【ビックリ】青森県つがる市の麦畑に突如巨大な穴が出現!関係者「隕石では!?」→重機で穴を掘ってみた結果…!

Pocket

どんなにゅーす?

・青森県つがる市稲垣町の麦畑に突然巨大な穴が出現。畑の所有者や地元の人たちだけでなく、メディア関係者や警察も駆けつけ、「隕石が落ちた跡なのでは?」と話題に。

・畑の所有者の孫である小田桐仁義さん(26)によると、「3月上旬ごろの明け方に”ドン”という凄まじい衝撃と音がして当初は落雷かと思った。」といい、「ところが、雪が溶け始めた17日に直径2メートルくらいの穴が開いていることに気がついた」のだという。

・小田桐さん一家は、メディア関係者が見守る中、3月31日に重機で穴を掘り、隕石が埋まっているかどうかを独自に調べた

スポンサーリンク

謎の穴
落雷?隕石落下?…麦畑にぽっかり 青森・つがる

畑を所有する小田桐賢一さん(48)の父親が今月上旬、一面雪に覆われていた畑の中にくぼみを見つけた。雪が解けると、直径数メートル、深さ約1.5メートルの楕円(だえん)形の穴がぽっかりと口を開けたという。

警察などによると、爆発によるものではなく、危険な物質も検出されていない。小田桐さんは「男のロマンとしては、隕石であってほしい」と言い、宇宙からの贈り物に期待を寄せている。【一宮俊介】

【毎日新聞 2017.3.29.】

↓小田桐仁義さん(26)のツイート。

スポンサーリンク

麦畑の“巨大な穴”原因を調査 つがる市

青森県つがる市の麦畑に突如現れた巨大な穴。穴が開いた原因を探るため、畑の所有者が何か埋まっていないか調査を行った。

作業は31日午前9時過ぎからつがる市稲垣町の小田桐賢一さんの麦畑で始まった。穴の中に何か埋まっていないか確認するため小田桐さんと家族が重機を使って少しずつ土を掘り起こす。

畑を所有する小田桐賢一さん「まだ始まったばかりだから。(隕石(いんせき)が)出ればいいですね」

巨大な穴は上空からの落下物によって開いた可能性が高いとみられており、作業の前には天体の観測などを行っているNPO法人の関係者が視察に訪れた。畑には地元の人たちも大勢集まり、作業を見守った。

近くの人「なんか出てくるかと思って期待して今来た」

作業開始から2時間が過ぎても何も見つからない。

小田桐さんの長男・仁義さん「これだと思ったら硬い違う土だったりとか」

穴の深さが4メートル近くになったところで、これ以上掘っても何も出てこないと判断し、最後の望みをかけて掘り出した周りの土を丁寧に確認する。しかし…。

畑を所有する小田桐賢一さん「『つがる隕石』なし!残念だ!」

穴の中から何も発見することはできなかった。

【日テレNEWS24 2017.3.31.】

にゃあああ~っ!!隕石見つからず!!

残念だったにゃあ~っ。

一部の人たちの間では、この話、結構話題になっていたみたいで、歴史的な大発見に向けて期待の声もかなり上がっていたみたいだったんだけど…残念ながら、完全に空振りの結果に終わっちゃった感じだね。

ネット上では「もっと本格的な専門家による調査を行なうまで待ったほうが良かったのでは?」との声や、「もっと深く掘って長期間調査を行なうべき」みたいな意見も出ていたみたいだけど、果たしてこの巨大な穴、結局のところ、原因は一体何だったんだろうね

家が揺れるくらいに凄い衝撃と音が響いたっていうんにゃから、もっと深く掘ったら隕石が出てきたかもしれないにゃ!

そうかもしれないね。
どちらにしても、この一連の「ミステリー」は、全ては謎のまま、もやもやした感じで幕を閉じた感じだ。

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket