【アメリカという国】トランプのシリア攻撃に共和・民主両党から賞賛の声!ヒラリーもメディアも大絶賛!「ようやく彼は米の大統領になった」

Pocket

どんなにゅーす?

・トランプ大統領の「ネオコンに屈した形」でのシリア攻撃に、共和・民主両党の政治家やマスメディアからも続々賞賛の声が寄せられている。

・トランプ大統領と選挙戦を戦ったヒラリー・クリントン氏も歓迎のコメントを寄せており、CNNの国際問題評論家ファリード・ザカリア氏からは「ようやくトランプはアメリカの大統領になった」というコメントまで飛び出たという。

スポンサーリンク

トランプ大統領のシリア攻撃をクリントン氏も支持

共和党も民主党も支持

~省略~

CNNテレビの国際問題評論家ファリード・ザカリア氏は4月7日の番組で、トランプ政権が実施したシリア攻撃について、「ドナルド・トランプ氏は就任以来78日目にして初めてアメリカ合衆国大統領となった」「トランプ氏は国際的な基準やルールを明確に述べ、世界の中で正義を行使する米国の役割を語った」と述べ、攻撃に賛成した。

ザカリア氏は民主党系リベラル派のベテラン記者である。これまではトランプ氏の言動や政策を選挙期間から厳しく批判してきた。だが今回は、国際法規に違反する化学兵器を使用したシリアへの武力行使を、「米国の大統領らしい行い」だと称讃した。

~省略~

クリントン氏も賛意を表明

意外なことに、これまでトランプ氏の諸政策を徹底して非難してきた議会の民主党議員たちからも今回のシリア攻撃は支持されている。

たとえば上院の民主党院内総務のチャック・シューマー議員は、「アサド大統領が憎むべき残虐行為を働いたことに代償を払わせるという意味で、今回の攻撃は正しい」と述べた。また、下院の民主党院内総務のナンシー・ペロシ議員は「この攻撃はアサド政権の化学兵器使用に対する順当な対応だ」とする声明を発表した。

さらにトランプ氏と大統領の座を争ったヒラリー・クリントン氏も「アサド大統領の長年の残虐行為に対して、もっと早くこの種の軍事行動をとるべきだった」と述べた。

CNNテレビのインタビューに応じたクリントン氏はシリア攻撃への賛意を表明しただけでなく、この種の武力行使を今後もアサド政権に対して続けていくべきだと語った。「容易な決断ではなかっただろう」として、トランプ氏への理解も示している。

【livedoorNEWS(JBpress) 2017.4.9.】

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ネオコン戦争屋の軍門に下ったトランプに賛辞を惜しまないアメリカの政治家や大手メディア!ヒラリーも「本性」を表わし、反トランプデモのインチキを露呈させる!

トランプさんの「白旗宣言」ともいえるようなシリア攻撃に、早速アメリカの大手メディアと有力政治家たちが続々賛辞の声を寄せ始めているみたいね。

共和党も民主党も(中には反対の声もあるものの)概ね彼の変節を歓迎していて、CNNでは「ようやくトランプは真のアメリカ大統領となった」なんていうコメントまで飛び出したみたいよ。

ほんとに、アメリカという国の「狂気の実態」を如実に表わしているし、これこそ、アメリカが「世界中で戦争を起こし続けないと成り立たない国」であることを完全に裏付けているね。

いかに、この国の中に「戦争」「武器・兵器」というビジネスモデルが、相当奥深くにまで食い込み、隅々にまで浸透しているのかを再認識させられるし、トランプが今まで世界で戦争を行なうのを嫌っていたからこそ、あれこれ理由をつけた上で、ここまで大バッシングを受けていたというのが、これではっきりしたと言っていいだろう。

そして、ヒラリーさんもが、あんなに非難していたトランプさんをコロッと賞賛し始めたことで、トランプさんを非難していた「反トランプデモ」の人たちの”正体”も完全にバレちゃった感じね。

いよいよ、ヒラリーも戦争屋勢力の忠実な一員だったことを自ら露呈させてきたし、反トランプデモを繰り返していた「反差別」「反戦争」を掲げていた「自称リベラル」も、やはりソロスがプロデュースしていた”インチキ集団”だったことが露呈したね。

こうした数々の構図を見ても、やはりトランプは完全に「反ネオコン」の戦いに降参してしまったと見て良さそうだし、悪い意味で「今までのアメリカ大統領と同じになってしまった」と見ていいんじゃないかな。

こうなると、TPPが復活してくる可能性も出てきてしまったし、再びアメリカ発での「グローバリズム」と、他国への執拗な介入による「でっち上げの戦争」が活発化していく展開が考えられる。
つまり、ヒラリーが大統領になっていた場合と大差なくなっていってしまうということだ。

これによって、反グローバリズム側のプーチンが再び弱体化に向かっていく可能性もあり、さらには、一時は下がってきていた世界大戦のリスクも一気に高まってしまっているといえるだろう。

やっぱりアメリカっていう国は、日本の原発と同じで、「戦争中毒」(日本の場合は「原発中毒」)から容易に抜け出すことはできないってことね。

本当に恐ろしい国だし、改めてこの国や世界中を覆っている「グローバリズム」の狂気の思想や根っこの闇の深さを痛感してしまうわ…。

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket