【アカン】不倫報道の民進・山尾志桜里議員が議員辞職を検討していることが判明!幹部内でも切り捨てを求める声も

Pocket

どんなにゅーす?

・週刊文春にW不倫スキャンダルを報じられた民進党の山尾志桜里議員が、議員辞職することを関係者に伝えていることが判明した。

・民進幹部は新たな補選を避けるために、何とか離党でとどめようとしている動きと、辞職を勧告している幹部もいるとの情報もあり、党内で意見が割れているとの情報も出ている。

・いずれにしても、本人は文春の報道に憔悴しきっており、すでに進退の判断を前原代表に預けたとの情報も出ている状況。

スポンサーリンク

山尾氏が議員辞職を検討 週刊誌“禁断愛”報道受け

民進党の山尾志桜里衆議院議員が週刊誌報道を受けて、議員辞職を検討していることが分かりました。

(政治部・延増惇記者報告)
山尾氏は今回の事態を受けて相当、憔悴(しょうすい)していて、関係者に議員辞職を検討していることを伝えました。
民進党・前原代表:「本人からも話を聞きたいと思っているので、また後ほどということにさせて頂きたい」
前原代表は直接のコメントは避けましたが、議員辞職になると、来月に行われる衆議院の補欠選挙がさらに1つ増えて4つになってしまうことから、執行部は何とか離党にとどめさせたい考えです。党内では「まずは山尾氏本人が記者会見などをして説明するべきだ」という声が高まっています。ある党幹部は「どういう結論になっても自業自得だ」と突き放していて、時間をかけずに決着させたい考えです。

【テレ朝news 2017.9.7.】

民進、山尾志桜里氏に辞職促す 前原氏は聴取の意向

既婚男性との交際疑惑を週刊文春に報じられた民進党の山尾志桜里元政調会長(43)が同党関係者から議員辞職を促され、対応を検討していることが分かった。民進党筋が7日明らかにした。前原誠司代表は「本人から話を聴きたい」と東京都内で記者団に表明。党本部で大島敦幹事長と協議した。山尾氏も既婚で子どもがいる。

党内では前原氏の国政選挙の初陣となる10月の衆院3補欠選挙への影響を避けるため、議員辞職のほか、離党など厳しい対応が避けられないとの見方が広がっている。

~省略~

同党筋によると、山尾氏は複数の関係者から議員辞職を促され、憔悴(しょうすい)しきった状態とされる。中堅議員は「少なくとも7日に説明の記者会見を開くべきだ」と指摘した。

【日刊スポーツ 2017.9.7.】

スポンサーリンク

民進党の山尾しおり議員のW不倫報道ですが、ついに本人の議員辞職の可能性まで出てきてしまいました
報道が錯綜しており、本当のところが分かりづらいですが、本人が憔悴しきってしまっており、すでに議員辞職を念頭に置いた上でその進退を前原代表に預けたと見るのが良さそうです。

前の記事でも書いたように、山尾氏のことは、個人的に議員の資質に疑問符を感じてしまっていたところだったけど、もしこれで本人が議員辞職を本気で検討してしまっているのだとしたら、「やはり…」というほかないね。

確かに、不倫というのは道徳上良くない行為だし、とりわけ日本ではこうした風紀の乱れを厳しく咎める風潮があるのも事実だ。
しかしその一方で、日常生活のストレスや夫婦生活のしがらみから解放され、一時のスリルや快感を求めてしまうことで、一般社会では、多くの既婚男女が不倫に嵌まり込んでしまっているのも事実であり、それ自体は政治家としての仕事とは別次元の問題だ。

もし山尾氏が政治家としての仕事に誇りや強い意欲を持っているのだとしたら、今回の件をしっかりと国民に説明をし、不倫が事実であれば潔くそれを認め、国民に向けて深い反省と再出発の意思を示した上で、今まで以上に政治家の仕事に全力を燃やした上で、その審判を選挙を通じて国民に委ねるべきなんじゃないかな。

確かに政治家としての仕事は、思っている以上にストレスが溜まるものだと思うし、山尾氏が日頃のしがらみから解放されるために、ついこうした行為に走ってしまったことは、一部で理解できなくもない
しかし、たったこれしきのことで、「議員を辞めたい」ということになってしまうのであれば、「山尾氏にとっての政治家としての仕事はその程度のものだったのか?」と思ってしまうし、日本再建の鍵を握っている貴重な野党議員がこのようなことになってしまって、彼女以上に国民にとって大きなマイナスになってしまう気がしてならないよ。

やはり、国民の代表として選挙で選ばれた政治家には、何よりも強靱な精神力が求められますし、もしこれで議員としての意欲も全て失ってしまったのなら、精神的にも少し弱いとしか言いようがないですね…。

自民党の政治家は本当に救いようがないほどに質が悪いけど、唯一見上げた点があるとすれば、「神経だけは相当に太い」ということだ。
山尾議員も少しこうした自民党議員の神経の太さを見習った方がいいと思うし、今回はとても厳しいコメントになってしまったけど、そのキャリアやキャラクターはとても優れているだけに、彼女の政治家としての再起に期待をしておこうと思うよ。

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket