【東京・調布】年金欲しさに89歳の祖父を殺害し、2万円あまりを盗む!山本裕也容疑者(23)を逮捕!容疑者「どうでもいい」

Pocket

どんなにゅーす?

・東京都調布市国領町のアパートの一室で、89歳の祖父・山本一夫さんを殺害し、2万円あまりを盗んだ疑いで、孫の会社員・山本裕也容疑者(23)が強盗殺人の疑いで逮捕された。

・一夫さんは以前に「孫にお小遣いをせびられて困る」などと周りに話しており、一夫さんがお金を渡すのを拒んだために、裕也容疑者が殺害したと見られている。取り調べに対し、容疑者は「知らない、どうでもいいです」などと話しているという。

・殺害直後、裕也容疑者はに盗んだ金に加えて自身の給与9万円を所持していたと見られるものの、その翌日にパチンコでほとんど全て使い果たしたと見られており、逮捕時の所持金はわずか15円ほどだったという。

スポンサーリンク

逮捕の孫 年金目当てに金を無心か

逮捕された山本裕也容疑者(23)は今月15日夜、調布市で祖父の一夫さんを殺害し、現金を奪った強盗殺人の疑いで28日朝に送検された。その後の捜査関係者への取材で、事件当日は一夫さんの年金支給日で、山本容疑者がその年金目当てで金を無心しにきていたとみられることがわかった。

また、山本容疑者は事件4日前にも、施設に入居している一夫さんの妻に金を借りようとしたため、一夫さんが貸さないように連絡していたという。

一夫さん自身も当日金を貸すのを拒んだとみられ、警視庁は山本容疑者が借金を断られて犯行に及んだとみて調べている。

1

2

3

5

【日テレNEWS24 2017.2.28.】

年金目当てに無心か パチンコで使い果たす

山本容疑者は一夫さんから奪った現金2万円余りに加え、2日後に給料9万円を下ろして所持していたとみられるが、翌日には全額パチンコで使い果たしたということで逮捕時の所持金は15円だった。

警視庁は、山本容疑者が日常的に金に困っていたとみて調べている。

【日テレNEWS24 2017.2.28.】

高齢男性死亡 孫を強盗殺人容疑で逮捕 東京 調布

今月16日、調布市国領町にある都営アパートの1階の部屋で、1人暮らしをしていた山本一夫さん(89)がハサミで刺されるなどして、殺害されているのが見つかり、警視庁は現金2万円余りが入った財布が無くなっていたことから、強盗殺人事件として捜査を進めていました。

その結果、周辺の防犯カメラの映像から、孫の裕也容疑者が前日の15日の夜に一夫さんの部屋を訪れていたと見られることがわかったほか、自宅から事件当時、着ていたと見られる血の付いたジャンパーが見つかったため、裕也容疑者が事件に関わったとして、強盗殺人の疑いで逮捕したということです。

【NHK NEWS WEB 2017.2.27.】

りのちゃん怒りssa最近、家族や親戚同士の殺人事件が多い感じがしますが、この事件もかなり酷いですね…。
2万円あまりを盗むために実のおじいさんを殺害するという行為も信じられませんし、翌日に持っていたお金のほとんど全てをパチンコで使い果たしてしまっていたというのも驚かされます。

管理人この容疑者は、普段からかなり荒んだ生活をしていたことがうかがえるし、相当深刻なギャンブル依存症に陥っていた可能性があるともいえるだろう。
ギャンブルに多くのお金を注ぎ込むために、普段からおじいさんのお金を無心していたのだとしたらとんでもないことだし、供述を聞いても、かなり自暴自棄というか、人生が投げやりになっているような印象も受ける。
そして、連行時も常に薄ら笑いを浮かべているのもちょっと不気味だね…。

なんというか…あまりにいたたまれない事件だけど、どうも、日本の社会の中で人生が投げやり気味になっている人間が目立つようになっている気がするのがちょっと気になるね。

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket