【予想通り】東京&福岡の衆院補欠選挙、自民系の若狭勝氏&鳩山二郎氏が当選!小池旋風の強さを改めて印象付ける


どちらも大方の予想通りの結果に…新潟知事選で起こった野党への風は全く吹かず

スポンサーリンク

東京10区補選 自民・若狭氏が当選確実

与野党が対決する構図となった衆議院東京10区の補欠選挙は23日に投票が行われ、自民党の前の議員で公明党が推薦する若狭勝氏が、民進党の新人らを抑えて、2回目の当選を確実にしました。

【NHK NEWS WEB 2016.10.23.】

福岡6区補選 鳩山氏が当選確実 自民が追加公認

衆議院福岡6区の補欠選挙は23日に投票が行われ、新人で元大川市長の鳩山二郎氏が、ほかの3人の新人を抑え、初めての当選を確実にしました。自民党は23日夜、鳩山氏を追加公認しました。

【NHK NEWS WEB 2016.10.23.】

管理人2016年に10月23日に行なわれた東京10区と福岡6区の衆院補欠選挙は、ともに自民党系の若狭勝氏と鳩山二郎氏が当選確実となった。

この両者はともに小池百合子知事に近い議員で、どちらも小池氏が応援に駆けつけており、特に福岡の場合は、麻生副総理兼財務大臣らが支援した蔵内謙氏との事実上の自民系分裂選挙になったけど、元々自民系が強い地盤もあって、野党共闘も不調に終わった感じだ。

あらかじめ予想されていたとはいえ、やはり小池百合子氏の勢力の強さを強烈に印象付ける選挙結果だったといえるだろう。

スポンサーリンク

東京10区は、共産党が候補者を見送ったものの、連合の応援引き上げにより民進党が迷走、あえなく惨敗という結果に

りのちゃん真面目ssaどちらの選挙も、小池百合子知事の強さを見せ付けた結果となりましたが、特に東京10区では、民進党の最大の支持母体である連合が、共産党と共闘することに不快感を露わにし、鈴木庸介候補の応援を引き上げてしまったことで、民進党が迷走

この結果、連合の意向に従うかのように、民進党が鈴木候補に対して「落選ありき」のような対応をしたことが話題になっているようですね。

スクープ!!衆院補選東京10区の鈴木庸介候補の応援から突如手を引いた連合東京!「結局は『野党共闘』になっている。だから『応援を控えるぞ』」!?連合の本音に迫るべくIWJが直撃取材!

新潟県知事選との違いは、その理由は誰の目にも明らかである。民進党を除く野党3党(共産、自由、社民)が共闘して闘った新潟県知事選と違い、補選では東京、福岡ともに野党間で政策協定も結んでおらず、野党3党も候補者への推薦を出していない。つまり、事実上民進党が単独で擁立した候補者なのである。

これは民進党が独自候補の擁立にこだわったためだが、民進党候補が他の野党と協力することなく単独で自公候補と渡り合えるというのであれば、衆参の両院で3分の2以上の議席を改憲勢力に明け渡すような惨状は招いていなかっただろう。

なぜ民進党は野党共闘に二の足を踏むのか。かたくなに「野党共闘」を拒んでいるのは誰なのか。鍵を握っているのは、民進党の最大の支持母体「連合」である。

10月23日の投開票日まであとわずか2日というこの時期に、鈴木候補の選対事務局の舞台裏で「異常事態」が起きている、という情報が飛び込んできた。選対に加わっていた連合のスタッフたちが、突如、鈴木候補の応援から手を引いてしまったというのだ。

IWJの取材に応じた連合東京の担当者は、「野党共闘」を認めないという連合の姿勢を明言し、同時に鈴木庸介候補に対して、選挙戦最終盤で応援を手控えた事実を認めた。

【IWJ 2016.10.22.】

管理人こうしたおかしな現象が発生してしまった背景には、連合が野党共闘をかたくなに拒んでいる事情があるからみたいで、脱原発を明確に掲げている共産党を、連合の電力業界の組合勢力が嫌っているという裏事情があるようだ

ちなみにこれは、新潟県知事選でも見られた現象で、選挙戦最終日に蓮舫代表が米山氏の応援に入ったことで、野田幹事長が連合に謝罪をしにいったという話もあるくらいだ。

これは、連合自体が、民主党が政権交代をした時代と比べても、その事情や体質が全く変わってしまっていることが考えられ、もっと言えば、安倍政権が裏で連合に近づき、関係性を密かに構築していることも考えられるだろう。

つまり、かつての庶民と密着した「労働組合」としての姿は完全に薄れ、今や連合も経団連などとも大差ない、いわゆる「御用団体」に変わってきていると考えたほうがいいかもしれないね。

 

まとめ

りのちゃん困り2ssaなるほどです…。
こうなってしまうと、もはや、民進党が連合の支援を受ける限り、共産党との共闘はほとんど不可能に近いですし、ここまで共産党が歩み寄りの姿勢を見せているのに、それが全く無意味になってしまいますね

管理人福島原発事故が起こる前は、与野党関係なく大方が原発推進だったし、こういう所でも原発の影響が出てくる時点で、いかに日本の経済に原発が根深く食い込んでしまっているのかが分かるね。

まあ、今回の選挙は野党共闘が上手くいったとしても、都知事選当時以上に、豊洲問題などでうなぎ登りに評判を上げている小池知事の人気に勝つことは難しかっただろう。

また、民進党は、今後完全に連合と縁を切るか、連合と共に沈むかの選択を迫られることになるといえ、ますます党の分裂と崩壊の可能性が高まってきたと言える。
(民進党が完全に倒れれば、連合は自民党に近づいていく可能性も…)

どちらにしても、安倍政権や自民党の勢力は依然磐石であるということが言え、今回の結果を受けて、近いうちに衆院解散総選挙が行なわれる可能性がより高まってきたと言えるかもしれないね。
そして、野党側はもっと危機感を持って、最善の選挙対策を打ち出していかないと、非常に厳しい結果が待っていると言わざるを得ないな。

スポンサーリンク

こちらの記事もおススメです

 

コメント欄

コメントはこちら

●コメント欄は承認制とさせていただいております。コメント欄のルールについてはこちらをご覧いただきますよう、お願いいたします。
●名前(Name)とメールアドレス(Email)は必須です。(※メールアドレスが公開されることはありません)


*


CAPTCHA