【駄々っ子】民進山井氏が自民竹下氏に臨時国会の開催を断られた理由がコレ!→「安倍総理が加計を追及されるのを嫌がってるから」

Pocket

どんなにゅーす?

・2017年6月27日、民進党の山井国対委員長が、自民党の竹下国対委員長に臨時国会や衆院予算委員会などの閉会中審査の開催を要求したところ、これを拒否された。

・自民・竹下氏は、臨時国会などを開催できない理由について「安倍総理が加計学園問題を追及されるのを嫌がっているから」だと述べた。

スポンサーリンク

自民「首相は加計追及嫌がる」
臨時国会開催を拒否

民進党の山井和則国対委員長は27日、自民党の竹下亘国対委員長と国会内で会談し、加計学園(岡山市)の獣医学部新設を巡る疑惑を解明するため、臨時国会と衆院予算委員会などの閉会中審査を早急に開催するよう重ねて要求した。竹下氏は「安倍晋三首相は加計問題について追及されることを嫌がっている」と述べ、拒否した。会談後、山井氏が明らかにした。

山井氏は会談で、首相が獣医学部新設の「全国展開」を打ち出したことに関し、国会で説明するよう求めた。竹下氏は東京都議選への影響についても懸念を示した。

【共同通信 2017.6.27.】

スポンサーリンク

先日の記者会見での安倍総理の発言「国民に真摯に説明責任を果たす」→現在の安倍総理「加計を追及されるから臨時国会開催は絶対に嫌だ~い!!」

↓口から大噓を放っていた先日の記者会見での安倍総理。

出典:Twitter(@T_oogami)

この前の記者会見では「真摯に説明責任を果たしていく」なんて、白々しく言っていたけど、ほ~らやっぱり!
詳しく説明するどころか、全力で臨時国会開催を拒絶して、そのまま全て隠蔽する気満々じゃないのよぉ!!

総理が嫌がっているくらいに真っ黒な案件だからこそ、ますます何としても臨時国会を開く必要があるというのに、一体どこまでこの総理は言ってることとやってることが真逆の大嘘つきで、呆れるほどの幼児性を伴っているのだ
まさしく、「嫌だ嫌だ~!」などと駄々をこねている子どもと同じだし、こんな人間が日本の総理を長期に渡って務めているだけでなく、国の根幹である憲法まで破壊しつくそうとしているんだから、全く末恐ろしいことだ。

そもそも「総理が嫌がっているから」なんていう理由で国会開催を拒否するなんて、こんなメチャクチャなことがまかり通るのぉ!?
すでに安倍総理の気分一つで何でもかんでもが決まってしまうような、法律も何も存在しない「無法状態」じゃないのよぉ!!

今までは「広域的に1校に限って開学することができる」と言っていたものの、一夜にして「今後は全国にどんどん獣医学部を作っていく」に変わっちゃったり、もはや安倍総理の思考回路は論理も理屈も何も存在しない状態で、安倍総理のその時のご機嫌次第で何でもかんでも決まってしまう世界になってしまってきているね。

支持率40%でも異常に高い状態で、もはや支持率一桁にまで持っていくくらいの危機感が必要だし、すでに安倍総理本人は、世間の批判に耐え切れずに完全に発狂状態になっているので、一刻も早くに楽になってもらえるように、ボクたちの手で早急にこの「末期状態」の政権に終止符を打たせることが必要だね。

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket