塚本幼稚園が保護者に「よこしまな韓国人やシナ人」と書かれたヘイト文書を保護者に配布していたことが判明!大阪府が事情聴取!

Pocket

どんなにゅーす?

・森友学園の籠池泰典園長が、塚本幼稚園の保護者たちに「よこしまな考えを持った在日韓国人やシナ人」などと書かれた文書を配っていたことがヘイトにあたる疑いがあるとして、大阪府から事情聴取を受けていたことが判明した。

・問題の文書は2016年12月に保護者から大阪府に情報提供があり、これを受けて大阪府の職員が1月に園を訪れ、籠池氏と妻から事情を聞いたという。

スポンサーリンク

「よこしまな支那人」大阪の幼稚園、保護者向けにヘイト文書 府が聴取

大阪市淀川区の学校法人森友学園が運営する「塚本幼稚園」(同区)が、「よこしまな考え方を持った在日韓国人や支那人」などと記載した文書を保護者向けに配布し、憎悪表現に当たる恐れがあると問題視した大阪府が法人理事長の籠池泰典園長らから事情を聴いていたことが16日、分かった。

府私学課によると、昨年12月に元園児の保護者から情報提供を受け、1月12日、職員が園を訪れて籠池氏や妻の副園長と面会。籠池氏は文書を配布したことを認めた。

職員は昨年6月に施行されたヘイトスピーチ対策法の趣旨などを説明し、文書を配布した意図を報告するよう求めた。籠池氏側は保護者と係争中の訴訟があることを理由に「答えられない」と回答してきたという。

私学課は「多くの保護者にこうした文書を配るのは問題がある」として、対応を検討している。

【サンスポ 2017.2.16.】

↓問題になっている文書の一部

出典:中日新聞
スポンサーリンク

 

みはるちゃんかなり困りssaうわぁ~…。
信じられないような問題や疑惑がどんどん出てきている森友学園さんですけど…こんなドン引きな文書を保護者の人たちに配っていたんですねぇ。

この調子じゃ、子どもたちにもとんでもない差別思想やカルトチックな考え方を植え付けられちゃってそうですぅ…。

管理人例の籠池園長の強烈過ぎる抗議文を紹介した後だからそこまで驚かないけど…こりゃやっぱり、子どもたちにもとんでもない教育が行なわれている可能性が大だね。

そして、こうした塚本幼稚園のような教育を日本全国のスタンダードにしようとしているのか、安倍政権が新たに定めた教育方針の中で、幼稚園や保育所に対しても、国歌や国旗に親しむことを要求していくことを盛り込んでいる
こうやって(国民に刺激を与えないように)少しずつ愛国教育への度合いを強めながら、最終的には子どもたちに当たり前のように「よこしまな韓国人やシナ人を駆逐せよ!」みたいな教育が全国レベルで施されていく恐れがあるし、今まさに非常にヤバイ状況になっているよ。

そして、9億円以上の土地がタダ同然で国からこの園長に譲渡されていたニュースはほとんど報じられていないけど、今回のヘイト文書の件についてはなぜか各メディアが積極的に報じているね。(そしてなぜかサンスポが最も詳細に報道…。)
週刊文春も「安倍晋三記念小学校」の件を報じたみたいだし、大手メディア各社はいい加減にしっかりと腰を据えて、この森友学園に関する一連の疑惑を詳しく報道する責任があるんじゃないのかな?

すでに取材力のあるネットメディアでは積極的に色々と動いているみたいだし、とにかくこの幼稚園や小学校の疑惑、そして安倍総理とカルト宗教との不適切な繋がりについて、徹底的に炙り出して欲しいものだ。

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket