【今になって報道】山本幸三地方創生相による「知人のインサイダー調査圧力疑惑」が毎日新聞他全国紙で報じられる!

Pocket

どんなにゅーす?

山本幸三地方創生相が、2012年に、知人のインサイダー取引疑惑について公正取引委員会が調査に動いたことに対し、委員会幹部を呼び出し、「違法な調査だ」などと捜査に圧力をかけていた疑惑毎日新聞や産経新聞など、全国各紙で報じられた。

スポンサーリンク

山本創生相
監視委幹部呼び出し「違法調査だ」 12年に

知人のインサイダー取引事件に関して発言
山本幸三地方創生担当相が2012年5月ごろ、証券取引等監視委員会の幹部を議員会館に呼び出し、知人のインサイダー取引事件に関して「人権を軽視した違法な調査だ」などと発言していたことが9日、関係者への取材で分かった。調査への圧力とも取られかねず、詳しい説明を求められるのは必至だ。山本氏は共同通信の取材に「(そういう事実は)ありません」と否定した。

山本氏を巡っては、12年3月に監視委の調査を批判する国会質問をしていたことが既に判明している。

山本氏は12年3月5日の衆院予算委員会の分科会で、知人の証券会社元執行役員(55)が監視委の強制調査を受けたと明らかにし、調査が長期化していることなどを理由に「大問題だと思っている」などと批判した。

関係者によると、山本氏は12年5月ごろ、監視委で調査を担当していた部署の幹部を議員会館の事務所に呼び出した。その場で元役員への任意聴取の回数が多く、拘束時間も長いなどとして「人権を軽視した違法な調査だ」と話し、早期に結論を出すよう求めたという。当時の調査状況を知る監視委関係者は「調査は通常の範囲内で、適正だった」と話している。

【毎日新聞 2017.7.10.】

山本幸三地方創生相、知人のインサイダー事件で調査に圧力か 監視委幹部を呼び出し「違法な調査だ」

山本幸三地方創生担当相が平成24年5月ごろ、証券取引等監視委員会の幹部を議員会館に呼び出し、知人のインサイダー取引事件に関して「人権を軽視した違法な調査だ」などと発言していたことが9日、関係者への取材で分かった。山本氏は共同通信の取材に「(そういう事実は)ありません」と否定した。

【産経新聞 2017.7.10.】

スポンサーリンク

なんと、山本幸三議員のインサイダー捜査圧力疑惑について、今頃になって毎日新聞などがスクープとして報じています。
上記の毎日や産経の記事では、「関係者への取材で分かった」と伝えていますが、これって、確か、うちのサイトでもだいぶ前に紹介した話ですよね。

確認してみたところ、山本幸三氏の件の疑惑は1年近く前の2016年8月の下記の記事で詳しく紹介させてもらっていた。(したがって、この疑惑に関する詳しい内容とそれに付随した別の疑惑についても下記を参照してもらえたらと思う。)

山本幸三地方創生相、5千万円の資金提供を受けた人物の強制捜査に圧力!さらなる疑惑情報も!

これは当時の週刊文春で報道されたもので、この当時も、「これはかなりアウトな案件のはずなのに、なぜメディアがこれを後追いせずに一切報道しないのだろう…」と強い不満と不信感を持っていたものだ。

それが今、あの産経新聞ですらも報道している様子を見ても、かつての安倍政権によるメディア統制が相当崩れてきており、安倍政権の不祥事をある程度自由伝えられる環境になりつつあるようですね。(むしろ、安倍政権を批判的に報じる方向に動き始めているようにさえ見えてきます。)

この件について、テレビを含む大手メディアが続々詳しく報道する動きが見られれば、すでに完全に風向きは変わったと考えていいだろう。

そもそも、森友疑獄も加計疑獄も、以前から水面下でずっと続いていてきた大きな疑獄だったのもかかわらず、つい近頃になってから急に続々と報じられるようになってきたものだ。

こういうのを見ても、やはり巨大資本と繋がる大手のマスコミが中心になって、国民を誘導・扇動することで政局や日本をコントロールしている実態が透けて見えてくるし、今回の山本氏のスクープの一件も、色々な内側の動きを考えたくなってしまうような話だね。

まあ、今更といえども、せっかくこれが全国紙でスクープされたのだから、野党やメディアはしっかりとこれを追及し、真相究明に全力を尽くしてほしいものだ。

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket