衆院選で、自民党と公明党の与党が過半数の議席を「維持する方がよい」は44%で、「そうは思わない」の42%と意見が割れた。衆院選後の望ましい政権は「自民党中心で一部の野党が協力する政権」54%が最も多く、「今の野党が中心の政権」20%、「自民党中心の政権」16%となった。

東京都の小池百合子知事が代表を務める希望の党に「期待する」は36%で、「期待しない」の58%を下回った。全体の4割近くを占める無党派層では「期待する」43%、「期待しない」50%。都内有権者では「期待する」が25%だった。

民進党の前代表代行の枝野幸男氏らが結成した立憲民主党に「期待する」は、全体の28%で、「期待しない」が64%に上った。

【読売新聞 2017.10.9.】

スポンサーリンク

スポンサーリンク

CIA読売新聞が「自民党の勝利」を示唆するような記事を発信!やはり「小池勝利」のシナリオから「安倍政権勝利」のシナリオにシフトし出した可能性

CIAの筆頭下請け機関読売新聞さんがこんな世論調査を公表したわ。
この情報を見る限り、「消費期限切れ寸前の安倍政権から小池さんに権力を委譲するシナリオ」は急遽引っ込められて、「小池さんを利用して野党間で票割れ→安倍政権勝利のシナリオ」にシフトし出したと見るのがいいのかしら?

枝野氏の立憲民主の出現について、ネット上だけでなく、ボクの身の周りでも期待する声が結構出ている感じだけど、やはりこうした肌感覚とは離れたかなり低い数字が出てきたね。
自民党に投票する声が相変わらず高い水準にある一方で、政権支持率を見ると、依然不支持の数字が支持を5%ほど上回っている状況で、個人的には、「かつてない低投票率を演出→場合によっては不正選挙を強行し、自民党勝利」嫌なシナリオが展開される予感が若干頭をよぎってきているよ。

少なくともそれを予感させるようなこの読売の記事だし、(小沢氏が介入した)「野党大共闘計画」小池&前原ラインが(上からの命令で)潰して以降小池氏の(グローバリストから課せられた)役回りが大きく変わってきた印象があるね。

不正選挙については以前にうちのサイトでも話題にしたことがあるけど、欧米では近年これらについての関心が高まってきているものの、日本ではまだまだこうした概念を全く持ち合わせていない人が大多数よね。

私も思うけど、「不正選挙なんかこの世にあるはずがない」って信じ込んでいること自体が、「どうぞ不正選挙をどんどんやってください」って言ってるようなものね。

例えば、70%くらいの国民「国連の選挙監視団に日本の選挙をチェックしてもらうべきだ」やら「どうやっても不正が出来ない選挙システムを作るべき」みたいな不正選挙を強く警戒する世論が高まれば、それこそ安易に不正選挙を行ないづらい状況を作り出すことに繋がるだろう。

しかし、何の疑いもなく、海の向こうの軍産複合体やグローバリスト(国際銀行家)に徹底支配されているこの国の選挙結果を鵜呑みにし、されるがままに受け入れている限り連中による様々な裏工作や不正はますますエスカレートするばかりなのではないかな。

とにかく、権力に支配される側の一般庶民は、「権力は絶えず腐敗に向かい、ボクたちを欺くもの」との大前提を持った上で、常に様々なことに疑いを持ち、その裏側や内部を想像し、その感性をより研ぎ澄ませていかない限り国民が真に望んでいるような「心身ともに豊かで自由度や幸福度の高い社会」はそう成し得るものではないということだ。

安倍政権に対する不信感や批判はここまで数字としても現れてきているのに、それでも安倍政権が大勝利の結果になったのだとしたらこの国の根幹に「根本的な欠陥や不正」があることを強く疑った方がいいのは確かだわ。

あそこまで騒がれていた小池さんは結局衆院選に出馬しないとの見方が強まってきているし、この急激な希望の党の失速と情勢の変化は、外的な力が大きくかかったことでシナリオが大きく転換されたことを疑った方が良さそうね。

やはり、(前から推測してきたように)当初進んでいたシナリオに小沢氏が(便乗し)絡んできたのを海の向こうが強く嫌がったのかもしれないね。
今後も色々な工作が展開されることで、立憲民主や共産を中心にした反グローバリズム勢力の勝利が妨害される可能性があるので、慎重に情勢をウォッチしていくこととしよう。

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket