【こりゃあかん】中日新聞が子どもの貧困問題で想像を交えて記事を書く!家族の指摘を受け、謝罪文を掲載!


東京新聞にも同様の内容を掲載「原稿を良くするために想像を交えてしまった」

スポンサーリンク

中日新聞が記事を削除 貧困巡る連載「想像で書いた」

中日新聞社(名古屋市)は、中日新聞と東京新聞に掲載した子どもの貧困をめぐる連載記事に事実とは異なる記述などがあったとして、両紙の12日付朝刊におわびを掲載し、当該記事を削除した。

同社によると、問題となったのは、5月に中日新聞朝刊で6回連載した「新貧乏物語」第4部のうち、父親が病気の女子中学生を取り上げた19日付朝刊の記事。生活が厳しくて教材費や部活の合宿代が払えない、とした部分など3カ所が事実ではなかったという。

記者は家族らに取材して取材メモをつくっていたが、この部分は「原稿をよくするために想像して書いてしまった」と説明しているという。家族から指摘があり、同社が社内調査をした。同じ記事は6月に東京新聞にも掲載された。

5月17日付の中日新聞に掲載したパンの移動販売を手伝う少年の写真も、同じ記者が、実際とは異なる場所でカメラマンに撮影させていたという。

両紙は、臼田信行・中日新聞取締役名古屋本社編集局長名で「記者が事実と異なることを自ら知りながら書いたことは到底許されません。深くおわび申し上げます。厳正に処分するとともに、記者教育に一層力を入れていきます」とするコメントを掲載した。

【朝日新聞2016.10.12.】

スポンサーリンク

管理人中日新聞が「子どもの貧困」をテーマにした記事において、一部虚偽の内容を掲載していた件で、ネット上ではかなり話題になっているようだ。

上の朝日新聞の記事によると、5月に中日新聞で掲載された「新貧乏物語」の第4部の中で、「病気の父親を持つ女子中学生が貧困に苦しんでいる」という内容の記事において、虚偽の内容が記載されたとのこと。
「教材費や部活動の合宿の費用が払えない」という部分など計3箇所が事実と異なっていたみたいで、女子中学生の家族から指摘があり発覚。

同様の内容は、後日に東京新聞にも掲載されたらしく、この指摘を受けて両新聞は記事を削除し、謝罪文を掲載
記者は確かに家族に取材をしていたものの、「内容を良くするために想像を交えて書いてしまった」として、中日新聞はこの記者の厳正な処分を行なうとともに、再発防止に努めていくとのことだ。

中日新聞や東京新聞は、マスコミ本来の役割である、権力に対する監視や批判を比較的行なってこれていただけに、今回の一件は非常に残念だし、これはマスコミの信頼度を大きく損ねることに繋がる問題行為だといえるだろう。

あおいちゃんかなり困りssaう~ん…この前の東京MXの「ニュース女子」の記事で、東京新聞の幹部の長谷川幸洋さんがちょっと怪しい人物だってことも管理人さんに教えてもらったけど…この件はちょっといただけないわねぇ。

これは、マスコミ全体が、色々な部分で質の低下に向かってきているってことなのかしら?

管理人日本における「子どもの貧困問題」は、まさに国全体で真剣に考えていかなければいけない深刻かつ重要なテーマであるだけに、こういうことをしてしまうと、まさに貧困層や生活保護受給者などをターゲットに「弱者叩き」をライフワークにしている片山さつき議員や、その支持者たちをますます勢いづかせてしまう

そういう意味でも、社会弱者の苦しみや貧困などを扱う記事こそ、より慎重な取材と、事実に基づいた丁寧な記事つくりが求められるんだよ。

最近は、大手マスコミの間でも一般人のツイッターの情報やネット上で見つけた情報だけで記事を書いてしまうケースもあるらしいし、確かにメディア全体の質が落ちてきてしまっているのかもしれない。

そもそも、マスコミ本来の役割を忘れて、安倍総理との会食と応援記事にうつつを抜かしている時点で論外だし、大手の企業メディアで「ジャーナリズム」を自負するのなら、まずは本来の仕事である綿密な取材と裏取り、そして想像やウソを交えずに事実に基づいた記事の作成を徹底してほしいものだね。

あおいちゃん怒りssaほんとにそうね。
これを機に、全てのマスメディアが襟を正して、真面目な記事作りをお願いしたいものだわ!

スポンサーリンク

こちらの記事もおススメです

 

コメント欄

コメントはこちら

●コメント欄は承認制とさせていただいております。コメント欄のルールについてはこちらをご覧いただきますよう、お願いいたします。
●名前(Name)とメールアドレス(Email)は必須です。(※メールアドレスが公開されることはありません)


*


CAPTCHA