【文春】山本幸三大臣が公募と決定が行なわれる2ヶ月前に「今治に加計学園が新設される」ことを発言!当時の議事録を入手!

Pocket

どんなにゅーす?

・週刊文春が、2016年11月17日に日本獣医師会本部で行なわれた議事録を入手し、その場で山本幸三特命担当大臣が「今治市に加計学園獣医学部が新設される」との内容を日本獣医師会に伝えていたことが判明した。

・公募と決定が行なわれたのは2017年1月だったため、これが事実であれば、これより2ヶ月前にすでに加計学園の獣医学部新設が決まっていたことを示す証拠となる。

・日本獣医師会の北村直人会長は、この議事録が本物であることを認めた上で、「驚いた。反対意見を申し上げた記憶がある」とこの当時の政府決定に衝撃を受けたことを語っている。

スポンサーリンク

「加計に決めた」政府決定2カ月前に山本大臣発言 議事録を入手

獣医師会の議事録によると、2016年11月17日、山本大臣は、日本獣医師会本部を訪問し、会長ら役員に次の通り述べている。

〈獣医師が不足している地域に限って獣医学部を新設することになった〉

〈四国は、感染症に係る水際対策ができていなかったので、新設することになった〉

四国では、加計学園が愛媛県今治市で獣医学部新設を目指しており、加計学園に決まったことを獣医師会に通告した形だ。

この日は、獣医学部の新設をどの学校法人が担うかを政府が決定する2カ月前だったが、この議事録により、「加計ありき」で進んでいたことが裏付けられた。

さらに、山本大臣は、

〈今治市が土地で36億円のほか積立金から50億円、愛媛県が25億円を負担し、残りは加計学園の負担となった〉

と、「加計学園」と明言して事業費の負担額を詳細に説明し、加計学園に決めた理由を語っていた。

加計学園、山本大臣はともに、小誌の事実確認に応じなかった。一方、山本大臣との会合に同席した獣医師会の北村直人日本獣医師政治連盟委員長を直撃すると、「詳細に自治体の負担額をあげて、『加計に決まった』と言われたので、驚きました。反対意見を申し上げた記憶があります」と答え、小誌記者が議事録を見せると、本物であることを認めた。

【文春オンライン 2017.7.19.】

スポンサーリンク

 

週刊文春が、加計学園が公募で選ばれる2ヶ月も前に、山本大臣が「今治に加計学園を新設することになった」ことを日本獣医師会に伝えていたことが判明したのね。

すでに、2017年1月の公募で加計が決まる3ヶ月くらい前から、現地でボーリング調査などが始まっていたことが分かっており、この時点で「加計ありき」なのはすでに歴然だったんだけど、それをさらに補足する報道が出てきたという感じだね。

ちなみに、ネット上では、まるで打ち合わせでもしたかのように工作員が一斉に出動しており、「この時点で加計学園1校しか名乗り出ていないので、この山本大臣の発言は何の問題もない!」などと主張しつつ、文春を一生懸命に叩きまくっているけど…事の本質は、「公募が行なわれる前にすでに水面下でこうした決定がされていた」ことと、前川氏が日頃から言っているように「必要条件を全く満たしていないのに、あらゆる行政プロセスを完全に歪めて加計学園に決まってしまった」ことが何よりの問題なんだからね。

まあ、今回の報道はそこまで破壊力のある爆弾ではない感じだけど、この件についても、来る集中審議で強く追及していく必要がありそうだね。

新聞・テレビはまだまだ全然甘すぎだけど、記者クラブに入ってない週刊誌は特に最近精力的に頑張っているわね
この調子で今後もどんどん頑張ってもらって、加計疑獄の真相究明に全力を尽くしてもらいたいものだわ!

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket