【共感】ウーマン村本大輔が快心のツイートを連発!「頭の中がお花畑って言うやつ。お花畑にしようぜ。世の中を。」「左翼・右翼に分けるな」

Pocket

どんなにゅーす?

強い反戦への思いを表明した、ウーマンラッシュアワーの村本大輔氏による、「快進撃」ともいえる数々のツイートが話題になっている。

・ウーマン村本氏は「頭の中がお花畑って言うやつ。お花畑にしようぜ。世の中を。頭の中が荒地のやつは世界を荒地にしかできない。」「ダルマさんが転んだと同じで政治見とかないと気付いたら戦争が後ろにいる。」などと、権力を盲信せず、国民が監視する大切さと平和を希求する必要性を訴え、「左翼・右翼に分けるな、クソ野郎。カテゴリーをファッション的に作るな。」と、権力側が国民同士の分断のために蔓延させてきた「洗脳や幻想」について警鐘を鳴らしている。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ウーマン村本氏が、ネット工作員からの数々の中傷にももろともせず、松本人志氏らと真逆の国民目線の反戦・平和希求のツイートを連発!

出典:Twitter(@WRHMURAMOTO)

この前管理人さんが取り上げてくれた、ウーマン村本さんの快進撃が止まらないわねっ!
すでに大量に誹謗中傷のメッセージが届いている中で、ここまで一切ぶれずに国民の弱者目線に立った上での自分自身の主張を貫くなんて…本当に凄いと思うわっ!

確かに、すでに彼の元には様々な圧力や嫌がらせが多く届いていると思われるけど、それでも、「反権力」の視点の元で言いたいことをしっかりと言い続けるなんて、本当に素晴らしい

数々のツイートの中でも、彼は「右翼左翼に分けるな」と強く怒っているけど、一体どうして、日本国民はここまで「右翼やら左翼やら」に病的なまでこだわってしまうのか、ボクも全く理解できないね。
本来の「右翼左翼」の意味とも全く違った意味合いで多くの人が使ってしまっている上に、ここまで人によってバラバラなイメージを持っている言葉というのは他にはないだろう。

とにかく、この言葉は多くの間違いを生み出す元となっている上に、正しい意味を多くの人々に周知させることも困難なので、ボクも彼の言うように今後「右翼左翼」という言葉は極力使わない方がいいかと思うよ。

ほんとに、安倍工作員の連中によれば、「安倍政権に反対するのはみんな左翼」になっちゃってるし、完全にメチャクチャな使い方をされていることは私でも分かるわっ!

こうした錯誤と国民間の分断を避けるためにも、「グローバリズム(外向き・国際資本家優遇)」対「反グローバリズム(内向き・国民優遇)」で捉えたり、「国民のための政治をやろうとしているかどうか」という点で捉えると、かなり分かりやすくなるものの、何故か人々は、大きな混同と錯誤を招いてしまう「右翼左翼」の幻想に入り込みたがってしまう
こうした思考に自らはまり込んでしまう時点で、多くの国民は深い洗脳に掛かってしまっているし、やはり村本氏はこうした「罠」をしっかりと見極めているね。

いずれにしても、国民のための政治を行うはずの政治家が「国際銀行家勢力」や、戦争ビジネスをやっている「軍産複合体」の方をひたすら向いている限り、戦争も国民の貧困化もなくならないし、まずは、こうした巨大資本がボクたち庶民に多く仕掛けている、数々の騙しや洗脳から脱していく必要がある。

まさにこうした巨大資本や戦争屋の走狗である安倍政権に対して、国民が団結して強く反対していかない限りは、国民の生活が豊かになることはあり得ないし、ここまで世の中が多くの騙しや危険な洗脳に溢れている中で、これらに強い疑問を投げかけているウーマン村本氏の今後のさらなる活躍に期待したいところだね。

私もすっかり村本さんのファンになったし、今後もこの勢いでぶれずに自身の主張を貫いてほしいわね
これからも全力で村本さんを応援していこうと思うわっ!

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket