トルコ軍によるクーデター、失敗に終わった可能性が大!この争乱が起きた背景や原因は一体何!?

Pocket

今もトルコ国内は大混乱、死傷者も多数出ている模様

スポンサーリンク

トルコ、クーデターを鎮圧 265人死亡 軍人2839人を拘束

トルコ政府は16日、レジェプ・タイップ・エルドアン(Recep Tayyip Erdogan)大統領に不満を持ち、政権転覆を試みた軍の一部勢力によるクーデターを鎮圧し、国政の制御を取り戻した。民間人とクーデターを企てた軍人らを合わせて265人が死亡した。

北大西洋条約機構(NATO)加盟国であり、約8000万人の人口を擁するトルコの首相・大統領を務めてきた過去13年間で最も血なまぐさい挑戦に直面したエルドアン大統領は、15日に発生したクーデターの「再燃」を避けるため、支持者に対し路上での抗議を続けるよう促した後、同国最大の都市イスタンブール(Istanbul)で数千人の支持者を前に勝ち誇って演説を行った。

【AFP 2016.7.17.】

管理人世界で衝撃を与えているトルコの軍部が引きこした「クーデター」だけど、どうやら、これは失敗に終わった可能性が高そうだ

すでにエルドアン大統領側が勝利宣言をしている上に、クーデターを起こした軍部のほとんどが拘束された状況らしい。

しかし、つい先日フランスでも衝撃的な手口のテロがあったばかりなのに、世界中がなんだかかなりざわめいてきたね。

あおいちゃん驚きssaえっとぉ、今回の争乱について、私は詳しいことがよく分からないんだけど…
そもそも「クーデター」って一体なに?

管理人クーデターというのは、簡単に言うと「主に非合法な方法で権力を握っている政府などを乗っ取ること」で、主なケースとして、軍部と政府による対立が激化して、軍がクーデターを起こすという構図が最近では多くなっている。

今回も、トルコ軍の一部が強権的なエルドアン政権に不満を持っていたことが発端となって、クーデターが勃発したという見方が多くなっている。
もっとも、それ以外の「裏側」も潜んでいる可能性も否定はしないけどね。

 

今回トルコ軍がクーデターを引き起こした「理由」とは!?

あおいちゃん普通ssaな、なるほど。
それじゃあ、どうして軍の人たちはその大統領に強い不満を持っていたのかしら?

管理人元々トルコは、軍と政府が激しくにらみ合っていた歴史があって、過去にも何度か軍がクーデターを引き起こしているんだ。

世界を見渡しても、武器や兵器などを備えている軍が、国の実権を握るために政府を掌握しようとするのは日常茶飯事のように起こっていて、かつての大日本帝国時代の日本でも、軍部がかなりの権限を握っていたといわれている。

トルコも、軍部と政府の激しい戦いが昔から何度かあって、特に最近のエルドアン政権は非常に独裁的な政策を取っていた上に、軍に対しても非常に強い締め付けをしていたという話がある。
この他、宗教的な思想の対立も背景にあるといわれているけど、このような複数の要因が重なり合って、今回のクーデターに繋がったと見るのが、今の段階では良さそうな感じがするよ。

スポンサーリンク

独裁体制のエルドアン政権が、シリアやリビアのようにならないわけ

あおいちゃん普通ssaトルコがそんな独裁国家だったなんて、あんまり知らなかったわ。
でも、他の独裁の国はアメリカとかが主導して次々倒されてきたように思うけど、なんでトルコは独裁なのに、こんなに強い権力を持ったまま、国を維持できているのかしら?

管理人あおいちゃん、最近すごく勉強しているね!
その通りで、例えばフセインのイラクや、カダフィのリビア、そして今はアサドのシリアが、アメリカを中心とした欧米の勢力が介入して次々指導者を倒しに掛かっているけど、エルドアンのトルコは、国内の軍には倒されそうになったものの、それ以外は安泰だ

これはなぜかというと、今まで倒されてきた独裁国家は”反米国家”だったのに対して、トルコは日本と同じ”親米国家”だからなんだ。
これを悪い言葉で言ってしまうと、「傀儡国家(かいらいこっか)」といって、宗主国(この場合アメリカ)の利益のために、完全に国内が外部からコントロールされている状態ということだ。

アルカイダやIS(イスラム国)は、戦争の理由を正当化させるためにアメリカが作り出した「敵役テロ組織」だといわれているけど、トルコは、(アメリカの意向もあって)シリアのISに密かに物資を輸送していたり、資金援助をしているなどといった情報もある。

つまり、独裁国家を倒すか否かは、ほとんどがアメリカのさじ加減で決められているのであって、トルコはアメリカにとって大いに役に立っているからこそ、独裁にもかかわらず欧米列強から睨まれずに、安泰であるってことなんだ。

あおいちゃんキレ1ssaちょ・・・それって、ちょっと自分勝手すぎない!?
要は、”反米の”独裁国家を倒すのも、最終的に自分たちに従順な国に変えてしまいたいから、「独裁」を理由に潰そうとするってことね。

管理人その通りだ。
ちなみに、北朝鮮も筋金入りの独裁国家な上に、日本とかにもミサイルを飛ばしまくっているけど、なぜ、アメリカはいつまでたっても本気で潰そうとしないのか…?
その辺は、みんなが推して想像してね。

 

まとめ

管理人これが、現時点で分かっている情報を集めた上での「トルコ・クーデター」の見立てだけど、もしかしたら、ロシアが何らかの形で関与している可能性もあるかもしれない。
なぜなら、トルコがISとの戦いの上でのキーマンになっている国である上に、ISの壊滅に本気で出てきているロシアとトルコはかなりピリピリした空気になっていたからね。

ロシアがこの先、本気でISの壊滅に動けば動くほど、アメリカ側とは一触即発の空気になっていくことは間違いないだろう。
ちょっと分かりづらい構図だとは思うけど、ISはアメリカに利益のために動いている「敵役組織」と考えれば、少し見えてくるかもしれない。

つまり、新しい形での「代理戦争」という形で、この先21世紀の未来がカオスと化していく可能性があるってことだ。

このトルコのクーデターを境に、欧州や中東が不安定化していくと予測している専門家も多くいるみたいだし、この先の世界情勢がますますきな臭くなってきたことは間違いなさそうだね。

あおいちゃんかなり困りssaなんか、どんどん管理人さんの見立てがその通りになってきて、ますます不安になってくるわ。
世界がカオスに向かってきている事実を認識した上で、私たち一般市民が、これ以上戦争に向かっていく流れを全力で食い止める必要があるように思うわ。

スポンサーリンク

こちらの記事もおススメです

 
Pocket

コメント欄

コメントはこちら

●コメント欄は承認制とさせていただいております。コメント欄のルールについてはこちらをご覧いただきますよう、お願いいたします。
●名前(Name)とメールアドレス(Email)は必須です。(※メールアドレスが公開されることはありません)


*


CAPTCHA