レイプ&揉み消しの山口敬之氏の素行がTBSドラマ「毒島ゆり子のせきらら日記」のモチーフに!くすぶる局内不倫&戸籍謄本偽造疑惑!

Pocket

どんなにゅーす?

20代のジャーナリストの女性に強姦し、逮捕が揉み消された疑惑が持ち上がっている「安倍総理の代弁者」山口敬之氏について、彼のTBS在籍当時の素行が、当時山口氏と交際していたとされる女性プロデューサーによってTBSドラマのモチーフにされていたことが分かった。

・問題のドラマは「毒島ゆり子のせきらら日記」で、下衆な男性記者が主人公の女性記者を騙し、重婚しようとするシーンなどがあったことから、以前から一部で伝えられていた山口氏によるTBS局内不倫と、不倫相手への2度の妊娠、戸籍謄本偽造疑惑などがモチーフになったと思われる。

スポンサーリンク

ジャーナリスト山口氏の女性関係 TBSドラマのモチーフだった

準強姦(ごうかん)容疑で被害届を出され不起訴処分となり、検察審査会に申し立てをされているジャーナリスト山口敬之氏(51)のTBS政治部時代の“女性関係”が、昨年話題になったTBSドラマ「毒島ゆり子のせきらら日記」の題材の一つになっていたことが30日、分かった。劇中では、敏腕ゲス記者による不倫相手との重婚未遂などが描かれていた。この日、TBS関係者はスポニチ本紙の直撃に「何もお答えできません」などと繰り返すのみで、否定しなかった。

ドラマでは、大手紙政治部の新人記者毒島ゆり子(前田敦子)とライバル紙の敏腕記者小津翔太(新井浩文)のドロ沼恋愛劇が描かれた。小津は既婚者でありながら、ゆり子をだまして重婚しようとする場面も登場。視聴者から「ただのクズ」と非難されるなど、ゲス男として圧倒的な存在感を放っていた。同作は優秀な脚本作家に贈られる「第35回向田邦子賞」の受賞作に選ばれた。関係者によると、ドラマを手掛けた女性プロデューサーの企画の参考になったのが山口氏との“関係”だったというのだから驚きだ。

ドラマ関係者は「女性プロデューサーはTBS政治部時代に当時先輩で既婚者だった山口氏と交際していたと聞いています。その時に大変な経験をしたことがドラマに表れているのではないか」と指摘する。別の関係者も「実体験をモチーフにしてアイデアを膨らませたと言われています」と明かした。

【Yahoo!ニュース(スポニチアネックス) 2017.5.31.】

スポンサーリンク

スポンサーリンク

以前からくぶっていた「TBS局内不倫&2度の妊娠&戸籍謄本偽造疑惑」を補強する報道が

あ!この話って、以前にうちのサイトが取り上げた山口敬之の別の重大疑惑に関しての話よねっ!

この件は、少し前にサイゾー系のTOCANAが先行して報じており、これをうちでも取り上げさせてもらったんだけど、ようやくそれを補強するような報道がスポニチでなされたね
ちなみに、この件について具体的に書かれていたのが、↓下記のTOCANAの記事だ。

安倍政権御用達・鬼畜レイパー山口敬之記者が「乳首から血が滲むほどのレイプ&揉み消し」疑惑!暴露された“もう1つのヤバすぎる不倫”とは?

さて、新潮の記事では最後に「被害女性の主張がふんぞり返った権力を揺らすだろうか」と結んでいるが、ここでもうひとつ、トカナ編集部が仕入れた重要な情報を付け足しておこう。編集部は、山口氏の逮捕揉み消しについては昨年から情報をキャッチしていたのだが、そこには新潮に書かれていない驚くべき“別の女性との追加不倫情報”があったのだ。以下、事情通の話である。

「山口氏は、レイプ事件のほかにも局内で問題行動を起こしており、それも原因のひとつとしてTBSを退社したといわれています。それは、TBS局員Aさんとの不倫です。しかも、山口氏は離婚を偽装し、独身を装ってAさんに接近。これを信じたAさんは山口氏とK市で同棲し、事実婚状態となっていました。戸籍謄本まで偽造して信じ込ませたという噂もありますから、タチが悪い」(事情通)

「その間にAさんは二度も妊娠した可能性があるといわれています。しかし、後に山口氏がいまだ現在の妻との婚姻関係を続けていることを知り、別れるに至ったとか。昼ドラを凌ぐ泥沼不倫を経て退社したというわけです」(同)

「裏切られたAさんの怒りは凄まじかったと聞いています。彼女のその怒りがどこへ向かったかというと、なんとTBSドラマ。そのドラマの内容がAさんの恋愛そのものであることに気づいた当時のスタッフは、山口氏及び上層部からお咎めはないかとヒヤヒヤしていたそうですよ。なにせ公共の電波を使ってリベンジポルノをしているようなものですからね…。とはいえ、山口氏の撒いた種ですし『もっとやってやれ』と思っていたスタッフは多かったんじゃないですか」(同)

【TOCANA 2017.5.10.】

この記事を紹介した際には、まだ後追いするメディアがなく、事の真偽がイマイチはっきりしなかったんだけど…今回の記事で「毒島ゆり子のせきらら日記」という具体的なドラマ名まで出てきたので、この話の信憑性が高まってきた感じだね。

もしこの件についても全てが本当だとしたら有り得ないくらいにとんでもない話であり、山口敬之氏というのは、まさしく自らの性欲を日頃から抑えきれず、気に入った女性を手段を選ばずに、かたっぱしから避妊具をつけずに性行為しまくる男ということになるね。
(まあ「リベンジポルノ」という指摘もあるけど、この女性側の激しい怒りは理解できるよ。)

ほんとにとんでもないくらいのどスケベ&ヘンタイの輩だわ!!
もう~、出会い系バーでも一切女性に手を出さずに、人生相談や女性の自立を応援する活動をしていた前川さんの爪の垢を煎じて飲ませたいくらいよぉ!

ほんとに、安倍総理や昭恵夫人の友達は、犯罪者まがいのとんでもない人間ばかりだね。
まさに「類は友を呼ぶ」のことわざそのものだし、だからこそ、あそこまで理性的で人間が出来ている前川さんのことが大嫌いだったんだろうね。

山口氏に関するこれらの数々の疑惑については、今後も注意深くウォッチしていくつもりなので、何か続報があればまたお伝えしていこうと思うよ。

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket