宇都宮氏の元に鳥越支持者から誹謗中傷が殺到!自民側の思うツボに!宇都宮氏「野党の候補者が密室で決められたのは独裁と同じ」

Pocket

宇都宮氏が選挙戦の裏側や感じたことを吐露「鳥越支持者から誹謗中傷がすごかった」

スポンサーリンク

管理人今回の選挙戦で野党共闘を実現させるために、苦渋の決断で立候補を見送った宇都宮健児氏が、インターネット中継で自身の素直な気持ちを吐露した。
これは、特に野党支持者の人たちにとってはかなり参考になるような内容なので、是非とも観てみてほしいと思う。

10分過ぎくらいから本人が語っているけど、やはり、鳥越氏の支持者から誹謗中傷が多く届く事態となっていたようだね。

りのちゃん困り2ssaなるほど…宇都宮さんが鳥越さん側からの応援要請に応じなかったことが、このような事態を招いてしまったのでしょうか?

管理人特に鳥越氏側は、スキャンダル報道後に目に見えるように勢いが落ちていったから、焦る思いもあったんだろう。
ただ、これはスキャンダルそのもの以外にも原因があったようにも感じる

一つは、これらのネガティブキャンペーンに対して、本人の口から、丁寧に説明を行なうことを怠ってしまったことだ。
具体的に、「ここのこの部分が全く間違っている。」などと誠実に説明をすれば被害は最小限に抑えられたはずだし、日を追うごとに徐々に準備不足が露呈し出して、それが、演説の回数が少ないなどの形で表に出てくることとなった。

やはり、こんな鳥越氏の政策や選挙戦の戦い方においても、宇都宮氏はいささか不満を持っていたようで、恐らく本人は「彼を信じて私は降りたのに…」という気分になっていったのは、想像に難くない
たぶん、今後のことも見越した上で、宇都宮氏は鳥越氏の応援を断る選択をしたんだと思うけど、これがきっかけになって野党支持者から誹謗中傷が殺到してしまったことは、とても残念だ

こんな気持ちは分からなくもないけど、まずはそれ以前に、鳥越支持者側は自陣の様々な問題点に向き合うべきだったと言えるのではないだろうか
(さらには、この記事でも書いたように、宇都宮氏が苦渋の決断で立候補を取りやめたことも、もっと評価されなければいけないとボクは思っている。)

スポンサーリンク

密室で野党共闘候補者が決められたことを批判「これでは独裁と同じ」

管理人もう一つ、宇都宮氏は重要なことを述べている
それは、「鳥越氏の推薦が密室で決められた」という指摘だ。

これに対して、彼は「独裁と同じだ」と言っているけど、ボクもこの言葉には同感で、彼の言うように、自民党との差別化を図っていくためにも、野党共闘の候補者は、”公開討論会”などを通じて、一般市民も積極的に参加した形で決められていく方がいいのではと感じる。

より都民に開かれた形で、それぞれの立候補希望者が都政の政策を語り、インターネットなどを通じて投票などを実施。
こんな風に、「誰がどんな政策を掲げているのか」をオープンにした形で活動を盛り上げていくのが、民主的な政治を活性化させる上でもいいのではないだろうか。

その点でいうと、鳥越氏の場合はこれと真逆の形となってしまった

これは、鳥越氏一人の責任というよりも、民進党を中心とした政党の責任といえるだろう。
宇都宮氏が早々に手を挙げていたのに、それを無視した状態で別の後者を探し、勝手に鳥越氏に決めてしまったのもそうだけど、「有名人」というキーワードにあまりに固執しすぎて、肝心な部分を多数見落としていた。

これはやはり民進党自体が、自民党と大差ない旧態依然の組織と勢力重視の政治思想が蔓延していることの表れでもあり、これが余計に自民党に水をあけられる結果になっている。

もはやここまで自民党に差をつけられてしまい、さらには組織力も弱まってきている今、民進党をはじめとする野党は、旧来の考えを改めて、既成概念に囚われない形で新しい政党の姿を模索していく時期に差し掛かってきたのではないだろうか。

より市民や地域に密着し、貧困層&社会弱者救済型の政策や姿勢に転換していかない限り、同じ事態が繰り返されていくものとボクは見ている。
それだけに、今回の鳥越氏の敗戦は、しっかりと総括&反省していく必要があると、ボクは考えているよ。

りのちゃん困り3ssaなるほどです。
そういう意味でも、宇都宮さんの言葉にもっと耳を傾けていく必要がありそうですね。
何よりも、一般市民の人たちがより政治に興味を持つようなな”環境作り”が第一といったところでしょうか。

管理人そうだね。
今回の鳥越氏の敗戦を無駄にしないように、野党支持者の人たち含めて、今後の闘い方や姿勢を考えていってほしいと思っているよ。

スポンサーリンク

こちらの記事もおススメです

 
Pocket

コメント欄

コメントはこちら

●コメント欄は承認制とさせていただいております。コメント欄のルールについてはこちらをご覧いただきますよう、お願いいたします。
●名前(Name)とメールアドレス(Email)は必須です。(※メールアドレスが公開されることはありません)


*


CAPTCHA