全米各地でヒラリー支持者の反トランプデモが激化!一部で暴徒化も!トランプ支持者をリンチしている動画に批判が殺到!


どんなにゅーす?

・全米各地で、トランプ当選に納得がいかないヒラリー支持者による、「反トランプデモ」が相次ぐ。

デモ隊の一部が暴徒化し、自動車を破壊、暴力行為に発展するケースも多発。

ヒラリー支持者らしき集団がトランプ支持者らしき人をリンチしている動画が370万回以上再生され、世界で物議を醸している。

スポンサーリンク

“反トランプ”デモ 一部暴徒化、トヨタ販売店で車が壊される

アメリカ大統領選挙で共和党のトランプ氏が勝利したことへの抗議デモは、全米各地で続いています。西部のオレゴン州では、トヨタ自動車の販売店で車が壊されるなど、参加者の一部が暴徒化しました。
トランプ氏が勝利したことへの抗議デモは、10日の夜も全米各地で行われました。西部のオレゴン州ポートランドでは、参加者の一部が暴徒化し、商業施設の窓などを破壊。地元メディアによりますと、トヨタ自動車の販売店でも10台以上の車のフロントガラスが割られるなどの被害が出ました。ポートランドでのデモでは、26人が逮捕されたということです。
こうした抗議デモに対してトランプ氏はツイッターで、「メディアに扇動されたプロが抗議しており、不当だ」と投稿したあと、「抗議者の一部は、我々の国に対する情熱を持っている」と、国民の融和を訴える投稿も行っています。

【TBSNewsi 2016.11.12.】

↓全米で激化している反トランプデモ。

↓世界で話題になっている、ヒラリー支持者による(と思われる)リンチ動画。

2

1

スポンサーリンク

「差別・ヘイト」に反対していたと思われる「穏健派」ヒラリー支持者が暴徒化、白人に対する暴力事件も

あおいちゃんかなり困りssaうわぁ…現在もヒラリー支持者と思われる人たちが、全米各地で反トランプデモをやってるみたいだけど、一部が暴徒化したり、暴力事件が多発しているみたいね。

しかも、このリンチ動画…あまりにも酷すぎない!?

管理人ボクは、この記事で、「トランプ当選の衝撃を利用して、アメリカにカオスを引きこそうとしている勢力が、背後で民衆を扇動しているのでは?」と書いたけど、やはり、その可能性が高まってきた感じだね。

この前も書いたけど、戦争や紛争を起こして金儲けや権力拡大を企む連中は、「戦争を引き起こす唯一で最大の燃料は、”民衆の怒りや憎しみ”である」ことをよく知り尽くしている

トランプ本人は「これはプロ市民の仕業だ」とぶっちゃけた上で、国民に融和と沈静化を呼びかけているので、彼はこの混乱には無関係であることが予想される。

となると、やはりこの黒幕は、(白人警官と黒人との対立のプロデュースと同じように)ヒラリーの背後にいるネオコンなどの戦争屋勢力が疑われるのではないか。

つまり、「反差別・反ヘイト」を訴えていたヒラリー陣営も、所詮は戦争ビジネス勢力の一員に過ぎず、その支持者もいかがわしい集団が多数関わっていた可能性が高いということだろう。
(レディー・ガガら、悪魔崇拝者のメンバーも熱心に反トランプデモに参加している時点で、怪しい支持者がかなり加わっていることは想像に難くない。)

つまり、トランプが「黒人へイト」というのなら、ヒラリーは「白人へイト」ということになり、やはり、「差別」「ヘイト」という観点だけで、どちらがアメリカ国民や世界の安定にとって優れているかを判断してしまうのは、いささか見立てを誤ってしまう恐れがあるってことだ。

あおいちゃんかなり困りssaな、なんか、とっても複雑っていうか、分かりづらい事態になっているわね。
やっぱり、こういう混乱を解く鍵は、「グローバリズム」に賛成か反対か?という観点で見るのがいいのかしら?

管理人その通りだ。
このように混沌とさせて分かりづらくなってしまうのも、まさに連中の「手口」の一つで、「どちらに転んでも同じ方向性に向かわせた上で、最終的なシナリオ(世界中にカオスと戦争を勃発させた上で、国境を破壊し、世界統一政府を樹立する)」という「両建て主義」の巧みな工作があるからなんだ。

両者を見比べると、トランプの方が反グローバリズムの政策を打ち出しているのは明らかなので、ボクはトランプを支持しているけど、これもいつ「軌道修正」されていくか分からない

すでに、連中の「新たな工作」は始まっているみたいなので、かなりの警戒感を持って状況をウォッチしていくのがいいみたいだ。

あおいちゃん怒りssaもしトランプさんが本気でアメリカを再興させようとするのなら、相当な困難と命の危険などが伴った、いばらの道が待っているってことね…。

私も、もっと色々な視点を持って世界の情勢を分析できるように、勉強していこうと思うわ。

スポンサーリンク

こちらの記事もおススメです

 

コメント欄

コメントはこちら

●コメント欄は承認制とさせていただいております。コメント欄のルールについてはこちらをご覧いただきますよう、お願いいたします。
●名前(Name)とメールアドレス(Email)は必須です。(※メールアドレスが公開されることはありません)


*


CAPTCHA