トルコでのカルロフ・ロシア大使の射殺テロ事件、ヌスラ戦線が犯行声明を発表!背後にCIAやオバマ大統領か!?

Pocket

どんなにゅーす?

・トルコに駐在していたカルロフ露大使が、トルコ・アンカラで開催されていた写真展での演説中に非番の警察官に射殺された事件について、イスラム過激派組織「アルヌスラ戦線」が犯行声明を発表した。

・アルヌスラ戦線は、かねてよりCIAやネオコンが背後から武器や資金援助をしていることが疑われており、今回のロシア大使射殺は、シリア内戦に対するアメリカ側からの報復との見方が強まっている。

スポンサーリンク

ロシア大使殺害テロ、「ヌスラ戦線」が犯行声明

トルコ駐在のロシア大使、アンドレイ・カルロフ氏の殺害事件でテロ組織「ファタハ・アルシャム(改名前はヌスラ戦線)」が事件の犯行声明を表した。

犯行声明にはカルロフ大使を殺害した元警官のメブリュト・メルト・アルトゥンタシュはファタハ・アルシャムの一員だったことが明記されている。

【Sputnik 2016.12.21.】


1

出典:YouTube
スポンサーリンク

世界の衝撃を与えたロシア大使の暗殺テロ事件だけど、スプートニクによると、イスラム過激派組織でシリア反政府勢力の一員でもある「アルヌスラ戦線」が犯行声明を出したみたいね。

果たして、この警察官がアルヌスラの一員だったのかどうか、本当にこの勢力が暗殺を実行したのかどうかは不透明だけど、背後関係を見る限り、アメリカ(ネオコンCIA)による、シリア内戦に敗北したことに対するロシアへの報復(脅し)と見るのが良さそうね。

管理人現在トルコは、ロシアとアメリカの板ばさみ状態で何ともカオスなことになっているけど、プーチンはこの事件の「背景」をいち早く見抜いたか、トルコに対しては「今後も相互関係を重視していく」との姿勢を見せている。

今回のテロ事件によって、トルコも完全に面目を潰される事態になっており、プーチンはトルコにこうした「貸し」を作ることによって、エルドアンを懐柔していく方が得策であると考え、こういう寛大な措置に出てきたということになるだろう。(当然のごとく、エルドアンも犯人を強く非難しており、ロシアと関係を強化していくことを明言。)

 

「広島訪問」で洗脳されきっている日本人が知らない、オバマの「黒い」顔

「さらば人殺し」ワシントンにオバマ大統領の顔入り横断幕出現(写真)

抗議行動参加者の一人は、自身のTwitterの中に次のように書いている-「我々はこうしたやり方で、間もなく大統領ポストを去る殺人者バラク・オバマと別れることを決めた。彼には、リビアやシリア、イラク、イエメンそしてウクライナで何千人もの平和的一般市民が非業の死を遂げたことに対する罪がある。大統領在任中、彼は多くの流血の戦争を勃発させた。彼はノーベル平和賞には値しない。ハーグの被告席に座る事こそが彼にはふさわしい、本当の勲章である。」

【Sputnik 2016.11.11.】

日本の人たちは「広島訪問」なんかで散々騙されてしまっているみたいだけど、オバマさんは、最初こそ穏健派を装って、表向きには核軍縮や世界平和なんかをアピールしていたけど、今になっては完全に、その恐ろしい「裏の顔」が明らかになっているわ。

 ↓表向きには「非核化」をアピールしつつ、裏では新型核兵器の開発に専念するオバマ政権。

米 新型核兵器導入狙う 空中発射巡航ミサイル(LRSO)巨額の開発費・冷戦時の発想・核戦争の危険増大
反対の声相次ぐ

オバマ米政権は「核兵器のない世界をめざす」とする一方、それが実現するまでの間は米国の「核抑止力」を維持する必要があるとして、むしろ核戦力の強化を図ろうとしています。同政権が現在、導入を狙っているのが長距離遠隔(LRSO)兵器、新型の空中発射巡航ミサイルです。推進派は、老朽化した核兵器を更新し、攻撃の“精度”も上げられると主張。しかし巨額の開発・調達費が掛かることなどから、議会でも反対の声があります。(山崎伸治)

【しんぶん赤旗2016.10.9.】

トランプさんも暴露していたけど、オバマさんは、紳士的な振る舞いで広島の人たちを抱き寄せる一方で、ISをあちこちで暴れさせ、シリア内戦では「シリアやロシアの仕業」だと錯誤させつつ、自らが育てたサラリーマン傭兵を使って、何の罪もない一般市民を大量に虐殺している時点で、戦慄を覚えるほどの「二重人格者」よ。

管理人これこそ、まさしく日本のマスコミがいかに徹底的に180度捻じ曲がった報道が横行していることを示す証左かと思うけど、確かにオバマは、ある意味ブッシュ以上に「恐ろしい男」かもしれないね。

※日本では、オバマを「神格化」させようと、↓ここまで捻じ曲がった報道を徹底。

広島でオバマが見せたすごさ~参院選演説はここに注目(読売新聞)

「オバマ広島訪問」はなぜ感動を呼んだのか(プレジデントオンライン)

オバマ大統領が「広島の折り鶴」に込めた意味(東洋経済)

そういう意味では、今回のロシア大使の暗殺もオバマが指示を出した可能性もあるし、もし、広島訪問で見せた「演技」だけで感動して涙を流してしまっている人がいたら、今すぐこの認識を改めて欲しいと思う。
それだけオバマは冷血かつ残酷で、「遠隔操作」で罪もない人々を殺しまくっている恐ろしい人間だってことだ。

プーチンさんもこの最上級の「報復行為」に黙って引き下がるはずもないし、まだまだシリアや中東の混乱はとどまる気配は無いわね。
ドイツのトラックテロもそうだけど、各地でテロの脅威が高まっているので、引き続き世界の人たちは最上級の警戒を続けていって欲しいわ。

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket